ネトウヨ大百科掲示板 408901

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。


新型コロナウイルスについて語るスレ

1:普通じゃない日本人 :

2020/02/13 (Thu) 21:26:13

遅すぎた感のあるスレ建てであった。スマソ~
2:普通じゃない日本人 :

2020/02/13 (Thu) 21:27:19

中国共産党の権威に傷がついてるってマ?
3:黒い何か :

2020/02/20 (Thu) 20:15:12

まあ1~2年かけて地球一周して定着してパニック鎮静化して終了じゃない?
パンデミック初期には大勢の人が亡くなるけど、それを過ぎたら「タチの悪い肺炎」ってポジションに落ち着くと思うよ。
4:普通じゃない日本人 :

2020/02/20 (Thu) 20:22:41

アメリカで現在流行ってる新型インフル(仮)の正体って実はcovit19なんじゃね? とか
アフリカで密かに流行し始めてるんじゃね? とか色々ネット記事で書かれてるけどどうなんだろう?
5:普通じゃない日本人 :

2020/02/23 (Sun) 00:57:25

頭が前時代の森会長、中国人から「なぜ自分を苦しめるの?」と心配される
https://www.huffingtonpost.jp/entry/mori-wearmusk_jp_5e50a42cc5b6b82aa6535f65?ncid=other_trending_qeesnbnu0l8&utm_campaign=trending
個人的にツボに入った記事
6:見える化したい :

2020/04/22 (Wed) 13:23:35

病原体や飛沫は眼に見えないですから、やはり怖いです。原発事故後に高まった放射能への恐怖心を思い出しています。


「新3密」という言葉もありますが、生活必需品を買うためにどうしてもスーパーに行く必要はあるし、期限前手続きのために役所へ行かなければならないこともあります。


先日は次のようなこともありました。急ぎの役所手続き(電子手続き不可)があったので、どうしても市役所に行かざるを得ませんでした。換気の悪い待合室は混雑しており、なおかつ不運にも、休みなく弾丸トークするおばさん(お姉さん?)2人と隣り合わせになってしまいました。お喋りをやめてもらうまでの間にどれだけの飛沫が彼女達の口から飛び出したものやら。まあ彼女らはマスク着用だったので、周囲が浴びる飛沫は少なかっただろうし、彼女らが感染者ではない確率の方が圧倒的に高いとは考えたいですが。危機感は、人により大きな差があるものですね。


上の場合この掲示板的には、3密の原因を作り出す役所の方を責めるべきなんでしょうが、役所に苦情を言ったところでなんとかなるものでもないです。屋内の換気をよくしようにも建物構造上の限界があるし、全ての役所手続きの期限を彼らの職権で適宜延期できるわけもなく、本当に困ったものです。


今回のコロナウイルス禍ではパンデミックを起こしていますから、(収束していないうちから言うのもおかしいですが)一旦収束しても、第二波・第三波での変異・強毒化もありえます。ワクチン開発が完了し、我々が接種を受け終えるまでは、或いはそれでも、かなり長期間ピリピリした毎日が続きそうです。
7:遠い山並みの光 :

2020/09/07 (Mon) 21:20:58

安倍政権の新コロナ対策。先ず議論のあった検査を見てみます。
初動の遅れ。これはやはりやむを得ない、全く今までになかった新しい事態です。
政府の対応の悪さを責められないと思います。
武漢からの帰国、クルーズ船の対応、出入国対応・・・未曾有の事態です。何をどうしたらいいのか途惑いはどの関係部署にとっても、はんぱじゃなかったとおもいます。

しかし、実は09年の新型インフルの時、専門家の間で問題点を整理し、次のような項目を挙げていました。
1. 専門医療機関の財政支援
2. 保健所、地方衞研の強化
3. 意思決定プロセスと責任体制の強化
4. PCRなどの検査体制

何ヶ月か経ってやっと対策が少し見えてきて挙げられた問題点が、すでに2009年には出されていたのです。
これを政府、専門家はなぜ先送りにしたのか。一つはこの課題をなおざりにしてきたこと、保健所は減り続け、検査体制も貧弱なままでした。
そしてもう一つ東京オリンピックに拘りすぎたことだと思います。

