ネトウヨ大百科掲示板 404514

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


昭和天皇バッシングと、もし天皇制廃止が実現したら…

1:頭端式ホーム :

2020/08/09 (Sun) 09:40:04

以前作成したツイートと被るかもしれませんが、あいちトリエンナーレと終戦の日が近いからか、自分は左派界隈で昭和天皇への攻撃が強くなりつつあると感じていて、
このようなツイートもありました。

https://twitter.com/ppsh41_1945/status/1291070137664077828
https://twitter.com/sunegebohbohman/status/1286809834168320002
https://twitter.com/rkayama/status/1277966918977110021
https://twitter.com/ngc2497/status/1277928975667322880
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/1291524181515882496

自分はドイツまでとはいかなくても、ある程度の反省や謝罪をし続けるべきですし、はっきり言って天皇制を廃止して国旗、
国歌を変えたとしても国民性や民族性は簡単に変わるものでは無いかと思いますがどうでしょうか?
ちなみに、自分は天皇制廃止論者ではありませんし、この下の記事と考えは同じで、天皇制は維持して正解だったと思っています。

立憲君主制の国、日本――カイザーの体制を崩壊させなかったほうが・・・
君塚直隆 / イギリス政治外交史
https://synodos.jp/society/21460

皆さんは上のツイートや記事についてどう思いますでしょうか?
もし、日本共和国になって現在のドイツのようになったことなどを想像しながら
書き込むと面白いかもしれません。







2:普通じゃない日本人 :

2020/08/09 (Sun) 12:45:50

君主制って良くも悪くも個人の善し悪しで決めない体制ですから、昭和天皇に戦争責任があるとして「だから?」で終了ではないかと。
天皇制自体に問題があるというのなら"明治天皇"や"大正天皇"の戦争責任も追及するべきだと思いますね。
昭和天皇個人の戦争責任については正直無い訳が無いけど、代替わりさせて反動勢力に神輿を与えるのもアホらしいので、責任取らせるのにも限界はあったかと。
せいぜい生活や儀式をダウングレードさせるとか、別邸に軟禁するとか、国内が安定してから改めて退位なり摂政なりをするとか、その程度でしょう。
そしてダウングレードは当然しているし、別邸に軟禁されてる"人間としての天皇"なんてピンとこないし、国内が安定化した頃には冷戦の流れで戦争責任自体が有耶無耶になってたし…
3:普通じゃない日本人 :

2020/08/09 (Sun) 12:57:01

個人的にはもし責任取るなら安定化した昭和50年代に退位する以外に無かったと思います。
また、それですら大変な困難が伴ったでしょうから、現実的に考えるとしょうがなかったのではないかと。
4:普通じゃない日本人 :

2020/08/09 (Sun) 13:01:53

本人が望んで花道を飾るのですらここまで面倒な事になるのです。
本人が望まず罰として退位を迫るとなると日本刀の出番が来るのは間違いないでしょう。
5:普通じゃない日本人 :

2020/08/09 (Sun) 13:03:16

摂政についてもどう見ても重大な事故じゃないから皇室典範改正は不可避だし。
6:大百科初心者 :

2020/08/09 (Sun) 17:27:20

戦争をしたことへの反省なら必要だとは思います。日本が二度と戦禍に巻き込まれないためにはどうすればよいかを考える上で…。

しかしながら、戦争責任というものは、敗戦国だけに問われるという点で、そもそも不公平・不公正なものだとも言えます。

なので戦争終結直後(例えば東京裁判・ニュルンベルク裁判)に、それを先勝国が敗戦国に問うのは、慣習としては致し方ないとしても、その後は徐々にお互いが許し合わなければ、それこそ世界中が、中東のような戦争の巣になってしまいますよ。

ドイツの謝罪については、以前別スレにも記載しましたが、フランスが『許し』で応じることでこのモデルは成功したのです。謝罪される側にもそういう応じ方の心得がないなら、このモデルは必ず破綻しますよ。そして、実はフランス側にも前科があったことなどは、かつてSさんから話があったとおりです。

またドイツがユダヤ人に謝罪し続けているのは当然のことです。ユダヤ人収容所とは『ユダヤ人絶滅工場』だったのであり、そのようなものをわざわざ作ることまでして憎しみを極限まで煽り、まるで屠殺場さながらに残酷に殺害していったのですから、謝罪を続けるのは当然です。日本はそんなに大規模に秩序だてた悪辣なことはしていません。

