ネトウヨ大百科掲示板 404485

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


9月入学案を語ろう

1:普通じゃない日本人 :

2020/04/28 (Tue) 20:12:05

9月入学なる発案がただいま話題沸騰になっているので建ててみました
伝統主義者の私からすると意識が遠くなる発案ですが(そこ、4月入学なんて明治以降の文化だろとか言わない!)、この掲示板のお歴々はまた別の意見をお持ちでしょう

皆様は9月入学についてどう思いますか?
2:大百科初心者 :

2020/04/28 (Tue) 23:17:40

大学の世界ランキングって、外国人留学生に対する教育体制の充実などが、重要な評価項目の一つになっているのでは?その観点から留学生の利便性への配慮を考え、米国などの9月入学制を採用するやり方にあわせるのはよいことだと思います。(留学生で余談ですが、シンガポール国立大学などでは、学費は内国人に安く、外国人留学生には高く設定されています。国立・私立を問わず、大学教育には多額の国税が投入されている以上、学費の自己負担については、こういった内国人への配慮措置は必要でしょう。現時点、日本の国立大学では、内外国人の別による学費の差別化はないです。)

学生の就職企業の採用活動も通年採用が増えているので、9月入学の大学が増えれば、付随的に、4月に全員が入社式参加という奇妙な光景もなくなるかもしれません。

9月入学制と共に、大学入試も、4〜5月頃に移してもらいたいものです。冬は雪のため交通機関がまともに動かないことが多くて遅刻する受験生が発生したり、インフルエンザなどが流行して発熱者が個室隔離されて受験するなどというアホなことが、毎年繰り返されています。なぜ寒さが最も厳しい時期に入試を実施するのか。入試を春までずらすためにも、9月入学はよい考えだと思います。
3:大百科初心者 :

2020/05/31 (Sun) 14:08:18

9月入学案については、今年〜来年といった早期の導入は難しい、と文部科学大臣が述べ、今後慎重に検討することになりましたね。

私は現時点では、実利的観点から、9月入学案に賛成なのですが、それには導入コストもかかるし、なんと言っても普通じゃない日本人さん達が述べるように、日本の伝統を壊すことでもあります。古来、春の到来を殊のほか愛でるという精神文化が日本にはありますからね。まあ、収穫の秋を祝い愛でるという習慣も日本にはあるのですが、どちらかといえば「何かを始めるのは『春』、何かが始まるのは『春』」という意識の方が、日本人の中では圧倒的に強いということは、確実に言えそうです。

今後の議論を見守ろうと思います。

ついでにこの件をきっかけに気付いたことが一つあります。ネトウヨが「選択的別姓導入」に反対する理由の一つが、「伝統破壊」であるわけですが、ネトウヨがいう「伝統主義」とは、「家制度」や「家父長制度的秩序」や「大日本帝国憲法的な強い君主制度」になじむものに限られているのではないか。多くの日本人に潜在的に定着している「伝統的価値観」というものについては、ネトウヨは一顧だにしていないのではないか、という気付きです。

そして日本で消えた伝統の話を一つ。「漢文」を嫌う百田先生が抱く誤解を見ると、よくわかります。「漢詩」は従来の日本人にとって「日本の古典文学」の一部であり続けました。明治時代の末期までは、「漢詩」を詠める日本人教養人は数多くいました。漢文の素養というのは、日清戦争勝利以後に日本で一旦途絶えてしまった文化といえるかもしれません。この点については、近現代日本人の驕りと慢心を感じないではありません。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.