当初、新コロナ対策班はクラスター潰しに集中しました。“限られた医療資源を有効に使って・・・”という言葉がありました。
実はこれはPCR検査(以後検査)のキャパが極めて少ないという意味でした。(もちろんそれに伴う医療体制も)
クラスターだけで検査は手一杯でした。
だから現場の医師がいくら必要だといっても帰国者接触者センター=保健所は受け入れられなかったのです。
それは多くの陽性者が見逃されるということを意味しました。
しかし、感染者数が低く出ると言うことになり、それは東京オリンピックを控えた日本にとっては好都合だったのです。
(余談ですが3月24日五輪が中止になった途端、都知事がロックダウンなるものを唐突にいいだしました。)

37.5以上が4日間という条件も、結果的には検査を抑える事になりました。
(後に厚労大臣の誤解という言葉に耳を疑いました。責任は誤解した国民にあるというのでしょうか)
つまりこれも多くの隠れ陽性者を見逃すことになりました。
(これは後で分かったことですが、新コロナは発症2日前から人に移ります)

さて検査キャパがない。これは政府、専門家にしてはあまり言いたくなかったのです。
理由はすでに書いたとおりです。するべき事をやってこなかったからです。
しかも韓国やドイツなどにできてなぜ日本で出来ないんだ、という声があり、そういわれるのがいやだったのでしょう。

特に「韓国」の声については政府、政府擁護者にとっては嫌韓感情もあり、見習うどころか絶対負けたくない相手です。
そこで、検査なんか(まねして)増やさなくてもいいんだ、という検査への無意識の抵抗が出来たのではないでしょうか。

《これは私の曲解かもしれません。また韓国のやり方は検査には積極的ですが、それと合わせて強権的な私権制限を伴うものでありそのまま日本に当てはめるわけにはいきません。
(日本と違って韓国や台湾はサーズ、マーズで痛い目に遭い、感染症ウイルス対策はかなり高度な質を確保していました。感染者の少なかった日本とは対照的です)》

そこで2月末頃、政府はメデイアに圧力をかけたりネトサポなどを使って検査不要のキャンペーンともいえる流れを作ろうとしました。いびつで横暴な議論を繰り広げます。

政府はこういう政府寄りのメデイア、識者、雑誌、ジャーナリストなどを使って世論誘導とも言うべき対応にはたけています。モリカケサクラでも見られました。
批判者抑えに大きなエネルギーを使っています。今回は外務省に政府批判ウオッチの予算が付いたと言うことも言われました。

それはともかく、ありとあらゆる理由を挙げて検査の拡充を抑えようとしたのです。
政府寄り識者などの言い分。
医療崩壊を招く、
病院に殺到して感染が広がる、
検査の精度が悪い、

後には
死亡数が少ないのが、今のやり方(検査増やさずクラスター対策のみ)が良い証拠
治療薬がないのだから陽性者を見つけても仕方ない・・・

中には検査すればするほど陽性者数が増えるから良し悪しだ・・・
という意味不明な有名司会者の言葉もありました。

私も最初たしかに医療崩壊は簡単にイメージできこれはまずいだろうと思いました。
しかしこれは検査を増やさない口実に使われていたのです。
一種のおどしです。おまえら検査、検査いうな。外来は感染者であふれ、ベッド不足になって病院パンクするぞ、というわけです。

しかし一部専門家からは、3月初め頃すでに、密をさけて検査を増やす方法として例えば屋外に発熱センターのような形の施設を作って検査出来る形や、民間検査機関の活用。

また、医療崩壊の予防として、無症状、軽症者は病院でなく、自宅、または宿泊施設に。
という提案がなされていたのです。
また和歌山では政府の方針に反し検査範囲を広げ成果を上げました。

しかし、37.5以上で4日間のしばりと検査はセンター経由保健所だけ、陽性は無症状も含め必ず入院、という細い狭い道を無条件に前提にしていたから、医師が必要と問合せしても一向にOKがでない状況が続きました。

保健所の業務は繁忙を極めこれ以上の検査拡充などとても受け入れられなかったのです。
この対策を何も実行できませんでした。
政府の怠慢以外の何者でもありません。保健所の不眠不休の頑張りと対照的です。

