ネトウヨ大百科掲示板 404443

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


日本学術会議などの学問と政治の関係について語るスレ

1:普通じゃない日本人 :

2020/10/08 (Thu) 13:18:02

タイトル通りです。
108:大百科初心者 :

2020/11/19 (Thu) 20:20:08

このスレで「菅総理が有職者を貶めている」と連呼している江戸っ子氏こそ、「軍事研究は学問の自由と相容れない」と連呼することで、
軍事研究とそれに携わる人のことを、まるで魂を売った科学者であるかのごとく「貶めて」います。江戸っ子氏本人にその自覚はないでしょうが、そういう思考の悪臭がプンプン臭ってきます。

2017年の学術会議声明の中での防衛装備庁の安全保障技術研究推進制度(以下当該制度と略します)に対する指摘は、事実とは全く異なります。

この制度では研究成果の公開が前提です。江戸っ子氏は全然理解していないのでもう一度言いますが、研究成果の公開が前提です。

2017年声明で、現時点の事実と異なること(=デマ)を主張していること自体が、もはや科学者の態度ではありません。もう一度言いますが、もはや科学者の態度ではありません。

もし学術会議側が、将来的に公開が制限されたり、防衛装備庁から研究進捗への干渉の可能性が出てくると言いたいのなら、
「現状では公開が前提であり、防衛装備庁からの研究への干渉もないけれども、
将来はこの運用が変わる可能性もある」
と、現状と未来の予測をしゅん別して記載しなければなりません。もし書き手が特定のイデオロギーに操られていない科学者ならね。

2017年学術会議声明はそういう文面では全くなく、
あたかも成果の公開は制限されることが現状の前提であり、
防衛装備庁から干渉があることが現状の前提であるかのごとく当該制度について記載し、
大学が応募しないよう「誘導」しています。研究成果の公開が現状の前提であるにも拘らず、応募しないように誘導しているのです。

(大学への強制のあるなしは別に)学術会議声明の意「だけ」を完全に汲んで、当該制度への応募を「一律に全部取り止める」ような大学の対応により、
当該制度に応募しようと考えていた、或いは考える研究者の「(成果の公開を伴う)学問の自由」「研究の機会」が
著しく損なわれてしまうことは明らかです。

そして江戸っ子氏は、学術会議声明に大学への強制力があるというのはデマや誤解だと言い切ります。私もスレッドの半ばで、これは強制力とまではいえないと見方を変えましたが、強制力の有無は今も境界線上にあります。私は、江戸っ子氏のように、強制は全くないと言い切ることまではできません。だから、「学術会議からの事実上の強制はある」と考える人のことをさして、捉え方や考えは多様だと述べたのです(この多様という言葉についても細かいチェックをいただきましたが、江戸っ子氏の指摘は全く見当違いです)。境界線上でわかりにくいことですから、見る角度によっても見え方は変わるのです。

例えるなら、いわゆる公衆の場における「マスク警察」のような「無言の圧力」としての強制を感じる人ならかなりいるという意味合いです。事実上の強制って、人事権とか予算配分の権限とかを使うものだけを指すわけじゃないんですよ。江戸っ子氏のいう「強制」も「事実上の強制」も範囲が狭すぎて、江戸っ子氏の脳内ではそれで完結しているのでしょうが、実社会は違います(と、どう考えても50代よりは年配の人に言うのは気がひけるのですが)。マスク警察ですら、その是非が論じられたこともあるくらいですからね。

「マスク警察」は、法的根拠なくかけられる圧力です。無論「マスク警察」には飛沫感染を抑えるという科学的根拠がありますし、私も私の家族も、誰から言われなくとも、外出時にはマスクをします。たいていの人がそうでしょう。

しかし学術会議声明にはその「科学的根拠」すら一切ありません。事実に基づいてもいません。

大学がしっかり判断すればよいのだと江戸っ子氏は述べ、
私も「あるべき姿」なら確かにそこにあるとスレッドの半ばで考え直し、江戸っ子氏に同意しましたが、あくまでもそれは「あるべき姿」に過ぎず、依然として「実際の姿」ではありません。その大学に学術会議会員がいれば、その人の意見は強く、正しいか否かの判断に学術会議の威光が大きく影響してしまいます。つまり、日本の大学の「執行部」の大半はその程度でしかないということです、残念ですがね(個別の研究室や研究者の潜在的力量なら、日本は高いと思いますよ)。

大西元会長が学長を務める豊橋技術科学大学の例がモデルケースとなったのであれば、私は問題視しません。しかしむしろ、当該制度への応募を一律に全て止めてしまう北大や東工大や法政大のようなケースの方が多発しているので、私は問題視するのです。江戸っ子氏なら、嬉し涙を流しながら、拝まんばかりに、これらの大学を大絶賛するでしょうがね。

江戸っ子氏なら、これが大学の自治というものだと勿体ぶっていうでしょうが、私は実態がそうであるとは全く思いません。

当該制度への応募を、一律に全部取り止めてしまった大学は、思考停止に陥っているだけだと思いますよ。「思考以前」の問題であり、思考より前に最初から、学術会議と大学「執行部」(総長・学長・学部長会議などの執行部と研究者や研究室とは違いますよ。違いがわかりますか?わからないでしょうね。もし少しだけわかってはいても、江戸っ子氏にとっては意味をなさないのでしょう)との間に「あ・うんの呼吸」とでもいうべきものが成立してしまっているのです。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.