ネトウヨ大百科掲示板 408899

ブログ「ネトウヨ大百科」の掲示板です。
コチラでは、ブログの記事についたコメントの中で深堀りしたいと思ったものや旬な話題を取り上げたいと思います。
政治、社会問題、心理学のジャンルであれば、自由にスレを立てていただいて結構です。

1 : 日本学術会議などの学問と政治の関係について語るスレ(150)  2 : 新型コロナウイルスについて語るスレ(20)  3 : 韓国の文化や歴史、日韓関係に関して(145)  4 : 米国新大統領誕生を祝いたいけど祝えない(11)  5 : ビジネス(1)  6 : 京都九条のポン中ヤリマン林みき(1)  7 : ちんちん シュッ! シュッ!(1)  8 : アルメニアとアゼルバイジャン、戦争するってよ(11)  9 : ネットで見つけたネトウヨの興味深い書き込みを貼って行く(9)  10 : 忘れられてる感の強い合流****について語るスレ(16)  11 : 国民民主党を応援したい!(22)  12 : 松下政経塾について語るスレ(1)  13 : 昭和天皇バッシングと、もし天皇制廃止が実現したら…(11)  14 : 副業 高額 即金案件になります!!(4)  15 : 菅政権について語るスレ(10)  16 : 足立区が滅ぶと馬鹿が言ったので本日のスレはLGBTQ記念日(5)  17 : リベラルの口癖『トーンポリシング』について語るスレ(12)  18 : 引用・RTしたら恥ずかしいメディアや有識者の情報を共有させてください(4)  19 : 【悲報】日本第一党唯一の地方議員原田ようこ、離党(2)  20 : A「ゲーム理論的に考えれば俺の意見が正しい」ぼく「利得表見せて」(1)  21 : 今こそ郵政民営化を振り返ろう(1)  22 : ポスト安倍・ポスト安倍時代について語るスレ(35)  23 : リベラルのwhataboutism批判はどこまで正しいのか(25)  24 : 「肉屋を支持する豚」という揶揄について語るスレ(1)  25 : リベラル金科玉条『寛容のパラドックス』について語るスレ(64)  26 : 携帯電話値下げ政策について語るスレ(3)  27 : スレ建てするまでもないけど語りたい事を語り合う総合スレ(1)  28 : 政治家と医療について語るスレ(1)  29 : 安倍総理辞任万歳!!!!!!!!!!(6)  30 : 安倍総理辞任記者会見実況スレ(11)  31 : リベラルの相対主義アレルギーはもはや親の仇レベル(7)  32 : リベラルは経営者(リーダー)目線がお嫌い(4)  33 : 【財政】本当に金は足りないのか【健全化】(8)  34 : 【ミリオタ】安全保障全般について語るスレ【大募集中】(4)  35 : 核兵器について語るスレ(28)  36 : 中国のITについて語るスレ(1)  37 : 政治経済における意識高い系について語るスレ(2)  38 : カッサンドラについて語るスレ(12)  39 : 電通について語るスレ(6)  40 : 安楽死について語るスレ(7)  41 : 外交の専門家の間で話題になってるY.A論文(5)  42 : ネトウヨ界隈に急増中の反香港デモ派(76)  43 : 小池6割、宇都宮2位、まさかまさかの桜井誠五位!(28)  44 : コロナ下でもちゃんと語ろう憲法9条論(23)  45 : 今こそ保守系メディアを語ろう(4)  46 : なんでも相談コーナー(21)  47 : ウヨは「朝日ガー」vsパヨは「産経」ガー(1)  48 : 9月入学案を語ろう(3)  49 : アカウントを削除しました(2)  50 : テレ朝平日朝8時モーニングショーを実況したりしなかったりする(4)  
スレッド一覧はこちら
日本学術会議などの学問と政治の関係について語るスレ
1 名前:普通じゃない日本人

2020/10/08 (Thu) 13:18:02

タイトル通りです。

101 名前:普通じゃない日本人

2020/11/16 (Mon) 00:10:31

……信頼という言葉のチョイスが不味かったか。
「誰からも信頼されずに権力を握っても悲しくなるだけだ」
なまじ文章がこれで成立するもんだから終始この調子で述べてしまったが、これでは言いたい事が伝わらんのかも。
という訳でもっと的確な表現を見つけたからそっちに訂正する。

「支えてくれる人も居ないまま権力を握っても悲しくなるだけだ」
うん、ちゃんと文章が成立する。
「信頼」も「支えてくれる人」も似たようなもんだしな。
全部置き換えてしまっても大して問題はあるまい。
消極的野党支持の独りよがりっぷりを表すのに支障はないだろう。
表面的な権力を追い求めるのではなく、支えてくれる人を想う事が巡り巡って本当の力へと結びつく。うん、我ながら凄くまともな事言ってるな。政治の原則だ。これ否定出来る奴居ないだろ。。。

自らの社会的地位を追認された所でそれは本当の力には結びつかないの。
政治は義理と人情とやせ我慢。
おらは別に世間から不要だと思われても構わないぞ、そんなおらを支えてくれる人にだけ必要とされればそれで十分。これからは尽くしていきますのでどうかもう少しだけお付き合いください。
この精神が人を成長させるんじゃないのか?
この精神を「消極的野党支持」とやらは持ち合わせているのか?
持ってないから「ただの甘え」と表現しただけ。

でもま、どうせこんな事言っても権威主義的パーソナリティーの一言で切って捨てるんだろう。だからこれは独り言なんだよな。

102 名前:これは独り言です

2020/11/16 (Mon) 00:50:26

そう考えるとブレーキ役の傲慢を身をもって諫めてくれた小池百合子には本当、感謝してもし足りないよ。
あんないい機会、二度と無かったかも知れないんだから野党支持者は小池百合子に「ありがとう」って言わないとね。

103 名前:これは独り言です

2020/11/16 (Mon) 01:00:21

それでも実際に渋々野党に入れざるを得ない人たちは存在するし、渋々でも入れさせないといけない現実がある。
だからこそ
「無理に自分たちに入れさせてしまって悪かった。これが自分たちへの評価だなんてうぬぼれはしないよ。
 これからは渋々入れざるを得なかった人たちの為にも、そしてどうしても自分たちを好きになれなかった人の為にも働いていくつもりだよ」
という精神を持ち続ける事が重要なんだと思うよ。

バイデンが「青い州の大統領でも赤い州の大統領でもない。アメリカ合衆国の為の大統領になる」といったのも
多分そういう精神の下で出てきた言葉なんじゃないですかね?(「私に投票しない黒人は~」から目を逸らしながら)
間違っても「国民を分断しやがる悪いトランプとは違うんだ、跪け愚民ども」ではないでしょうね。

104 名前:江戸っ子

2020/11/17 (Tue) 01:34:25

>>97
「信頼を軽視する政党が政権を握っている事を良いと思ってる訳がないじゃないか!!!!
そんな事わざわざ言わなきゃわかんないのかな????」
 少なくとも私にはわかりませんでした。事実、4割近い人が支持(それでよいと考えている)し続けましたから。今までの常識(普通じゃない日本人さんの言う1行目)が崩れているんですから、言ってくれなければわかりません。

>>101
「誰からも信頼されずに権力を握っても悲しくなるだけだ」
「支えてくれる人も居ないまま権力を握っても悲しくなるだけだ」
 現野党が(現与党がひどすぎるという)消極的支持で仮に政権を取ったとしても、悲しくなるだけという意味ですね。
 そうですねえ。野党の政策が支持されて政権を取るのが理想なんでしょうね。ただ、現状は政策云々を比較できる状況ではないと思っています。
 政策を比較検討できるためには、国会等の公の場で、きちんとした資料に基づいた議論が成り立っていることが前提です。
 ところが、モリカケ桜+任命拒否で明らかになった、現政権がやってきたことは、以下のことです。
 1.資料を握っている官僚組織が「全体の奉仕者」という立場をあからさまにかなぐり捨て、政権の私兵にさせられ、政権に不利な資料はないことになるか改ざんされる。
 2.答弁でさえ日本語の意味がご都合主義的に変わる。
 3.答弁した内容と真逆のことを実行している。
 4.法律の解釈が、法の目的を無視してご都合主義的に変わる。
 これでは議論自体が意味をなさなくなる。つまり、現政権は政策論争を含む議論が成り立つための場を壊してきている。
 となれば、議論を成り立たせる場を守るという大目的の前には、政策の相違などはどんなものであれ(例えば大きな政府か小さな政府かというものでさえ)、もはや小異に過ぎないと言わざるを得ない。今までの常識が通用しない異常事態です。
 「支えてくれる人」というのは、政策を支持してくれる人というだけではないと思います。特にこういう異常事態では「議論の場を取り戻す」ということで支持する人も「支えてくれる人」ではないでしょうか。枝野さんじゃないけれど「真っ当な政治」を求めるということ。政策への支持ではないから、盛り上がりに欠け、なかなか元気が出ないものではありますが。
 比例制ならともかく、小選挙区制の下では、政策論争で各党が競い合うのは、議論の場を取り戻してからですよ。
 そういう支持なのだから、当然103番の精神で政権運営してもらわないといけないと私も思っています。間違っても政策面で仲間割れして国政停滞なんてのはダメだから、政策は現状維持(せいぜい一時保留)を基本とせざるを得ないでしょう。ますます元気が出ませんね。議論の場を壊すのを黙認したツケは大きい…。正常化のコストは大きい…。