ある現場の医師は上のような解決策=発熱センター設置や軽症者への対応をTVで主張したため、対策に努力をしない政府、およびその追従者達によって攻撃の対象になり、医院が嫌がらせを受けるまでになって、TVに出られなくなってしまいました。
政府は検査拡充、それに伴う医療体制逼迫を防ぐ陽性者受け入れ方法の整備などに何の有効な手立てもしなかったのです。

これは驚くべき事ですが、4月になっても5月になっても6月になっても一向に改善されていません。
志村けんも岡江久美子も、もっと早く陽性が判明していたら結果は違ったかもしれません。
安倍首相は山中教授から大学を利用すれば10万件くらいは増やせるといわれてもピンと来てないようでした。
本庶先生、知事会も検査拡大を訴えました。政府は当初のクラスター対策だけにこだわり、検査拡充、医療体制支援に全く背をそむけていたのです。

そして先日ですよ。大阪府の医師会長が言われていましたが、いまだに症状があっても2.3日待たされると。
半年経ったいまだにですよ。医師が必要と認めてもすぐには検査できないのです。

ともかく政府はもっと検査が必要という国民の声がいくらあっても動きませんでした。
新コロナの不思議として誰もが首をひねりました。なぜだろう?

一強の官僚忖度政治なのに誰も動きません。“目詰まり”という首相の言葉もありましたが、5月、6月、7月になっても誰もここを突破しようとしなかったのです。
10万人辺りの検査数はほぼ世界でも最低水準です。
なぜか。政府が本気になったらすぐ出来る、と言う人もいました。
つまり、政府の強い姿勢、やる気がなかったからです。

なぜ? 
新コロナ対策班に遠慮した?(班長の押尾氏は検査拡大不要派だった)
検査トラウマに縛られたから? (韓国意識?)
政権擁護派の検査拡大反対の大合唱に逆に忖度したからでしょうか。

安倍政権の特徴として、政権擁護派は大事にし、批判の声は無視、黙殺、あるいは逆に圧殺に走ります。
これは従来の自民党にはそれほどはみられなかったことです。
第一次の時メデイアによる批判がよっぽどこたえたのでしょう。
この世論コントロールに異常な力をいれています。

また、身内、仲間、政権に近い人、持ち上げてくれる人・・には極めて甘く、その国政私物化による無節操な利益供与は目を覆うレベルでした。
高い倫理性、モラル、透明性が最も求められる中で最低の政治姿勢です。
モリカケサクラを見れば明らかでしょう。

さらにコロナ専門家会議の議事録がないという失態までありました。
公文書の異常な軽視はこの政権のもう一つの特徴です。
この新コロナ対策では今までの安倍政治の悪弊が全てでました。
 続く。
8:大百科初心者 :

2020/09/08 (Tue) 01:40:34

>>7

ここはコロナ問題についてのスレですが、以下の文は、その周辺問題についての話です。

2021年夏までには、東京オリンピックの成否(開催の有無を含む)もコロナ対策(と経済の両立)の成績表も、国民の眼前にハッキリと見えます。

五輪問題もコロナ問題も、どんなに遅くとも来年までには行われる衆議院選挙の結果に大きく影響するはず。

……そうすると次期政権の思惑次第では、衆議院解散スケジュールが早まるかも……。野党も四分五裂している場合じゃないはず。早く「自民ガー」以外の意見・論点をまとめなさい、と言いたい。

保健所・医療体制の強化問題(※7で触れられたこと)や
公文書管理・政府統計値問題や
政・官・一部の企業間の癒着構造問題(「新・構造改革(ポスト2020)」の必要性とでも言うべき)は、
必ずしも「自民ガー」ではない、「国政構造改革」という重要論点になりうると思うのですがね。

これで野党共闘(本当は「野党協調」と名前を変えてもらいたい)勢力が議員数をある程度以上増やせれば、国政も正常に機能しだすかも…。

ただし捻れ国会状態や与野党拮抗状態の再現だけということになれば、また国会チキンレース劇の再演になるだけであり、なかなか難しいですね。

当たり前すぎる話ですが、****代表がキチンと野党共闘体制(繰り返しますが「協調体制」と言ってもらいたい)のリーダーシップをとれるかどうかにかかっています(但しあくまでも、外交・安保・経済対策問題については、日本共産党に口出しさせるべきではない)。
9:大百科初心者 :