それにイスラエルは、隣りのアホ国家K国とは異なり『永遠の贖罪を求める!』などという戯言は言っていませんよね。

そして、ドイツは旧植民地に対しては、ほとんど謝罪していないと思いますよ。全くしていないとまでは言いきれませんがね。私の勉強不足かもしれませんが。

戦争責任というものの理不尽さが際立つ一例は、第一次世界大戦のオーストリアです。一次大戦は、オーストリア皇太子の暗殺がきっかけで始まりました。オーストリア皇室は最初の被害者だったばかりではなく、同国が敗戦国となったことから、結局ハプスブルク帝国は解体され、皇帝は退位させられた上で追放されました。

でも今、ハプスブルク家の末裔に対して罵声を浴びせるイギリス人やフランス人はいないと思いますよ。

戦争責任というものは、いつと決まってはいないけれど、矢張り期限がある話です。アホ国家K国が言うような、永遠に続くような類いのものではないのですよ。

また、昭和天皇は戦争責任をとっていないと言われればそういう見方もありうるだろうし、実際はそれが大勢なのでしょうが、神格性を奪われ、全ての政治的権能を奪われ、被選挙権はおろか選挙権すらなく、政治的発言は厳に戒められるようになったことまで見れば、実質的にはドイツ皇帝やオーストリア皇帝と同等のペナルティを課せられたと見ることもできるはずです。いやむしろ、その上で象徴天皇としての務めを果たすよう求められ、自由を奪われたという点においては、ドイツ皇帝やオーストリア皇帝よりも、より過酷だったとみることもできます。これは現在もなお続いている問題ではありますが。

なお、国旗や国歌については、なぜ変えるのかわかりません。ごく短期間の軍国主義を理由に馴れ親しんだものを変えさせられるなら、抵抗も生じるでしょうね。

ドイツにしても、ナチス旗やハーケンクロイツのマークは廃止され使用禁止となっていますが、それに対応する日本の旗は大政翼賛会旗です。それがどんなものか、実物を見た日本人なんて、今はほとんどいないでしょう。

現行ドイツの三色旗は、1813年ナポレオン軍と戦ったプロイセン王国の学生義勇兵の制服から採られたものです。つまりアホ国家K国がいうところの『戦犯国』由来のデザインですよ。

そしてドイツ国歌のメロディは、ハイドン作曲の『皇帝讃歌』です。これもアホ国家K国が言うところの『A級戦犯』を讃える曲が由来なんですよ。

伝統から採用しようと思うなら、大抵はなんらか戦争とか古くからの権力とかに結び付いてしまうものです。国旗や国歌が嫌いなら、普段目にしなければよいし、聞かなければよいし、わざわざ歌う必要もないだけなのだと思います。カラオケで国家を歌う人なんて、ほとんどいないでしょう。
7:大百科初心者 :

2020/08/09 (Sun) 18:05:56

>>6

それから、現行の象徴天皇制はうまく行っており、ことさら制度を大きく変える必要性を感じません。

古来から天皇は、ほとんどの期間において政治的実権を持たず、権力に正当性を付与する権威として君臨してきたといえます。

そして現代ドイツでも、政治的権威は大統領が担い、権力は首相が担うわけですが、日本の場合、それなりに伝統があり、努力して維持し続けられてきた天皇制がある以上、わざわざドイツのような大統領制/議院内閣制の併用に移行する必要性は感じません。

そして権力と権威を分けることは、政治システムの安定性の観点から重要なことです。トランプを見ても、ムン・ジェインを見ても、国家元首(≒権威)と最高権力者が同一の制度の下では、その座に居るのがどうしようもない輩の場合、国民の心理が著しく不安定化することは明らかだと思います。

ただし現行制度は、天皇と皇室メンバーの職業選択の自由などを奪う制度だという問題が残っているとは思います。
8:大百科初心者 :

2020/08/09 (Sun) 20:10:37

>>6-7

あと、昭和天皇の戦争責任を問う人の中に、昭和天皇とヒトラーとを同一視して批判する人がいますが、これは聞き捨てならない暴論だといえます。

無論明治時代以後、日本の対外戦争は、全て天皇の名のもとに行われましたから、昭和天皇にも戦争についての責任ならばあるとは思います。

しかし、『ヒロヒトラー』などという罵声は、全くの誤解に基づく憎悪の塊なのであり、決して看過・容認できません。

ユダヤ人虐殺をはじめとする迫害は、ヒトラー自身のユダヤ人への憎悪から始まったものです。そしてヒトラーは、自らが憎む相手を処刑する際、わざと苦しむようにじわじわと命を奪い、なおかつその様子を映写技師に撮影させ、処刑の様子をうつした映像を自室で鑑賞して楽しむような、まさに悪魔でした。