>>102
 小池百合子にはねえ。「なんであんなのに引っかかったんだ」ですよ。一生懸命選挙区回りをしていた人を選挙直前に選挙区を差し替えて、勝てるわけないじゃないか。むしろボロ負けするようにしたんだろうと疑いましたよ。

 

105 名前:普通じゃない日本人

2020/11/17 (Tue) 04:04:35

貴方は重大な勘違いをしている。
これは政策の話では無い。繰り返す。これは政策の話では無い。
これは盛り上がり云々でも無い。繰り返す。これは盛り上がり云々でも無い。

106 名前:大百科初心者

2020/11/18 (Wed) 20:58:41

>>97
>>何言っても通じないって悲しいね

全く同感。江戸っ子氏はバカの壁に囲まれているように見える。それに自身の発言の矛盾は指摘されても認めないなど、極めて独りよがりだと言わざるを得ません。

107 名前:大百科初心者

2020/11/19 (Thu) 17:05:16

それにしても、ゆ党って変なスラングだよね。その存在を皮肉るためだけに使われてるわけだし、下水(ゲスい)スラングだよな〜。
オマケに、ゆ党定義ネタで議論のマウントをとろうとする輩までいるようで、不愉快。

気分を変えよう、ここで一句。
湯桶(ゆとう)よりそば湯注ぎてすするひと

108 名前:大百科初心者

2020/11/19 (Thu) 20:20:08

このスレで「菅総理が有職者を貶めている」と連呼している江戸っ子氏こそ、「軍事研究は学問の自由と相容れない」と連呼することで、
軍事研究とそれに携わる人のことを、まるで魂を売った科学者であるかのごとく「貶めて」います。江戸っ子氏本人にその自覚はないでしょうが、そういう思考の悪臭がプンプン臭ってきます。

2017年の学術会議声明の中での防衛装備庁の安全保障技術研究推進制度(以下当該制度と略します)に対する指摘は、事実とは全く異なります。

この制度では研究成果の公開が前提です。江戸っ子氏は全然理解していないのでもう一度言いますが、研究成果の公開が前提です。

2017年声明で、現時点の事実と異なること(=デマ)を主張していること自体が、もはや科学者の態度ではありません。もう一度言いますが、もはや科学者の態度ではありません。

もし学術会議側が、将来的に公開が制限されたり、防衛装備庁から研究進捗への干渉の可能性が出てくると言いたいのなら、
「現状では公開が前提であり、防衛装備庁からの研究への干渉もないけれども、
将来はこの運用が変わる可能性もある」
と、現状と未来の予測をしゅん別して記載しなければなりません。もし書き手が特定のイデオロギーに操られていない科学者ならね。

2017年学術会議声明はそういう文面では全くなく、
あたかも成果の公開は制限されることが現状の前提であり、
防衛装備庁から干渉があることが現状の前提であるかのごとく当該制度について記載し、
大学が応募しないよう「誘導」しています。研究成果の公開が現状の前提であるにも拘らず、応募しないように誘導しているのです。

(大学への強制のあるなしは別に)学術会議声明の意「だけ」を完全に汲んで、当該制度への応募を「一律に全部取り止める」ような大学の対応により、
当該制度に応募しようと考えていた、或いは考える研究者の「(成果の公開を伴う)学問の自由」「研究の機会」が
著しく損なわれてしまうことは明らかです。

そして江戸っ子氏は、学術会議声明に大学への強制力があるというのはデマや誤解だと言い切ります。私もスレッドの半ばで、これは強制力とまではいえないと見方を変えましたが、強制力の有無は今も境界線上にあります。私は、江戸っ子氏のように、強制は全くないと言い切ることまではできません。だから、「学術会議からの事実上の強制はある」と考える人のことをさして、捉え方や考えは多様だと述べたのです(この多様という言葉についても細かいチェックをいただきましたが、江戸っ子氏の指摘は全く見当違いです)。境界線上でわかりにくいことですから、見る角度によっても見え方は変わるのです。

例えるなら、いわゆる公衆の場における「マスク警察」のような「無言の圧力」としての強制を感じる人ならかなりいるという意味合いです。事実上の強制って、人事権とか予算配分の権限とかを使うものだけを指すわけじゃないんですよ。江戸っ子氏のいう「強制」も「事実上の強制」も範囲が狭すぎて、江戸っ子氏の脳内ではそれで完結しているのでしょうが、実社会は違います(と、どう考えても50代よりは年配の人に言うのは気がひけるのですが)。マスク警察ですら、その是非が論じられたこともあるくらいですからね。

「マスク警察」は、法的根拠なくかけられる圧力です。無論「マスク警察」には飛沫感染を抑えるという科学的根拠がありますし、私も私の家族も、誰から言われなくとも、外出時にはマスクをします。たいていの人がそうでしょう。

しかし学術会議声明にはその「科学的根拠」すら一切ありません。事実に基づいてもいません。

大学がしっかり判断すればよいのだと江戸っ子氏は述べ、
私も「あるべき姿」なら確かにそこにあるとスレッドの半ばで考え直し、江戸っ子氏に同意しましたが、あくまでもそれは「あるべき姿」に過ぎず、依然として「実際の姿」ではありません。その大学に学術会議会員がいれば、その人の意見は強く、正しいか否かの判断に学術会議の威光が大きく影響してしまいます。つまり、日本の大学の「執行部」の大半はその程度でしかないということです、残念ですがね(個別の研究室や研究者の潜在的力量なら、日本は高いと思いますよ)。

大西元会長が学長を務める豊橋技術科学大学の例がモデルケースとなったのであれば、私は問題視しません。しかしむしろ、当該制度への応募を一律に全て止めてしまう北大や東工大や法政大のようなケースの方が多発しているので、私は問題視するのです。江戸っ子氏なら、嬉し涙を流しながら、拝まんばかりに、これらの大学を大絶賛するでしょうがね。

江戸っ子氏なら、これが大学の自治というものだと勿体ぶっていうでしょうが、私は実態がそうであるとは全く思いません。

当該制度への応募を、一律に全部取り止めてしまった大学は、思考停止に陥っているだけだと思いますよ。「思考以前」の問題であり、思考より前に最初から、学術会議と大学「執行部」(総長・学長・学部長会議などの執行部と研究者や研究室とは違いますよ。違いがわかりますか?わからないでしょうね。もし少しだけわかってはいても、江戸っ子氏にとっては意味をなさないのでしょう)との間に「あ・うんの呼吸」とでもいうべきものが成立してしまっているのです。

109 名前:大百科初心者

2020/11/20 (Fri) 00:28:17

「学問の自由を守るため」と言いながら、「防衛装備庁の公募には、審査すら行うことなく応募せず」の方針を大学上層部だけで決めて、応募したい研究者の意思すら踏み躙り、最初から参加さえさせないことこそ、「学問の自由の蹂躙」です。極めて奇妙な光景であり、明らかに自己矛盾・論理破綻しています。幼児でもわかりそうな自己矛盾なのに、なぜ気付かないのでしょうか。

ただデリケートなことで言いにくいことではありますが、この問題の背景には、とある政党の動きと、反軍事運動体ともいうべき存在による、軍事研究への妨害活動もあります。

なので学術会議と大学だけを責めることは、酷であるとは思います。ま・さ・か、学術会議や各大学が、その政党や運動体の別働体ということはない・・・のでしょうから(一応は)。

この問題については、大学のレベルでいうなら、筑波大学のように毅然とした対応ができる大学が増えてほしいと願います。

エセ・学問の自由派がこれ以上バッコするのを防ぐためにも。

110 名前:大百科初心者

2020/11/20 (Fri) 01:43:02

×有職者
○有識者

111 名前:江戸っ子

2020/11/20 (Fri) 02:18:13

>>108、109
「軍事研究とそれに携わる人のことを、まるで魂を売った科学者であるかのごとく「貶めて」います。」
 学問の自由という観点からは相応しくないというだけであって、学問の自由以上に実用を重視する研究機関があっていけないと言った覚えはありません。「例えば大学と企業では、目的・役割が違う」とさんざん書いているでしょうに。
 大百科初心者さんの話は、「学問の自由の観点から軍事研究を相応しくないとする研究機関があってはいけない」と言っているように読めて仕方がありません。なお、軍事・営利などの目的で発表等の範囲やタイミング等に制限がかかるような「制限付きの学問(公開)の自由」を「学問の自由」が保証されているとはとても言えないでしょう。