2020/09/08 (Tue) 06:28:38

>>7

※8の続きで、※7のご意見から連想的に考えが及んだたこと4点。

1. 新型インフルエンザを受けて、2009年には既にコロナにも通用する対策案が出されていたにも拘らず、今尚PCR検査体制が脆弱であることを、旧民主党(現野党)のせいに仕立てあげられる可能性はある。予防が必要。

2. 未だにPCR検査体制が脆弱なのが、もし韓国への対抗意識から来たのなら(そして多分その部分は全くないとは言いきれないと思う)、韓国ごときの問題で目が曇るなどという状況は変えなくてはならない。

国際政治問題・外交問題と感染症対策問題とは、切り離すべき。

次期政権(多分菅政権)が韓国への圧力でいくら点を稼いでも、コロナ対策で失敗するようなら、次の選挙で現在の与党を勝たせるべきではないのは明らか。

(一方野党は、厳しい対韓国政策・韓国への強い圧力とは、韓国側が対日政策・対日外交を完全に正常化するまで(のかなりかなりかなりかなり長い期間)の間は、国民のほぼ総意であることをよく理解する必要がある)

3. もしオリンピック開催に拘泥するあまり、積極的なPCR検査を避けたというのが事実なら、安倍政権はオリンピックと国民の生命・健康とを天秤にかけたことになる。

4. 既に決まってしまった大阪万博までで、国家プロジェクトとしての国際観光イベントからは手を引くべき。

東京オリンピック2020でよくわかったことだが、国際的信用の観点などから、我が国独自の選択肢が狭められてしまう。(冬期五輪招致も中止した方がよい)。

それに国や自治体の借金が増える分以上に<外国人観光客からの観光収入による税収>が増えないなら、全く意味なし。
10:大百科初心者 :

2020/09/08 (Tue) 17:03:01

>>7

※7の続きを読みたいです。
11:遠い山並みの光 :

2020/09/12 (Sat) 22:22:21

“もしオリンピック開催に拘泥するあまり、積極的なPCR検査を避けたというのが事実なら、安倍政権はオリンピックと国民の生命・健康とを天秤にかけたことになる”

ここは断定は出来ないとは思いますが、十分ありえる事だと思います。
なぜなら、政権の特徴として、とにかく、実態より、“良くみせかける“という姑息な言い方、やり方は何度も見せられてきたからです。

五輪会場で、原発事故の避難民対応、汚染水処理などいくつも課題が山積しているのにアンダーコントロールと安易に語ったこと。
アベノミクスでも統計不正、こっそり計算方法の変更などを行って数字を良く見せかけていること。
改元、新天皇即位の時も異例の発言し安倍首相個人の手柄を披露するかのようだったこと・・・など枚挙にいとまがありません。
この“見せかけ”には選挙連勝をみれば意外と効果的であったことは推測できます。

もう安倍政治、終わったのだから前回だけでいいだろうとも思うのですが、安倍政権を引き継ぐという菅政権(おそらく)の新コロナ対策を検証していく上でやはり押さえておかないといけないポイントを書いています。

特に候補者三氏のうち皆検査拡充を掲げていますが、菅氏だけ言い方が弱いと感じます。あまり期待はできないでしょう。

とにかく、症状が出たとき、診察を受け、必要ならすぐ検査、それによって適切な対応がされる。この体制が整えばいいわけですよ。
ワクチン、治療薬がなくても適正な治療が受けられればいいわけです。
だってどんな病気でもそうでしょう。検査の結果によって治療方針を立てるわけです。
なんでコロナだけ検査不要などと言う意見が出たのでしょう。

色んな対策の重要指標もこの検査による感染者数を元に考えられるものが多いです。
すくなくとも症状があって医師の要請がある人、濃厚接触者はすぐに、また医療関係者や、介護スタッフ、学校関係者などエッセンシアルワーカーなどはいつでも必要に応じて受けられるようにすることが大事だと思います。

もう一度まとめます。

*医療体制崩壊・・・検査キャパが小さかった事の言訳に使われただけです。全ての陽性者を入院に、という前提を取り払う対策をしっかりやれば解決します。やっとこの1、2ヶ月動き出しました。