一方、昭和天皇にそのような面は一切ありません。

生存する負傷者や遺族にしてみれば、やり場のない怒りがあることは理解できますが、それなら全く同じ気持ちを日本人だって抱いているのです。乳児・幼児を含む日本人民間人が多数死傷しました。

日本人が一方的な被害者だと言い張るつもりはありません。が、加害者としての側面と被害者としての側面があり、民間人死傷者のことを考えれば、被害者の側面がかなり強かったということは断言できます。

韓国人は、日本兵にレイプされたと言い募りますが、引き揚げ中に朝鮮人にレイプされた日本人婦人もいます。

それで、昭和天皇をヒトラーと同一視するなどという人は、戦勝国にも韓国人にも日本人左翼にもいますが、それは全く話にもならない暴論だといえます。
9:大百科初心者 :

2020/08/11 (Tue) 19:11:28

日本の左翼も、韓国も、戦勝国も、昭和天皇の戦争責任問題に粘着する割りには、ルーズベルトやスターリンの戦争責任についてはダンマリを決め込んでいます。

特にスターリンは、間違いなくヒトラーと同質の輩であり、戦争責任を厳しく問われてしかるべきはず。

それをせず、戦勝国の論理に乗っかりつつ、なおかつ、その戦勝国連中ですらその思惑の駆け引きから東京裁判への訴追をできなかった昭和天皇にばかり粘着するのは、極めて卑怯だと思います。

日本人が戦争のメカニズムをよく研究し、自省することは重要なことですが、個人攻撃を続けるには、あまりにも時が経ちすぎました。

それから、あいちトリエンナーレの表現の不自由展に展示されたものは、『なるほど、それまで展示を拒絶されていたのも当然だ』と思えるような憎悪の塊、醜悪な汚物のコレクションに過ぎませんでした。

国費の交付を受けながら、県が主催して展示を行うようなものではなかったといえるでしょう。

特にインチキ人権団体である、韓国正義連の宣伝用の武器である<慰安婦像>の展示などは、明らかに日本人へのヘイト行為だといえます。元慰安婦自体が、正義連の示威行動というのは、すべからくヘイト行為であったことを認めています。

あのようなガラクタ、ゴミの類いをこれ以上地球上に増やしてほしくはないものです。

どうしても展示したいなら、自宅を美術館ならぬ<汚物館>に改装して、展示すればよいでしょう。まあその<汚物館>は、ゴミ屋敷とおなじぐらい、近所迷惑なものではありますがね。
10:フィニィ :

2020/10/15 (Thu) 19:34:31

天皇制廃止派は「愛国心」を絶対に肯定できないタイプが大多数な時点で詰んでるよね
本人に負担が掛かってるから人道的な問題があるとか、そういう穏当なやり方もあるはずなのに処刑しろとか革命とか
騒ぐ極左ばっかだから話になンねんだわ
挙句の果てにそういうのに限って親ツイフェミ、反オタク思想拗らせてたりするしさ
天皇をなくした後の日本をどうするのかっていうビジョンが皆無でまず天皇制廃止ありきだからね
そういう人たちこそ、ある意味一番天皇制にとらわれてるとも言えるんじゃないかと。これはネトウヨが中韓のことになると
冷静な判断ができなくなるのに似て(げふんげふん
11:大百科初心者 :

2020/10/16 (Fri) 01:25:23

>>10
中国というのは懐が深い国で、北京政府のやり方はアレでも、ほかにパンダ外交とか驚異の大自然とか豊富な古典文学とか当時世界最高峰の美術品とか中華料理とか、政治以外の色んな話題を深めて繋がりを保つことができるんだけど、
南北朝鮮は自らが自分達の歴史・過去を破壊し尽くしてきた(極端な易姓革命)こともあるので、今の南北朝鮮にはよい面を全く見いだせない。

今の韓国にあるのは薄っぺらい韓国ドラマと、洋楽・ダンスパフォーマンスをサル真似しただけのK-POPだけ。あんなのに熱狂するファンがつくなら、日本の芸能界もコンテンツ産業も、日本人にやらせてみりゃいいのに、と思う。(あと、韓国コンテンツは、売り込みのやり方がゴリ押しでひどくてエグすぎる)

おまけに南北朝鮮については、北は言うに及ばず、南には日本側からずーっと協力の手をさしのべてきたのに、裏切られ失望させられ続けたのがこの20年なので、ネトウヨ的反応は理解できる。

恐らく大半の日本人の心の中には数パーセント以上のネトウヨ的気質があり、この中でヒステリー反応が連鎖してゆくのはやむを得ない。

明らかに日本側が中国側より劣勢だったり、韓国が世界各国(米国やドイツやフィリピンや豪州など)で日本を貶める宣伝工作を続けている現状もあるので。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.