「この制度(防衛装備庁の安全保障技術研究推進制度)では研究成果の公開が前提です」
 何度も書いてきましたが、軍事の論理で発表等の範囲やタイミング等に制限がかかるような「制限付きの学問(公開)の自由」だから、学術会議の声明では名指しで「気をつけろ」と言っているんです。

マスク警察と日本学術会議の対比
 マスク警察:誰とも知れない者に、なにをされるかわからない恐怖による。罵声、突然の消毒液、嫌がらせの張り紙や落書きなどなど。
 日本学術会議:マスク警察と同様なものはない。研究・業績の面から第一人者とされる人(その世界での賢人)たちの総意(大多数の意見)を参考にして、研究者やその所属する組織が意思決定をする。相当に下世話な見方をしても、「賢人の総意を尊重していないように見えたら、自分が賢人の意図を理解できない愚か者のように見られる」から。
  なお、大学など組織の意思決定の仕方に問題があるかどうかはまた別の話ですが、学長選考の際に教職員の意向投票が廃止される国立大学が増えるなど、近年教職員の意向の反映が弱く、政府の影響力が強くなっていることは懸念材料だと思っています。当然、筑波大学についてもです。

「エセ・学問の自由派」など、109番の陰謀論
 「軍事研究は学問の自由の観点から問題が多い」という論理的必然(相手よりも優位に立つことが目的なのだから、その目的以上に学問の自由が優先されるなら自己矛盾)を説くことについて「エセ・学問の自由」とはねえ。あなたの言っていることは、「軍事研究をすることに(学問の自由の点であれ)疑いを持たせてはいけない」と言っているようなものですよ。「1984年」のダブルスピーク(「戦争とは平和である」「自由とは服従(隷属だったか?)である」)みたいです。「どの口が言うの」ですよ。

私の年齢
 あと数年、50歳前でいられます。30年以上前の中学生・高校生はね、みんながとは言いませんが新聞を読んでいたし、たまには新聞で読んだことについての話も友達同士でしていたんですよ。

 

112 名前:大百科初心者

2020/11/20 (Fri) 02:25:20

>>111

「ダブルスピーク(どの口が言うの)」は、江戸っ子氏にこそ相応しい言葉です。

113 名前:大百科初心者

2020/11/20 (Fri) 02:32:56

エセ学問の自由派とは、無論江戸っ子氏のことです。

114 名前:大百科初心者

2020/11/20 (Fri) 02:49:11

>>111

文の最初から最後まで回答にならない回答、下らない弁明、嫌みの記載、ご苦労さまでした。

それから、江戸っ子氏によると昔の高校・大学生は偉かったんですねえ(爆笑)。と・く・に江戸っ子氏は。自己評価の高いこと高いこと(大爆笑)。

私は真逆の話を聞いてますが。大学に受かるまでなら一生懸命勉強するけど、大学に入ったらそこは今よりずっとレジャーランドだったのだとか。

115 名前:大百科初心者

2020/11/20 (Fri) 09:02:51

>>111

1. 研究成果の公開性について

「完全で完璧なる」
研究成果の公開性が担保されないなら、
防衛装備庁の公募への応募は
「丸ごと全部捨てる」「その分野は空白にする」
ということで本当によいと判断するのなら、それはそれで一つの選択肢です。

だから私は、その選択肢を採択する、大学の選択権を否定したりはしませんよ。私がそのような選択権を否定したことなど、これまで一度たりともないでしょうに。

なぜ江戸っ子氏が私の記載に対して「『学問の自由の観点から軍事研究を相応しくないとする研究機関があってはいけない』と言っているように読めて仕方ない」なんぞと述べるのか、
どうやったらそのようにねじ曲げられるのか、曲解できるのか、不思議でなりません。江戸っ子氏の思考回路がね。

ただし、そのような大学ばかりが増える結果、
「研究者の選択肢が減っていく」
流れがあることは、問題だと思っています。

2. 学術会議声明が、審査基準などの整備を、軍事研究にのみ求めている点について

ところで2017年学術会議声明では、軍事研究のみを問題視して審査基準やガイドラインの整備を大学に求めていますが、
軍事研究と同様に、成果の公開性には問題がある「民間企業との共同研究」には審査基準やガイドラインの整備を求めてはいません。

学問の自由にとり、また学問の健全な発達にとり、江戸っ子氏が言うように研究成果の
「完全で完璧なる」公開性がそれほど重要であるなら、
民間企業との共同研究についても
軍事研究と同等の慎重さが求められるはずですから、
当然こちらにも審査基準やガイドラインの整備を求めなければ、均衡はとれないはずです。

それを求めないのは首尾一貫していません。おかしな話ですね。

そして、大学側としても、民間企業との共同研究について審査基準やガイドラインを設けたという例は、(あるのかもしれないが)私は知りませんし、
ましてや大学が、研究成果の公開性の不十分さを懸念して、
民間企業との共同研究を丸ごと全部放棄した
なんぞという馬鹿げた話にいたっては一度たりとも聞いたことがありません。

軍事研究だけには完全で完璧なる公開性を問うて厳しくあたる一方、民間企業との共同研究にだけはそれをしない。これはおかしいとは思いませんか?

3. 完全で完璧なる研究成果の公開性は、学問の正常な発展に必須か

この点も極めて疑わしい。

もし必須条件であるなら、大学は民間企業との共同研究をいくらやっても、その研究は学問の正常な発展には寄与しないことになります。

しかし一科学者であろうとも、権威・大家であろうとも、本気でそんなことを考えている人は本当にいるものでしょうか。

そして、例えば米国では、国内で交付される研究費のざっと半分が軍関連だといわれます。

もし江戸っ子説が正しいなら、
米国では学問の自由があまり保証されず、学問がいびつに発展していることになります。

でも一体、日本と米国のどちらがいびつなんでしょうか?

日本人ノーベル賞科学者が米国に移住してしまうケースは複数ありますが、その人が米国で軍関連の研究に携わっているという事例もあります。江戸っ子説ではその日本人ノーベル賞科学者は、学問の自由を放棄し、学問の正常な発展への寄与をかなぐり捨ててしまったことになりますが、本当にそうなのでしょうか?

4. 学術会議とマスク警察に共通する要素について

上記3点とは毛色が異なる論点ですが、江戸っ子氏は両者は全く異なるものだと述べるので、この点について私の考えを述べます。

両者は無論同一でもないし、異質なものです。所詮例え話にすぎませんからね。

但し両方とも「同調圧力」を有する点で共通します。

ここで私は、既述のように、現在は学術会議による大学への事実上の強制があるという見解は
とりません
から、この例は、あくまでも学術会議からの無言の圧力を感じる人の立場に立って挙げたものに過ぎませんので悪しからず。

私は、強制というよりは、学術会議と大学「執行部」の間の「あ・うんの呼吸」が存在するというのが適切だろうと考えています。

116 名前:普通じゃない日本人

2020/11/23 (Mon) 00:28:12

>>104
貴方が>104で書かれている様な事はとっくの昔に認識してるんですよ。
だからこそ>>81の皮肉を書いたんですよ。

民主主義を守る為には"一定数の"有権者に野党に票を入れさせなけれはまならない。
しかし、有権者は「野党に入れるのは嫌だ」という意思表示をしている。
はい、そうですかとは言えないので何とか入れさせなければならない。
よりマシな「嫌だ」を選ぶのが民主主義だと訴えよう。
有権者は「与党の方がマシ」だという意思表示をした。
はい、そうですかとは言えないので何とか入れさせなければならない。
「与党の方がマシ」というノイズを選挙から排除して「野党の方がマシ」という声のボリュームをあげよう。
野党は監視役だから例え与党より嫌でも一定数を野党に入れるように訴えよう。

江戸っ子さん(というか私も所属する野党陣営全体)がこうなってた訳ですよ。

んで、私こう思いました。
もうここまで来たら素直に「野党に一定以上の議席を与える事が民主主義だ。選挙とは予め野党が割り振った一定以上の議席を事後承諾する儀式だ」とでも言った方がまだ潔いんじゃないだろうか、と。
でも、そんな宗教儀式で有権者様の貴重なお時間を奪うなんて、、、
そうだ、棄権票を野党票にしてしまえば有権者様の貴重なお時間と儀式の進行が両立出来るぞ!
そんな事したら全然盛り上がらないけど大丈夫だよね。
だってどうせ「盛り上がり」なんて「議席の事後承諾」の言い換えに過ぎないんだから!