ある政権に近い元知事なども最初医療崩壊するから検査は増やさない、と言ってしまったものだから、いまだに検査に後ろ向きで窮屈な議論をしています。
いつでもどこでも何度でも<日本国中やるのがいいのか>など、誰もそんなこと言ってないのに、相手の意見を自分が攻撃しやすいような形に変えた上で反論するのです。
いつもそうです。

現状検査は足りているのか、先ず必要とされる人は誰か。それを確認した上での議論なのに、そこを飛ばして全国民に・・・などわざと極端な議論をしています。
安倍寄りの識者ははらいせにそこばっかり言っています。

*外来に希望者殺到で感染が広がる・・上同様です。韓国では早くから屋外検査、ドライブスルー検査が取り入れられました。やり方を考えれば即解消でした。
他国のいいところを学んだ上で取り入れるという視点がありませんでした。

*治療薬がないから検査で陽性と出てもどうしようもない・・・治療は薬だけではないのです。
この間までお笑い芸人から美人医師までがこう言っていました。論外です。
この医師は治療というのは薬がなければ何も出来ないとでも思っているのでしょうか?
医師失格ですよ。

*いまだに“検査は増やしても良いがその前に医療体制が”・・・一体どれだけ経っているのか。2月3月ならわかります。このセリフは驚くべき事にいまだに出てきます。つい先日有名司会者が言いました。そういう発言が出てから一体もう何ヶ月経っているの、とすぐ咎められましたが。

ここまではもう今更いわずもがなのことですが自分の鬱憤晴らしとして流して貰ってもいいです。

*さて、検査の精度を問題にして反対する人達もありました。擬陽性偽陰性の問題です。
・・・じゃあこの検査の他にもっと精度が良くて安全な検査法がありますか?
この検査スルーしたら一体何で陽性者を見つけるのでしょう。
多くの重要指標もこの数字を元に出されているのですよ。

さて擬陽性の最低精度が7割と言われています。つまり陰性なのに陽性と出る問題です。
本庶先生は検査精度は70%あれば十分だ、と一蹴されていました。
放っておけばまるまる見逃すが、検査すれば感染者のうち7割発見できる。
大きな意味があるのではないか。

陽性者にはこの精度の事を話し、このまま症状が収まった人、症状のない人があればもう一度検査する旨伝えればいいのです。

*あとは死亡数が欧米に比べとても少ないので、日本独自のクラスター対策が成功している証拠、なんでも検査すれば良いというものではない、という医師とも思えぬ意見もありました。
医療の目的は命を救うこと。死者数が少ないのがなによりの証し、と短絡的に政府の方針を肯定する意見もありました。

実は、欧米と比べれば少なく、もちろん日本の医療技術が高かった事が一因なのはいうまでもありませんが、実はアジアで見ると人口当たりで日本の死者数は多い方だったのです。

アジアでなぜ死亡者、重傷者数が少ないのか。
山中教授はファクターXと名付けましたが、第二波も到来し、検査軽視でクラスター対策だけに力点をいれた方針が良かったとはとても思えません。
首相は日本モデルと胸を張りましたが、先走りでしょう。ここも見せかけに思えてきます。

以上、こういういびつで乱暴な議論はネットでも飛び交いました。
検査を増やせない、増やさない政府の肩を持つように検査拡充派を攻撃する流れも強くなったのです。
ともかく検査にずっと及び腰だった政府とそれを擁護するメデイア、識者、その周辺にたむろするネット民などの粗雑な反知性的意見で、この分野では随分遅れを取ってしまったと思います。
その検査率の低さは世界でも100位以下になっています。異常です。

長くなったので今回はここまで。続きます。
12:大百科初心者 :

2020/09/16 (Wed) 06:38:47

>>11

接触確認アプリ(COCOA)に対する評価はいかがですか。

現時点でも普及率が低い(日経メディカルによると、インストールしていない人が7割)ことなど、いくつか問題点が指摘されており、covid-19感染拡大防止に有効かどうかということもありますが、そもそも普及速度が遅いように私個人的には感じられるのですが…。
13:遠い山並みの光 :

