ネトウヨ大百科掲示板 408895

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


韓国の文化や歴史、日韓関係に関して

1:頭端式ホーム :

2020/05/24 (Sun) 09:26:19

韓国の新型コロナ対策についてのスレと、NHK連ドラのスレで韓国関連の話が大百科初心者さんから
あったので、それを中心に語るスレです。
ちなみに、韓国へ実際に行ったことがある人がいればネットと現実の違いについてや現地の人たちとの
ふれあいを中心に語ってくれれば面白くなると思います。
101:遠い山並みの光 :

2020/09/26 (Sat) 22:11:27

さて、韓国は自分の立ち位置=いかに東アジアで重要な存在であるかに気がついていないように見えます。日本に喧嘩を売って一体何の得になるのか。
政権維持に利用しているだけではないか、という味方は間違っていないでしょう。

文大統領なりの朝鮮ナショナリズム「国家観」が現実的な損得から目をそらしてしまいます。
当分はこれ以上の悪化をとにかく防ぐ視点をもって、ていねいに対応するべきでしょう。改めて言いますが、決して国民は韓国叩きを政権に求めないことです。

日米同盟は9条とともに日本の平和と安全にとって欠かせないものです。
9条があったために他国を土足でふみつけ、蹂躙して、他国人に無慈悲な殺傷行為を加えることはありませんでした。
また、日米同盟の存在で、日本が戦場になり多くの同胞が犠牲になる事はありませんでした。

ですが、過ぎたるは及ばざるがごとし。
前政権は米国の歓心を買うために、あまりにも下手に出すぎています。安保の負の側面を極大化しました。
たとえが気に入らない人もあるかもしれませんが、米国の金魚のフンになったともいえます。

さて、日本は本当に独立国なのか? という問いがあります。
米国の何番目かの州ではないか、属国ではないか、というのです。
安保条約、日米地位協定は日本国憲法の上にあるとさえ言う人もあります。

例えば横田ラプコン(空域)日本の首都上空の大半から富士山の上。
ここはどこの主権が及ぶのでしょうか。日本ではなく米国です。西から東京へ向かう飛行機は南に大きく回り込まないといけません。

沖縄で米兵の新コロナのクラスターがでました。
県に発生の連絡は遅く患者に関する情報は不明のままでした。
流行真っ只中の米国から入国する米兵に日本は検査どころか、名前、性別、住居、行動さえ何も知らされません。

日本国内で事故を起こした米軍機には政府は指一本触れられません。
日本の環境基準は米軍基地には適用できません。

きりがないので、ここまでにしますが、
これらの米軍のトラブル時の対応として政府はなにも言えない、いや言わないのです。
理不尽ともいえます
米国一心同体なるいわば米国依存症ともいえる下僕意識がそうさせています。
ただでさえそうであるのに、前政権はその劣性根性を上塗りしたのです。

米国と強い信頼感と言うのなら、先ずこの踏みにじられた主権=地位協定の改善に全力で取り組むべきでした。
やったことは米国製武器兵器の爆買い。必要のないとうもろこしを買わされたこともありましたね。

日本外交が脆弱なのはやはりこの米国一辺倒の考え方だと思われます。
つまり主体性の欠如です。
大きく世界を見たとき、覇権の行方はどうなのか。これは日本の将来にとって大きな問題ですが、韓国のように目先の情勢でこうもりのようにあちこち揺れるのではなく、日本として、どういう立ち位置を確保するのか。

米中あるいは中台の対立。対立の緩和には日本の存在感を示す絶好のチャンスでもあります。
米中に言うべきことはきちっと言い、大きな戦略を持って主体的に外交を展開する。

(安倍氏が米国に言ったことは米朝会談の時、いわば告げ口のような事だけです。
北の危険性と二枚舌などを吹き込んだだけで、会談を成功させるための真のアドバイスなどを
することはありませんでした。)

米国のご説ごもっともで言いたいことも言えない。米国の兵器産業をうるおわせるために国益をつぎ込む、かといってこれだけ信頼関係と言いながら、いつまでたっても地位協定は改定されない、車の関税問題は確約もとれない、駐留経費、GDP2%防衛費もくすぶっている。

よく安倍氏とトランプ氏の仲良しゴルフ写真をみて、安倍寄り論者はこれを北も中国もロシアもみていると、いかにも良いことのように言っていましたが、
逆にやはり日本はアメリカの子分だ、と見られたことでしょう。
北の拉致、ロシアの北方領土もこれでは少しも進まないはずです。

こんな外交の継承でほんとうにいいのでしょうか。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.