ってね。(繰り返しますがこれは皮肉です)
「政策で戦うのが理想」なんてそんな趣旨ではありませんよ。
寧ろ政策で戦ったら余計に歪む可能性すらあります。
自分自身への評価から逃げて己が座る椅子の評価をさせても長くは続きません。
椅子を政策に替えても同じ話ですね。

117 名前:普通じゃない日本人

2020/11/23 (Mon) 01:29:23

民主主義を守る為に野党に一定数の議席を与えなければならないのは圧倒的現実です。これは否定しようがありません。というか私も野党支持者ですから否定するつもりもありません。
しかしながら何れは何処かで「民主主義を守る為」というロジックに守られていてはいけない時が来ます、というかもう来てます。
じゃあ何が重要になるのか。私は政治家じゃないから上手く言語化は出来ません。
「信頼」と言ったり「支えてくれる人」と言ったり、更には今では「誇り」とかそういうものでないかとすら思ったりします。

ありもしない理想ではなく今目の前に掲げられた最善を「ベスト」と認める。
比較しなければ気が済まない「ベター」ではなく、エゴイズムに溢れた「ベスト」を目指す。
所謂ニーチェ的貴族道徳という奴ですね。
こういう精神の持ち主がもっと沢山現れれば政策やらブレーキ役やらも効いてくると思うのですが、、、

118 名前:普通じゃない日本人

2020/11/24 (Tue) 04:13:40

もっと言えば自由と民主主義を愛する善良なるクラスタにとって「傍観者も(権威主義勢力と)同罪」は自明の理。善良なる市民の皆様には是非とも(権威主義勢力に)立ち向かって貰わなければならん訳です。
しかし、そうは言っても付き合わされる市民の皆様も大変でございましょう。
そこで、傍観者が自動的に権威主義勢力の敵になる様な仕組みにしてしまえば
「傍観したい」という市民のニーズと「傍観を許さない」という自由と民主主義の戦士のニーズに合致するのではないかと、ええ、こう思った訳ですよ。。。

119 名前:S

2020/11/24 (Tue) 07:41:36

それには結局、『シビリアンコントロール』をあらゆる面で強くしていくしかないですし、弱らせちゃ絶対にダメですね。

>傍観者が自動的に権威主義勢力の敵になる様な仕組み

実際、今現在の自民党とか、前政権や現在の政権はこれが嫌なんですよ。
民主主義の根幹であるシビリアンコントロール、『国民が反対してしまうと自分たちのやりたいことができない』、という
民主主義のごく当たり前の体制(国民主権)をものすごく嫌ってる。

だからなんとかして国民から実権力・主権を奪おう、自分たちの専制、専横、独断だけでなんでも好き勝手にやれていける、決定していける強権政治を目指してて、
あれやこれやと民主主義の弱体化を目指す。まあやってることは香港に対する中国と全く一緒ですよね。

ただ日本の場合は、そういう中国式、社会主義式の一党専制的な強権政治での膿み、失敗点が早々に目立つ。
GoToキャンペーンと感染再拡大がいい例です。政府が強引に事を進めた事柄が成功して経済のカンフル剤として機能したり、感染を抑え込めたりするんじゃなくて、むしろ逆効果で大失敗で被害増大、余計な手間やダメージを増やす、っていう。
オリンピックもそうですよね。安倍政権肝入りの経済対策で、アベノミクスの柱に一つだったけど、見事にしくじってしまい、むしろ大きな浪費で経済へのマイナスになってしまった。
これって戦時中を思い起こしませんか?国家が戦争を主導していき、ことごとく判断を誤り、失敗させていき、間抜けな戦略の数々で国民に甚大な被害をもたらす。
だから戦後日本では政治が信用されなくなって、政治主導の国家社会主義的な世の中じゃ失敗ばかりで国民がろくな目に遭わされないから、国民主導・経済主導の戦後自由民主主義がいいよね、って体制になった。

もし安倍政権や菅政権が超絶有能で、科学的で、知性的で、官民をうまく統制し、医療でも経済でも大きな失敗を犯さず、バシバシ国民を優秀に指導できる政権なら、****も社会主義も成功しちゃうでしょう。
しかし、幸いか、不幸か、日本で****なんて成立しようがないんだな、ってくらい、肝心の政府が無能なんですよね。
無能な政府の****、専制政治は、結局は大日本帝国の崩壊と自滅へ一直線と同じで、長くは保たない(それに付き合わされる国民はたまったものではないけど)。
どっちにしろ民主主義以外、保つ選択肢が政府が頼りにならないこの国にはないんだな、ってコロナ対応のゴタゴタっぷりを見てると痛感します。
昔戦争に負けた時代のまるで再現ですよ、今の日本の政府と政治は。

そして、国がどういう間抜けな破綻ぶりと破滅を迎えても、焼け野原から蘇った日本人は結局、なんでもなく未来を生きていくだろう、という気もしています。
そういう点でも日本人は、政府と政治をあてにせずに自分たちで好き勝手にマイペースに生きていく自由民主主義に向いてて、国家や政府に忠誠を誓う、なんて一致団結の国家統制的体制には全く向かないんだなあ、って感じます。

120 名前:S

2020/11/24 (Tue) 08:51:39

あと、普通じゃない日本人さんがおっしゃるところの、『傍観者が自動的に権威主義勢力の敵になる様な仕組み』
つまり、国民が寝てても、政治に無関心でも、ある程度自動的に民主主義が保たれる仕組みというものは、実際に遥か昔に考案されて、導入はされています。
『三権分立』です。これがあるから、私たちの大部分は常に生活に追われていても、そこまで熱心に政治に首を突っ込んでいられなくても、とりあえずある程度自動的に民主主義は保たれてる。
労働者が主権を持つ民主主義は、忙しい労働者が政治に常にかかりっきり、というわけにはいきませんからね。
例えばこのニュース。

安倍氏側が一部負担か 「桜」前夜祭巡り事情聴取
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66544850T21C20A1CR8000/

韓国の前任大統領の逮捕みたいなケースが日本でも現実に起きそうになってきましたが、こういう流れを見てもわかる通り、検察も本音は三権分立の司法を司る法の番人の意地は捨ててないし、権力への従属を良しとしてるわけではない。
妨げるものがなくなれば、積極的に捜査し、相手が元総理だろうと逮捕へのリーチを詰めようとする。
安倍前首相があれだけしぶとく総理の座にこだわって居座り続けた理由の一つは逮捕を恐れていたから、と言われていましたが、その推論も現実味を帯びてきました。
今のトランプ大統領の悪あがきも、脱税だの買春だのの罪が暴かれることを恐れているため、とか、ロシアへの亡命準備、なんて言われてますしね。
本当は任命中にちゃんと暴かれないと、きちんとした三権分立にはなれていないと思いますが。

しかしなんだかんだで、こうやって民主社会では三権分立によって特権階級(権威主義)の醸成や、不正の横行、腐敗を防ぐ自浄作用が備わるわけです。
逆に言うと、だから三権分立というものは、国民から主権を簒奪して、自分たちの専制で好き勝手に専横政治をやりたい輩にとっては、最大の障壁で邪魔になる。
だからなんとかしてぶっ壊したいと思うし、機能を麻痺させたいと願う部分。

我々国民はそういう動きに対して敏感にならなきゃいけない、ってことですね。
もし三権分立体制にメスを入れて、機能を麻痺させたり、壊したいと望むような政治の動きが出てきたら、それはもう危険信号です。
そして前政権は明確にそれをやらかそうとしましたし(黒川前検察庁長官定年延長未遂事件)、あの時は国民の猛反対とメディアスクラムによってそれをなんとか阻止できました。
あれは久々に、この国でまだ民主主義が死んではいないことの証明になったと思います。

そして、菅政権も言論や学術への支配なり、安倍政権譲りの反民主・非民主的な政治の傾向、中国式の強権政治の香りは強く持っているので、引き続き警戒は必要であるとは思います。

121 名前:S

2020/11/24 (Tue) 11:11:45

それと、日本は政府が頼りなくて情けないから、やることなすこと悉く失敗してるのに対し、
国民に優秀な人が多いから、勝手に自由にやらせておけばそっちの方が上手くいく、ってことの証左が、
変な話、『鬼滅の刃ブーム』ですよね。

アレなんて、別に政府に作れとも頼まれてもないし、言われてもいない。週刊少年ジャンプの一漫画家と、集英社が勝手に自分たちの商売で作っただけ。
日本の政府主導、官僚主導のクールジャパンは思いっきり大失敗に終わったけど、クールジャパンとは関係なく、鬼滅の刃は大成功を遂げた。
GoToキャンペーン、GoToイートは大失敗に終わり、国民と行政に余計な負担と手間をかけさせただけだけど、鬼滅の刃は20年ぶりに興収300億も射程圏内という大成功を収め、それ一本だけで日本中の映画館、映画産業の危機を救う経済のカンフル剤として自動的に機能した。
これは国が主導したオリンピックは結局グダグダで大失敗、一方、鬼滅の刃は勝手に大成功、って対比にも言えます。
2020年は政府の目論見ではオリンピックイヤーになるはずだったのに、現実はコロナイヤーかつ、結局一番稼いだのは政府無関係のただの漫画でアニメ映画、ってのはなんとも皮肉な話です。