2020/09/18 (Fri) 22:36:26

菅内閣の最重要課題=新コロナ対策はどうでしょうか。
前任の加藤厚労大臣はあの「誤解」発言で、大きな批判を呼びました。
少し詳しく見てみます。
37.5度以上の熱が4日間出たらやっと検査の対象になる、ということで、それまで症状のある人は検査を我慢していたのです。

その後電話してもさらに待たされるということがありました。検査が間に合わないのです。
早く検査してほしいという声は充ち満ちました。
で、37.5度、4日間という制限について、これを守った国民に、それはあんた達が誤解していたのだ、と言い放ったのです。
実際は検査キャパがなく、オーバーワークが常態化したセンター=保健所で断わられ続けていました。
この発言後ももちろんいまだ解消されていません。あまりに無責任な発言でした。
検査の実情が厚労省で何も把握されていない事を意味しています。

検査について大混乱を招き、中にはこの事で検査が遅れ重症化した、あるいは死亡に至った例もあったようです。有名人も例外ではありませんでした。
それを国民の誤解だったというのです。
普通ならこんな発言は十分辞任に値すると思いますが、なんせ安倍一強政権、何のことはなく過ぎていきました。
(医療物資の手配も大幅に遅れました。他国が政府直接買い付けで確保を急いだのに比べ、日本では商社任せで医療用マスクすら十分な量を獲得できなかったのです)

緊張感のなさの典型例でした。

当然これは野党のプレッシャーがないことが原因でしょう。
何をやっても許されるというゆる~い意識です。
安倍自民に様々問題が出ても、ごく一部の自民議員を除き、党内からほとんど異論が出ないのです。
安倍批判は“後ろから鉄砲”とかいわれて潰されていきました。鉄砲ではなく自浄作用だという認識は全くないのです。

またメデイア、国民の側も、安倍自民を先ず批判するのではなく、追求する野党を叩くという論調が多くなりました。
野党が悪いからだ、野党がしっかりしていないからこんな問題が起きる、野党のでっちあげだ、倒閣運動だ・・・
安倍自民は悪事をいくら働いても、それを批判し、正す方が叱られるわけですから、まったく反省はおこりません。

モリカケサクラのほか、防衛省日報隠し、厚労省裁量制データ改竄、IR汚職、1億5千万選挙資金、検察庁法問題・・と際限なくやりたい放題の振る舞いが続いていました。

この検査が普及しないのは“国民の誤解”との発言もこの延長上にあります。

しかし、政権はほとんど何も気にしていません。反省も、異論の受け入れも全くありません。
なぜか。単純に選挙で勝ってきたし支持率がそうは下がらないからです。
批判は当たらない、指摘はあたらない、とか、仮定の話にコメントしないとか、木で鼻をくくったような発言をするだけでよかったのです。

しかし選挙で勝ったと言っても自民の得票率は25%前後ですし、安倍内閣を支持する人の大半は“他に適当な人がいない”です。
国民の大多数が安倍自民を支持しているというわけではないのです。
ですが、結局は数の力。
選挙制度、政治主導=ゆきすぎた官邸主導(内閣人事局肥大化)、国会軽視など大きな議論にはなりませんでした。

さて、その加藤前大臣はありえない官房長官。
ご飯論法で有名な人です。こんなことがありそうですね。
また何百人も後援会を引き連れて総理が公費で紅葉を楽しむ。
「桜を見る会は批判されて中止したのでしょう?」と聞かれると「桜は中止だが紅葉を見る会をしないとはいってない」

緊急事態宣言、命と経済、COCOAについては次回。
14:遠い山並みの光 :

2020/10/03 (Sat) 22:52:05



今回厚労大臣に田村氏が就任しました。
この方は厚生行政に精通されていてなかなかいい人事だったと思います。思い切り官邸からの妨害を排してやってほしいと思います。
強調されているのはやはり検査体制の拡張とそれに見合う医療体制の強化です。

前も言いましたが、症状がある、濃厚接触者を先ず優先に、さらにエッセンシアルワーカーなどの社会的検査も含め、迅速に検査が行われ、結果次第で適切な医療が受けられる。
これでいいのです。インフルエンザと同じです。

