ネトウヨ大百科掲示板 404439

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


韓国の文化や歴史、日韓関係に関して

1:頭端式ホーム :

2020/05/24 (Sun) 09:26:19

韓国の新型コロナ対策についてのスレと、NHK連ドラのスレで韓国関連の話が大百科初心者さんから
あったので、それを中心に語るスレです。
ちなみに、韓国へ実際に行ったことがある人がいればネットと現実の違いについてや現地の人たちとの
ふれあいを中心に語ってくれれば面白くなると思います。
102:大百科初心者 :

2020/09/27 (Sun) 11:23:12

>>100

※100で山並みの光さんは
「日本では巨悪は、韓国のように暴かれる、ということはないのです」
と記載しておられますが、
山並みの光さんは韓国をだいぶ買いかぶっているようです。

韓国とて、巨悪が暴かれているわけでは、全然ないのですよ。

韓国の法務行政を揺るがしている、玉ねぎ男とか玉ねぎ女(玉ねぎ男シーズン2 爆笑)とか、また別件ではありますが正義連(旧称 挺対協)の不正乱脈な金銭横領・着服の件などは、あまりにもお粗末すぎて見過ごせないものだから追及がなされているというだけのことであり、
日本でみられたような政治不正に相当するものなら、韓国でもほとんどが、抜本的に手をつけられずにいます。

むしろ日韓を比較するなら、日本では裁判所がそれなりにきちんと機能しており、政界の自浄能力のなさをある程度補っているだけ、一億倍マシだといえます。伊藤さんの件も、大局的にみればその文脈で読みとることができます。

一方の韓国では、それすら期待できないです。韓国の裁判所は、常に時の政権側に甘く、反政権側に厳しいのです。判決がそうなるよう、法理を使い分けたり、珍妙な法理をひねりだしたりします。珍妙な前提条件を、巧妙にしのびこませながらね。

そして事件が、政権側か反政権側かのマターでない場合には、常に韓国世論に迎合する人民裁判が行われるのが、韓国の裁判所です。

なにせ、サムスングループトップが被告人となった裁判では、「証拠はないが、心証では有罪だから有罪」という、超謎な判決が罷り通る国が韓国です。

韓国の裁判所では、証拠に基づいて心証を形成するという鉄則が通りません。

なんと韓国では、証拠とは、心証や予め決まっている結論を補強するために都合のよいものだけが採択され、都合よく使われる補助的なものに過ぎないのです。韓国の裁判所というところではね。

103:大百科初心者 :

2020/09/27 (Sun) 12:29:26

>>101

※101で
「安保条約、日米地位協定は日本国憲法の上にあるとさえ言う人もあります」
と記載しておられますが、
上記「」内の言説の適否はともかく、批准された条約や国際協定(国際法)がほかの国内法よりも優先適用されるということは、現代国際社会の大原則です。我が国の法体系も、運用も、そうなっているのは当たり前すぎることです。

上記の原則が通らない国(例えば韓国やら北朝鮮やら中国がその例)にあい対する場合には、条約やら国際協定を結ぶ意味など、最早なくなってしまうのですよ。そんなことが国際社会で罷り通るのなら、これからは全てを戦争で解決させなければならなくなりますわな。

また、※101には日米地位協定の不平等について、色々と書いておられますが、これは日米戦争での敗戦に端を発する日米の構造的問題であり、前政権ひとりの責任ではないですし、
「日本が何も言えない、言わない」
という山並みの光さんの言い分は、実態とは全く異なると思います。

日米地位協定については、運用面での改善が図られてきましたし、日本側からは常にそれを働きかけています。日本政府が怠けているわけではないのですよ。

米軍人や軍属による犯罪行為や基地外での事故については、なるべく早い段階での被疑者引き渡しや事故調査への日本側の関与など、運用面での改善は徐々に進められているのです。まだまだ道半ばですが。

(この件で現行日本政府に対し、皮肉たっぷりに、つらつらと恨み言を述べる山並みの光さんの意見は、向ける矛先が、本質的に間違っているのだと思います。そんな恨み言は、日米戦争に負けた旧日本軍に言うべきことです。日米地位協定がそんなにいやなら、それを完全に破棄する(それでこそ完全に対等な独立国同士の関係だと言いたいならね…)まで、勝てるまで何度でも戦争するというアホなやり方だって、一つの選択肢ではあるんですよ。但し日米対立やら日米戦争なんぞという事態については、私は絶対にご免こうむりますがね)

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.