こういう結果を見ても、日本の場合は政府主導、国家主導型の統制政治や統制経済には中国と違って全く向いてなくて、国民・企業・クリエーターにできるだけ干渉せず、自由に自主的にやらせていた方が成功するし、稼げる、というのが明白になってると思います。
無能な国がやるべきは、天才の国民の邪魔をせず、税金の分だけ必要な支援や援助や社会保障を惜しまないことだけでしょうね。
国が下手にあれをやろう、これをやろうって目標や計画を立てて国民を誘導するより、国民のやりたいことを放任して、国民を支援してただの裏方に徹した方が、国が無能で国民が優秀な日本の物作り産業社会の場合は上手くいくんでしょう。
国や政権が功を焦り、自分たちも手柄を立てようとするとろくな結果にならないのが、戦時中からずっと続く日本の社会的欠点で、弱点だといい加減強く自覚する必要があります。
なので菅政権がやりたがってるような政治上位の学問の統制(中国風の政党上位社会への日本改造)も、日本の強みを弱らせるだけで、うまくいかないでしょうね。

122 名前:普通じゃない日本人

2020/11/25 (Wed) 00:43:08

Sさんへ
「どうやったら野党は勢力を維持拡大出来るのか」がメインなので、三権分立云々は全く関係ありません。というよりも与党だの三権分立だのは一旦忘れてシンプルに考える事が重要なので、それと真逆のSさんの文章を読むことは私の思考をぱんくさせかねないと考えています。
「どうやったら野党は勢力を維持拡大出来るのか」というスレを明日建てる予定ですので、もしよろしかったらそちらの方にお書きになってみては如何でしょうか?

123 名前:S

2020/11/25 (Wed) 07:05:42

>>122

ここって『日本学術会議などの学問と政治の関係について語るスレ』では?

ちゃんとスレタイを踏まえて、交えて見解を書きましたが(菅政権も前政権も明らかに政治上位の統制社会を作りたがっているが、日本は政治分野がマヌケで国民が優秀、という統制社会に向かない国民性なので、学問統制は失敗する)。
普通じゃない日本人さんの話題こそ、『どうやったら野党は勢力を維持拡大出来るのか(こことは別スレ)』に書いた方が良いのでは?
スレの本題からズレまくったあさっての方向に話が飛んでるのはそっちに思えるですが。

民主主義の危機と菅政権の民主主義破壊の兆候(学問統制、政治上位の強権的傾向など)について語り、その牽制、民主政治の維持には野党の強化が必要、という論はわかるのでそれについて返信したのですが、どっちにしろ今はまだ『シビリアンコントロール』が日本社会でも保たれていて、それによって自動的に権力腐敗への自浄効果が出ている面は日本にもあります(安倍も今頃追求されてて窮地ですし)。
ですから、前政権がやろうとしたような三権分立の破壊、司法を乗っ取ってしまえ、コントロールしてしまえ、といった中国みたいな専横政治の動きには警戒した方がいいし、実際に黒川前検察庁長官定年延長を阻止したみたいに、国民が目を光らせて潰した方がいいです(そして実際に阻止できたのは、日本の民主主義が死んでいない証です)。

菅政権がやろうとしてるような学問への圧迫、中国の政治のような政治上位の社会支配や一党専制のコントロールも、政治の至らなさを常に民間が自由に作る製品や技術や作品の優秀さで補ってきた日本の強みを消すものであり、失敗に導くものでしょう。
その証左がいまのGoToトラベル、GoToイートの失敗です。オリンピックの頓挫もそうです。
太平洋戦争敗戦自体もそうですが、日本はたいていの場合、歴史的に見ても『国がこうしようと決めて牽引したことはろくな結果にならない』ことがほとんど。
対し、今の鬼滅の刃の成功と、それによってたまたま(一部が)経済的窮地を救われたみたいに、国が関わってない、狙ってない自由な民間主体の経済活動の方が優秀でうまくいったりする。

だから中国の真似して統制経済、政治上位の全体社会で国民を導こうとしてもそもそも日本の政治は国民を導けるほど優秀ではないから、またオリンピックのような頓挫を迎えたり、GoToのような余計なやらかしをするだけです。
菅政権の学問への統制は、国のためになるどころか日本の国民の強い点(政府より優秀な国民の頭脳、知的水準、教養、学識)を一つ弱らせることになります。

だからこそ、日本の政府は常に焦るんでしょうけどね。民間が優秀で、焼け野原からでも社会を再生させるほどしぶとく、優秀な人材が経済界・技術者・物作り産業・クリエーターに多いのに対し、この国は政府が主導した計画(戦争)は失敗し、国がしゃしゃり出てくるといつもろくなことにならない。
つまりは手柄を焦るわけです。自分たち国・政府も、民間の成功に負けない何か手柄を政府主導で立てたい。じゃないと政府の存在感が希薄化する。税金泥棒と言われる。
それで昔から、箱物行政とか余計なことしては失敗させ、借金を増やすわけです。オリンピックやGoToみたいな失敗は今に始まったことじゃなく、昔からの繰り返しです。

余計なことをしてくれるな、というのが、この国の国民が政府に言ってやるべきことです。そして必要な補償・支援・援助だけしてくれ、無能なんだから。目立とうとせず、おとなしく裏方に回ってくれ、政府は国民の引き立て役だと弁えてくれ、と。
そういう日本の民間の主体性、国民主導の原動力を壊して、政府主導、政治主導にしたがるような、菅政権や安倍政権みたいなやり方は反対すべきだし、しないとまた国のマヌケの大失敗に国民が巻き込まれるし、
菅政権の学問への圧迫・統制は、ようは政府に反対する者、反対意見を潰すための圧迫ですが、そうやって反対意見を潰していったら、失敗だらけの日本のマヌケな政権が、どんん大失敗大事故を引き起こすか、もうクドクドと説明する必要はないでしょう。

124 名前:普通じゃない日本人

2020/11/25 (Wed) 10:38:18

確かにスレチですよ?だから最初はパパッと書いて終わりにするつもりでした。
ところが長引いてしまった。流石にアカンだろと考え、故に別スレに移ると言ったまでです。ご迷惑かけて申し訳ございませんでした。もっと自分に厳しくあらねば。

しかし、それと貴方の論点と私の論点がまるで噛み合っていない事は別問題です。
読む価値を覚えなかった事を否定する事は出来ません。

125 名前:普通じゃない日本人

2020/11/25 (Wed) 12:38:47

あっ、"私に向けて書いたのならば"私には読む価値を覚えません、ですね。
他の方に向けて書いたのであれば明らかに言いすぎましたので謝ります。ごめんなさい。

126 名前:江戸っ子

2020/11/26 (Thu) 00:33:22

>>116
「有権者は「与党の方がマシ」だという意思表示をした。
はい、そうですかとは言えないので何とか入れさせなければならない。
「与党の方がマシ」というノイズを選挙から排除して「野党の方がマシ」という声のボリュームをあげよう。
野党は監視役だから例え与党より嫌でも一定数を野党に入れるように訴えよう。」
 概ね同意ですが、最後の一文のうちの「例え与党より嫌でも一定数を野党に入れるように訴えよう」は同意しかねます。
 与党の方が良いと考える人は堂々と与党に投票したらいいんです。堂々と「内閣支持」「与党支持」と言ったらいいんです。ただし、「堂々と」です。「公文書の改ざん・恣意的な破棄、法解釈や答弁などの言葉の意味のご都合主義的に変える等をしている人たちだが、私は信じて託します」と言えるんですか、と問い続けることこそ重要です。仕事や地縁血縁などに縛られることもある投票行動はともかく、世論調査での支持・不支持くらいは正論・建前(流行りの言葉ではポリティカルコレクトネスと言うんでしたっけ)で判断しないと、民主主義を支える市民としてはダメでしょう。実際、内閣支持率が2割まで下がれば、与党内での自浄作用だって、ある程度は出てきますよ。

127 名前:江戸っ子

2020/11/26 (Thu) 01:35:24

>>114,115
114番
「江戸っ子氏によると昔の高校・大学生は偉かったんですねえ(爆笑)。と・く・に江戸っ子氏は。自己評価の高いこと高いこと(大爆笑)」
 私は中学・高校生もみんなではないが新聞を読んで話をしたと書いたはずでしたがね。もっとも、そういう子が大学生になっていったのは事実ですが。
 私の自己評価が高いって?そう見えるのはね、大百科初心者さんが低いところから見ているからですよ。なぜ低いのかを以下に書きます。
 ついでに、大学のレジャーランド化ですが、そう言われていたことは事実です。が、勉強する学生は勉強したんですよ。もちろん、勉強というのは講義に出るとういことだけではなく(ましてや就活指南塾に通うということではなく)、本を読んだり映画を見たりという「見聞を広める」ことも含むのですよ。わからないことについて考えるための考え方、論の立て方の勉強です。その集大成が、ゼミや卒論なわけです。