はやく陽性者を見つけて治療に入れる体制づくりが出来ればいいのです。
一部の政府御用論者が、“感染ゼロには出来ない”とか、“検査は全国民には出来ない” “なんでも検査すればいいというものじゃない”とか、否定するための極端で歪めた議論をしなければいいのです。

上の対策を少なくとも3月下旬から4月くらいに必死で取り組めば、検査試薬がない、医療用具(医療用のマスク、ガウン、手袋など)がない、保健所のキャパをこえた、などの混乱はかなりの部分避けられたでしょう。
初めての事態で混乱はあったでしょう。でも一部専門家は口をきわめて訴えていたのです。

しかし、政府は逆に外務省の予算を使って政府のやり方に批判的な意見をチェックしていました。
そしてネトウヨ、ネトサポを使って攻撃させたのです。
こんな様に敵を仕立て上げて卑劣な攻撃を加え、自らの失策と不明を隠蔽するような行為は、旧安倍政権の特徴だったのです。

そういう国民の意見の分断を煽るような指向性は改めるべきです。このあたり新厚労大臣はしっかり総括して業務に当たってほしいと切に望みます。

さて、前首相による唐突な各種学校の休校措置。
一部の官邸関係者だけで、何の合理的根拠も示さず、北海道の緊急事態宣言が評判良かったのをみて反射的にやってしまったのです。現場は混乱をきわめました。
私は今後のコロナ行政の行方に暗い気持ちをもちました。

そして、医療関係者、国民、地方自治体からも緊急事態宣言(以後宣言)を促す行動があり、4月7日に我が国で初めて宣言が出され半ばに全国に広げました。
感染者数から見てその10日ほど前に出せば最適でしたが、これは結果論。その最適日を決めるのは至難の技だったと思います。

政府は発出に当たって随分慎重でした。この慎重さは私は評価します。
休校措置の唐突さを批判されたことの教訓だと思います。
宣言によって出される、強い各種規制や外出自粛などの私権制限など、国民への強力な指示行為は国はできるだけ抑制的にし、自治体が地域の実情に合わせて実施するのがいいと考えます。

一時国と都の間で考え方の違いもありましたが、この時も国は緩やかに、都はきびしくという構図でした。地域の実情を把握している自治体にできるだけ権限を持たせる方がベターだと考えます。

実は旧安倍政権は早く宣言をだしてその成果をアピールし、改憲につなげようとするのではないか、とも推測しましたが、幸いその心配はありませんでした。
安倍擁護の右派系雑誌はさかんに、コロナを改憲に利用する論調だったこともあります。

宣言によって強い要請を出し、また営業停止など強制の場合、それによる補償が必要ということも、慎重の裏にはあったでしょう。さらに経済への大きな影響を考えれば、拙速に宣言を出すことに抑制的だったことも当然あります。

そして7,8月からの第二波でも、やはり経済を重視し宣言を国としては選択しませんでした。医療体制の状況も判断の一つに加えています。
今後も国の宣言などの強権は諸刃の剣であることを十分認識してコロナに対応して貰いたいと思います。
あくまで現場重視で地方に大きな権限、予算を渡すべきでしょう。自治体はコロナ禍で困窮する国民に最大限の経済的支援を考えて欲しいです。

命か経済かとよく二項対立で問題になりました。当初はコロナの危険度が推測できず、これにより議論が分れました。
経済=金儲けのように印象づけて命の大事さを殊更主張する声もありました。それを頭から否定するつもりはありませんが、経済は社会でもあるのです。
社会の崩壊はわれわれの生活の崩壊でもあります。社会は個々の命と比べられるものではありません。
社会の崩壊は何としても防ぐという考え方は大事だと思います。
少しづつ明らかになってきているコロナの特性をみきわめることで、命と社会の問題も考えていくべきでしょう。

COCOA 接触確認アプリ。こういう仕組みで最も気をつけるべきは個人情報の漏出です。
このCOCOAはその入力がなくて安心ではあります。
ただ、いまだに濃厚接触と通知が来て保健所に連絡しても、検査がすぐに出来ない場合もあるようです。何回もいうようですがはやい検査体制を整備してほしいです。
15:遠い山並みの光 :