115番
「大学の選択権を否定したりはしませんよ。私がそのような選択権を否定したことなど、これまで一度たりともない」
 北大その他の、防衛施設庁の研究費へ応募しないとの決定について、「事実上の強制」などと否定してきたんじゃありませんでしたか。しかもそう判断した根拠は同調圧力だなんて。「研究の世界で一目置かれている人たちの総意」というものの他に力はないと私が書いたことには全く答えず。「同調圧力」と「自律的判断」の区別がついていないのではありませんか。あなたの言葉のとおりなら、私がさんざん書いてきた「大学や企業など、研究機関の性格によって判断が異なることは当然ある」というところに落ち着くでしょう。

「「完全で完璧なる」公開性がそれほど重要であるなら、民間企業との共同研究についても軍事研究と同等の慎重さが求められるはずですから、当然こちらにも審査基準やガイドラインの整備を求めなければ、均衡はとれないはずです」
 いわゆる「ひも付きの研究費」の問題については、当時ももちろんそれ以前も議論されてきた話です。上の方でも書きましたが、軍事はその性格上、民生以上に秘密保持に慎重にならざるをえません(日本だけの話でなく一般論として。これには同意できるでしょ)。であれば、軍事研究について「特に気をつけて審査を」と言及したとしても不思議はないでしょう。しかも、民生とは異なり、軍事研究にはヒトやモノに危害を加えることを目的とする研究もあり得る(全部だというんじゃありませんよ)のだから。そもそも日本学術会議の声明は、個人の意思表明でなく、学術会議としての意思表明、諸賢の意思の最大公約数の表明なのですからね。

「3. 完全で完璧なる研究成果の公開性は、学問の正常な発展に必須か
<略>
もし必須条件であるなら、大学は民間企業との共同研究をいくらやっても、その研究は学問の正常な発展には寄与しないことになります。」
 論の立て方がおかしい。公開に制限のある研究が学問の正常な発展に寄与しないことにはなりません。公開された範囲では発展に寄与するでしょう。
 一方で、「制限のかかる研究に気を付けよう」と呼びかけることも当然です。「金主による制限付きの自由」と「研究者の自律による自由」とは別ものです。

128 名前:江戸っ子

2020/11/26 (Thu) 01:48:20

>>115
 マスク警察の話を忘れていました。
 同調圧力だとか、あうんの呼吸だとか書いてくれていますが、そんな下世話なもので研究内容を左右するのかね。研究機関にとっての研究とは、そんな程度のものだと考えているのなら、かなり失礼でバカにした話です。そういう了見だから、日本学術会議は政府・社会に諫言する役目があるということを理解できないのでしょう。
 各研究機関が自分たちの役割等を総合的に自律的に判断した結果と考えることにつき、何ら不自然さはありません。自律的判断を行うにあたって、諸賢の意見(この場合は日本学術会議の声明)を参考にするのは、独りよがりな判断にならないようにするために当然です。
 自律的判断と他律的判断の区別がついていないのではないでしょうか。

129 名前:大百科掲示板

2020/11/26 (Thu) 08:16:44

>>128
>>そういう了見だから、日本学術会議は政府・社会に諫言する役目があるということを理解できないのでしょう。

…等々と、江戸っ子氏は書き散らしていますが、その役目があることなら十分理解していますよ。学術会議にはそういう役目があるにも拘らず、軍事研究に関しては、正しいやり方で正しく役目を果たしているとは言えない、と述べているのです。

社会の側(当然、学術会議以外の科学技術者を含む)から学術会議に対する批判や諫言もありうるという当然のことすら、中学・高校生のときが能力のピークであったかと推察される今の江戸っ子氏には理解できないようです。

あくまで主人は国民(彼らは特別公務員であり、当然国民への奉仕者)なのだから、そちらも重要であることを、江戸っ子氏は丸ごと無視しています。

「どのような組織にも改革努力がある」というような「一般論」になら江戸っ子氏は触れますが、私がこのスレで問題視する軍事研究否定の考えの欠陥・矛盾・論理破綻・弊害には全く触れないで話をごまかしていることは、江戸っ子氏という人物の卑怯さ、了見の狭さ、視野の狭さを表しています。

130 名前:大百科初心者

2020/11/26 (Thu) 08:26:47

>>129
ハンドルネームを間違えました。

×大百科掲示板(ハンドルネーム)
○大百科初心者

です。

131 名前:大百科初心者

2020/11/26 (Thu) 10:02:19

>>127
>>北大その他の、防衛装備庁への研究費へ応募しないとの決定について、「事実上の強制」などと否定してきたんじゃありませんか。

…などと江戸っ子氏はレベルの低い反論を書き散らしていますが、よくこんなことが書けるものです。北大などへの「批判」すら許さないのですか、江戸っ子氏は?

私は「批判」はしても、北大等々がそういう選択をする権利を否定してはいませんよ。私は「北大等々の『選択権』は否定しないし、これまでもしていない」と書いたのですよ。

北大等々が(私からみれば)愚かな選択をしようが、それはあくまでも北大等々の選択であり、私の選択ではありません。北大等々の自由です。

しかし、その選択を批判する自由なら私にもありますよね。批判ということなら、江戸っ子氏の方がずっと自由気まま好き勝手にやり散らかしているくらいです。

「批判」と「選択権の否定」とは全く違います。江戸っ子氏にはそれが区別できないようです。

江戸っ子氏は、文章の読解力にも欠陥があるようですね。そんなレベルの低い輩(江戸っ子)から、「(あなたは)低いところから見ている」などと、上から目線で評される筋合いはありません。

132 名前:普通じゃない日本人

2020/11/26 (Thu) 20:26:07

>125
しかし、今大百科さんと江戸っ子さんが話している内容とは共通点はあったと思うんですよ。
それは何かっていうと「(政府与党や政治家よりは)弱い権力にも弱い権力なりに矛盾というものを抱えている」という点です。
"権力は腐敗する。絶対的権力は絶対に腐敗する"とはよく言いますが、逆に言えばそれは"弱い権力も弱い権力なりには腐敗する"という事でもあります。
学術会議や野党は別に腐敗はしていませんが、矛盾というものは必ずと言っていいほど抱えています。
その矛盾の解消は彼らの権能を強化します。
学術会議で言えば学問の自由の死守・拡大。
野党陣営で言えば野党勢力の死守・拡大。
それが強いては自由民主主義の強化に繋がる訳です。

133 名前:普通じゃない日本人

2020/11/26 (Thu) 22:28:21

>>126
「与党に入れたい人は入れればいい」とは言えても「野党に入れたくない人は入れなくていい」とは言えないんですね、分かります。

貴方の言う「正論で判断する」ってのは「権力の暴走を止めろ」を意味します。その権力の暴走を止める為には「野党に一定数の議席を与え」なければならないのですから、つまるところ「内心はどうあれ野党に一定数の議席を入れろ。さもなくばお前らを民主主義を支える市民と見做さない事にする」になります。 
ほら、結局「とにかく野党を一定数当選させろ」に帰結するじゃないですか(笑)

134 名前:江戸っ子

2020/11/27 (Fri) 02:47:56

>>133
「「野党に入れたくない人は入れなくていい」とは言えないんですね」
 言ったって良いのですが、じゃあその人(与党に入れたい人ではない)はどこに入れるの?
 もちろん棄権する自由もあるし、白票を投じる自由もあるけれど、結局は「選挙の結果についてはお任せします」というのと同じでしょ。それは民主主義社会の担い手たる市民の態度としては、いかがなものかと思うから書かなかったのですよ。
 念のため確認しておきますが、この場合の「野党」というのは文字通りの野党、つまり「与党でないものすべて(政党要件を満たしていようといまいと、泡沫だろうが何だろうが無関係。ゆ党と言われていようと、イメージ先行でフワッとしたものだろうと、極左・極右だろうと、環境保護や税金等の一点主張だろうと)」という意味です。要は市民としては、他人任せでなく、自分の意思を表明することが大事なのだと思っています。その結果が、政権交代につながるかもしれないし、野党間の共闘の在り方にも影響してくるでしょう。「野党を一定数当選させろ」と言ったって、いろいろな野党があるんですから。

135 名前:江戸っ子

2020/11/27 (Fri) 04:14:25

>>129,131
「軍事研究に関しては、正しいやり方で正しく役目(諫言すること)を果たしているとは言えない」
 諫言するためには、軍事を研究すること(当然、研究対象も、目的も、発表の仕方も、学問的な視点で自由にできる研究)が必要です。日本の場合、「軍事を研究すること」が諸外国に比べて乏しいということは従来言われていることです。しかし件の声明は、軍事目的の研究(軍事のための研究。当然、研究対象も、目的も、発表の仕方も、学問的な視点よりも軍事的な視点が優先されるであろう研究)について、参加したい場合は審査する必要があると言っています。大学や企業など各々の研究機関が自らにふさわしい基準で審査することを推奨したわけです。
 「軍事を研究すること」と「軍事のために研究すること」を混同してはいけません。大百科初心者さんの主張の前提には、この種の混同が随所に見られます。「金主による制限付きの自由」と「研究者の自律による自由」の混同、「同調圧力」と「自律的判断」の区別ができないなど。また、軍事研究への参加の一部がうまく行っている(ように見える)ことをもって、自律的な審査の必要性を訴える件の声明を否定しようとする。一部どころか、大半がうまく行っているのであっても自律的な審査の意義は否定されないということを理解していない。例えば、工場で検品しないなんてことはないんですよ。

「社会の側(当然、学術会議以外の科学技術者を含む)から学術会議に対する批判や諫言もありうる」「北大への批判」
 当然です。ただ大百科初心者さんが(何かを参考に、もしかしたら鵜呑みにして)書いている的外れな批判について的外れであり、かつ失礼な思い込みの可能性大だと説明付きで言っているまでです。批判になっていないと言っているんです。
 例えば大百科初心者さんは、批判の前提となる「事実上の強制」力の存在について、その可能性を示すものすら示せないでしょ。当然です。件の声明は「諸賢の総意」だから一目置かれるのに、そんな「事実上の強制力」なんて学問的な賢慮とは相容れないものを持ち出すのは自殺行為ですから。
 日本学術会議の2017年の「軍事的安全保障研究に関する声明」について「学問の自由を毀損している」というのは上述の混同に基づいた的外れなものです。そしてそのように混同させようとしている連中(大百科初心者さんが参考にしたもの)の本音は、「軍事のための研究を政府が進めようとしているのに、協力しないのはケシカラン」というところでしょう。甘言に慣れ、諫言が重要ということを理解していないのでしょう。

「主人は国民(彼ら(日本学術会議の委員)は特別公務員であり、当然国民への奉仕者)」
 そうですよ。あなたも私も国民です。あなたは日本学術会議を批判し、私はその批判が的外れで批判になっていないと言ってる。また、日本学術会議の方でも、あなたが書いているような批判やその他の批判(モノによっては悪意あるデマ)に対して、事実をもって反論している。
 まさかとは思いますが、ここでいう「主人と奉仕者」の関係を「主人と召使」「殿様と家来」「客と店員」の関係と同一視していませんか。「お客様は神様でございます」では、甘言はあっても諫言なんてしてもらえませんよ。むしろ近いのは「学生と教師」「武将と軍師」の関係でしょう。

136 名前:大百科初心者

2020/11/27 (Fri) 10:15:36

>>135
江戸っ子氏は、私が論を立てるために依拠してきた事実に疑いを呈しつつも、※135の江戸っ子氏の言とは異なり、江戸っ子氏は事実をもって反証してはいません。

江戸っ子氏は、このスレを通じてずっと「学術会議の決定は諸賢の総意だから」ということを連呼するばかりであり、学術会議の考えの正しさについて、一度たりとも疑いを抱かず「盲信」しているのですから、
もはやこれ以上の議論は難しいように思われます。

江戸っ子氏は、自身の論の矛盾にも向き合おうとはしませんし。

江戸っ子氏の新聞読み比べの手法も結構ですが、
結局新聞紙面が、江戸っ子氏の思考にとっては全世界のようなものなのでしょう。

学術会議は、防衛装備庁による研究公募について事実と異なる誤った指摘をして、科学者に応募しないように誘導しています。このことは、2017年声明の文面を素直に読めば明らかなのに、その不誠実なやり方についても、
江戸っ子氏は容認してしまっています。その様子をみれば、
学術会議がすることについては、
江戸っ子氏が盲信してしまっていることはよくわかります。

江戸っ子氏のありようをみて、中世ヨーロッパのカトリック教会は自然科学にまで手をつけ、教義でヨーロッパを支配した挙げ句、ガリレオ裁判で致命的な過ちを犯しましたが、中世カトリック教会によるヨーロッパ支配を可能にしたのも、人々の教会への盲信あるいは教義への盲信だったことを思い出しましたよ(あくまで個人的感想です)。

江戸っ子氏のありようをみていると、私はドン・キホーテを思い起こします。ただしドン・キホーテは愛すべき人物ですが、江戸っ子氏はそうでないことは、大きな相違点です。

江戸っ子氏のような輩による学術会議への盲信は、極めて厄介です。

現在は、学術会議が本当に諸賢の集まりであるのかどうかについてすら、国民の側から強い疑いが発せられているというのに。そしてそれは極めて至極尤もなことであるというのに。

新規会員が現会員と学術会議本体によってのみ(つまり内輪だけで)選出されるコ・オプテーションの制度について、その妥当性が疑われているというのにね。

137 名前:大百科初心者

2020/11/27 (Fri) 16:49:45

※136(>>136)の続きです。

江戸っ子氏は、自らは「自律的な判断」という言葉を連呼しています。

それにもかかわらず、
学術会議と大半の大学との間に存在する「あ・うんの呼吸」により、
防衛装備庁公募研究に対し、
(大学により)「(審査すら無しの)一律の」「応募禁止」が打ち出される結果がもたらされることとなり、その結果、
「研究者自身」による「自律的な判断」の機会と、研究への「参加の機会」とが、最初から完全に奪われているわけですが、
このことについては容認するという過ちを、江戸っ子氏は犯しています。

このような矛盾・過ち、そして江戸っ子氏がこれまでに露呈してきた矛盾を、巧妙に避けながら、学術会議への批判を一切容認せず否定してしまうやり口は、極めて奇妙です。

江戸っ子氏の卑怯さを如実に表しています。

138 名前:江戸っ子

2020/11/29 (Sun) 04:04:25

>>136
「江戸っ子氏は、私が論を立てるために依拠してきた事実に疑いを呈しつつも<略>事実をもって反証してはいません。」
 変なことを言いますね。大百科初心者さんが依拠してきた「事実」とは何ですか。私が、「事実をもって反証していない」というのは何ですか。
 豊橋科技大の防衛装備庁公募研究で介入がなかったということですか。それのは「そういう事例があった」というだけの事。今回の研究内容ではそうだったということですよ。何度でも書きますが、公開することによって自国の安全保障上の優位性を揺るがすようなものであれば、防衛省が公開にストップをかけるのは当然でしょ。それができないのなら、防衛省としては「防衛省は何のために研究しているんだ」ということになることは、ちょっと考えれば明らかでしょうに。日本学術会議の声明のどこに「防衛装備庁による研究公募について事実と異なる誤った指摘」があるというのですよ。全く声明が指摘しているとおりですよ。だから声明では各研究機関がガイドラインを作って審査しようと言っているわけですよ。各研究機関が作るんだから、当然各研究機関の性格(大学か企業か、さらに大学・企業ごとに建学の精神とか経営理念とか企業イメージとか、いろいろ考慮することはあるし各々違うでしょう)によって異なるものにもなるでしょう。それが自律的判断というものですよ。まさかとは思いますが、一般論をもって反証としたことがいけないと主張しているのですか?

「「学術会議の決定は諸賢の総意だから」ということを連呼するばかりであり、学術会議の考えの正しさについて、一度たりとも疑いを抱かず「盲信」している」
 決定の仕方などで「総意」に疑問を抱かせるようなものがない限り、少なくともその時点での学問上の観点からは、妥当なものを発信しているのだと考えていますよ。件の声明に関して言えば、決定の仕方についても「全会一致」ではないにしても、「総意=最大公約数」を疑うものではないと考えます。理由は、210名の会員中30名の賛同があれば総会での決議に持ち込み、「諸賢の総意」という見方に疑問符をつけることができたのに「反対者」はそれをしなかったから。このことは、「反対者が極めて少数だった」または「各論の反対者も、総論では歩み寄れた」ということを意味するから。さらに言えば、元々私が考えている学問の自由についての懸念(科研費が毎年1%づつ減らされていることへの懸念。その一方で軍事・民生を問わず、いわゆる「ひも付き」研究費が増えていることへの懸念。など)と方向性が同じで、さらに深い考察を経ていると考えられるものなのですから、想像をたくましくしてまで疑う理由は私にはありません。