2020/10/03 (Sat) 23:34:37

COCOAの普及度について。
国民にはやはり個人情報の漏洩不安は一番大きいでしょう。
もう一つ国の信頼感にも関わってきます。
国(政府)が国民を露骨に管理支配下に置こうという姿勢があるかどうかが大きな問題です。
前政権はイデオロギーから、菅政権はまさにプラグマテイックな視点から、人事を軸に官僚を手なづけ、異論を排除して思うがままに政治、社会を動かしたいという指向性があります。
そういう政府であるうちは、マイナンバーなども進まないでしょう。
ですがCOCOAは個人情報の入力がなくインストールできるので、進まないのは、PR不足かなと思います。
16:フィニィ :

2020/10/07 (Wed) 13:36:04

国内の死者がいつの間にか1600人を超えていた。怖いなあ
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data-all/
17:普通じゃない日本人 :

2020/10/07 (Wed) 22:49:55

広瀬すずファンだったので凄いショック
18:漆黒のナンチャラ :

2020/10/26 (Mon) 23:47:25

どうやら10月末までをトータル10万人以下ってラインはクリアできそうだね。
次は年内を15万人以下に抑えられれば及第点かな?
19:漆黒のナンチャラ :

2020/11/03 (Tue) 00:46:31

俺ちゃんの高度な計算によると我が国は新規感染者数3000人/日までは余裕で支えられるという結論に至った。
けど4000人を超える日が数日続くと医療現場がパンクすると思われる。
さてどうなるか。

20:遠い山並みの光 :

2020/11/29 (Sun) 01:01:56

コロナの第三波が本格的になってきました。
原因としては
季節要因=低温乾燥化
国民のコロナへの気の緩み
GO TOトラベルなど人の移動、多人数での飲食機会増
など考えられています。

政府はこのうちGO TOと関連づけられるのを嫌がって、GO TOが原因になったエビデンスはないと言い張り、わずかな地域を除き一向に対応しようとしません。
7月中旬から東京除外でGO TOは始まり、10月1日から東京が除外解除になりました。
たしかに第二波はその後9月末にかけて減少していき、初期のGO TOは影響がないように見えましたが、東京除外解除とともに、それを待っていたかのように再び増加、過去最多更新の現在に至っています。

当初、感染状況が収まってから、という企画が見切り発車しました。
その時点で観光飲食業のダメージは極めて大きくこれはやむを得ないかとも思いました。
しかし状況とともにフレキシブルにこの政策は変えていくべき性格のものであり、今に至ってもきちんとした対応を取れていないのは、
安倍政権時、後手後手といわれたコロナ対策の“正統な継承“かと考えてしまいます。
しかも、GO TOでは中小の事業者、また利用側でも、困窮者、多忙な医療関係者にはその恩恵が全く及ばないことも明らかになっています。

このあたりの反省も込めて今考え直す時期に来ているのではないでしょうか。
なにより、最もしわよせが来ている社会的に不安定な層にいかに支援の手を差し伸べるかを考えるべきでしょう。

菅首相はGOTO中止に何を怖れているのでしょうか。
今やめたらやはりGOTOは失敗だったと言われるから。
いやおそらく見せかけの(当面の)経済指標の悪化を招きたくないから
経済重視というメッセージを主に経済界に送りたい

なにか頑ななものを感じます。
医療専門家と政府との間の認識のズレは極大化しています。
医療専門家の意見だけを重視しろとは言いませんが、現実、医療現場の疲労は大きく、重病者数は激増の兆し、病床占有率も半分を超えそうです。
このままのペースなら早晩文字通りの医療崩壊です。

さらにいまだにPCR検査は十分ではないようです。
PCRを増やすと医療崩壊を起こす(だから増やさないで良い)などと言う信じられない10週遅れの識者までいます。
無症状、非濃厚接触者の検査は個人負担ですが、この価格も一向に下がりません。

首相はいまだにマスク、三密、手洗いなどすでに手垢のついたワードしか言えなくなっています。
今頃一国のリーダーが発するメッセージとしては陳腐で貧弱で空虚そのものです。
大半の国民はほんの一部を除きそれを守り、ほんの一部は何を言っても聞かない連中ですよ。

政府が今やるべき事は、現行GO TOは一旦中止。
困窮者に対する経済的支援と、医療関係者に対する思い切った設備、人的物的支援でしょう。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.