「新規会員が現会員と学術会議本体によってのみ(つまり内輪だけで)選出されるコ・オプテーションの制度について、その妥当性が疑われている」
 米英の科学アカデミーなど、世界的に「諸賢」とされている会員の選出方法もコ・オプテーション方式なんですよ。知ってて書いていますか。米英等世界の科学アカデミーを参考にして、学会推薦方式から現行のコ・オプテーション方式に改めたんですよ。学会の利益代表的な行動をとる委員の存在が、目に余るようになったからだそうです。「諸賢の総意」という一枚看板に傷をつける行為ですから、現在の会員・連携会員による推薦の際にも、実質的な学会推薦にならないよう「会員候補者・連携会員候補者の推薦に当たっての質疑応答集」(http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/senko/25/situgi.pdf)でも警戒をし続けているようです。仮に変なのが紛れ込むことがあっても、ある程度の勢力になることは阻止できていることでしょう。
 それからね、首相が「会員・連携会員とつながらないと委員になれない」なんて言い方をするから、大百科初心者さんも「内輪での選出」なんて思いこまされたんだろうけれど、全く違いますよ。法定された要件「優れた研究・業績のある」研究者(日本学術会議の会員およびそれに準じる連携会員はその一部)なら、「優れた研究・業績のある」研究者の書いた論文はどこかで読んでいるんですよ。学生の頃に教授の部屋で見た、学術雑誌の詰まった書棚を思い出せば、感覚的には頷けるでしょ。だから「優れた研究・業績のある」研究者の論文なら、2000人以上いる推薦権を持つ会員・連携会員の中の誰かが、まず間違いなく読んでいると考えてよいでしょう。

>>137
「学術会議と大半の大学との間に存在する「あ・うんの呼吸」により、防衛装備庁公募研究に対し、(大学により)「(審査すら無しの)一律の」「応募禁止」が打ち出される結果がもたらされることとなり」
 ついに「あ・うんの呼吸」の存在とそれによる重大な決定((大学により)「(審査すら無しの)一律の」「応募禁止」)がなされたことになりましたか。
 どこで吹き込まれたんですか。「あ・うんの呼吸」の存在そのものは証明不可能だから「そう考えないと説明がつかない事」があったという主張とお見受けしましたが、それは何ですか。
 また、仮に「(審査すら無しの)一律の」「応募禁止」を打ち出した大学があったとしても、各大学の性格(建学の精神とか、大学のイメージとか、やらしい見方をすれば他の研究費が潤沢だとか、その他もろもろ)を踏まえて検討した結果、「軍事のための研究はしません」と宣言する大学だってあるかもしれませんね。もちろん件の声明を踏まえて検討した結果、「安全保障に積極的に貢献します」と宣言する大学だってあるかもしれない(私は、学問の自由よりも安全保障が重視される研究をするような大学には疑問を持つが)。どちらも、自律的に判断したわけですよ。「研究費がないから防衛省でもなんでもありなんです」というのではいけないと思うし、正にそれが学術会議ばかりでなく多くの大学人が、科研費が毎年1%ずつ減らされてきた近年ずっと懸念していることなんですよ。


「江戸っ子氏がこれまでに露呈してきた矛盾を、巧妙に避けながら、学術会議への批判を一切容認せず否定してしまうやり口」
 そんなものがあるのなら、具体的に書いてみてください。
 私は、127番とか135番で、大百科初心者さんの主張(日本学術会議や件の声明に対する的外れな批判)の前提にはいくつかの混同があると書きました。そして、混同しているものについて、それぞれの意味の違いも書きました。それについての回答(「混同していない」とか「もともと同じものだ」とか「混同していた」とか)とその回答になった説明もお願いします。

 いろいろ考えながら書くと時間がかかりますね。3時間以上かかってしまった。おやすみなさい。


139 名前:大百科初心者

2020/11/29 (Sun) 04:35:06

>>138
このスレを最初からお読みください。江戸っ子さん、あなたの反論は全くのまとハズレ。各大学は、「完全なる」学問の自由を求めるあまり、研究者が自律的に学問の自由の有無を考え判断する機会を奪い、研究への応募機会を最初から完全に奪ってしまっているというのに、あなたはそれを容認しちゃってるでしよ。あなたなんぞに「学問の自由」を論じる資格は全くないですよ。

そして学術会議声明は、現状と将来懸念が生じる可能性とをしゅん別せずに、あたかもいま現在、防衛装備庁から研究への干渉が入っているかのように記載してるでしょ。しかも声明は総会決議も経ずに、幹事会決議だけで強引に発出されたでしょ。声明中のこの部分のどこが事実どおりなのやら?江戸っ子さん、頭、正常ですか?

それに、江戸っ子さん、あなたの学術会議への「盲信」が解けない以上、これ以上の議論はムダだと言ったはずですが。江戸っ子氏はハエみたいにしつこい輩ですね。

140 名前:ねとうよ嫌韓中

2020/11/30 (Mon) 03:37:27

横から失礼します。
軍事研究が、国民の生命安全にどのように関わってくるのか、という視点無しに学問の自由という点でのみ、軍事研究を語ることは、国民の生命安全をないがしろにしていることと思うのですが?

141 名前:江戸っ子

2020/11/30 (Mon) 17:59:18

>>139
「各大学は、「完全なる」学問の自由を求めるあまり、研究者が自律的に学問の自由の有無を考え判断する機会を奪い、研究への応募機会を最初から完全に奪ってしまっている」
 137番の第1段、第4段で書いたとおり、あなたの妄想です。妄想ではないというのなら、『「あ・うんの呼吸」の存在そのものは証明不可能ですから、「そう考えないと説明がつかない事」があったという主張とお見受けしましたが、「そう考えないと説明がつかない事」は何か』ということに答えてくれないと。

「あたかもいま現在、防衛装備庁から研究への干渉が入っているかのように記載してる」
 件の声明の「防衛装備庁の「安全保障技術研究推進制度」(2015 年度発足)では、将来の装備開発につなげるという明確な目的に沿って公募・審査が行われ、外部の専門家でなく同庁内部の職員が研究中の進捗管理を行うなど、政府による研究への介入が著しく、問題が多い。」というところですね。「将来の装備開発につなげるという明確な目的に沿って公募・審査が行われ」ているのは、防衛装備庁のHPに書いてあることだから事実でしょ。「外部の専門家でなく同庁内部の職員が研究中の進捗管理を行う」については、程度に裁量の余地のある「進捗管理」を「外部の専門家でなく同庁内部の職員」が行うのでは、「首根っこを押さえられている」と危惧するのは当然ですね。件の声明ではこのことを「政府による研究への介入が著しく、問題が多い」と評価していますね。事実どおりですね。もちろん「政府による研究への介入が著しく、問題が多い」は評価ですから、これについての「政府による研究への介入が著しく、問題があるというのは評価を誤っている」という批判はあり得るでしょうが、「政府による研究への介入が著しく、問題が多いというのは事実と異なる」というのはあり得ません。
 学問の自由のうちの発表の自由については、防衛装備庁のHPには「受託者による研究成果の公表を制限することはありません」等と書いていますから、防衛装備庁としては、「公開することによって自国の安全保障上の優位性を揺るがすようなもの」にならないよう、「審査」や「進捗管理」を行っていくということですね。日本学術会議が、学問の自由の観点で問題があると警告するのは当然ですね。発表されては安全保障上困るような成果が出る兆しがあるなら、「発表の自由」に行く前の研究開始前や研究過程で「審査」「進捗管理」によって制限できるから(防衛省からすれば)大丈夫というもの。ただ、防衛省からすれば、そのために審査や進捗管理するのは当然のことですし、私もそれが悪いなんて思っていないし、件の声明でもそうですよ。件の声明では、軍事の理論(所管する防衛省が追及すべきもの)と科学者コミュニティーが追及すべきものとは相容れないと言っているだけです(件の声明の第二段落)。

「これ以上の議論はムダだと言ったはずですが。江戸っ子氏はハエみたいにしつこい輩」
 138番の最後の方でも書きましたが、 大百科初心者さんの日本学術会議や件の声明についての評価のもととなった事実認識について、いくつかの混同があることを指摘しつつ、混同に基づいた批判が的外れになったことについて、私なりの説明も書いてきました。説明のここがこのようにおかしいということもなしに、悪口雑言に終始するのかね、あなたは。真面目に回答したうえで、大百科初心者さんの批判が的を得たものであるというためには、「軍事の理論と相容れないものがあると主張する者があってはいけない」と主張するよりなくなるからでしょう。さすがにそれはおかしいと思っているのなら結構です。

142 名前:江戸っ子

2020/11/30 (Mon) 18:28:22

>>141
 忘れていました。139番の
「声明は総会決議も経ずに、幹事会決議だけで強引に発出された」
 声明が幹事会決議で発出されたのは通常のことです。ずっと上の方でも書き、大百科初心者さんも理解したとおり、日本学術会議法に基づく日本学術会議会則第19条により、幹事会に委任されているからです。勝手なことをしたわけでも、通常と違ったことをしたわけでもありません。さらに、会則第17条第3項に「三十人以上の会員から招集の目的及び議案を示して請求がある場合、会長は、総会を招集しなければならない」とありますから、総会の決議に持ち込むことだってできたのですよ。なので138番の第二段で書いたとおり、件の声明が日本学術会議の総意であることを疑う理由は全くありません。まともな理由があって信じているのですから、「盲信」は当たりません。

143 名前:江戸っ子

2020/11/30 (Mon) 19:25:10

>>140
 掲示板は誰に対しても開かれているものだから「横から失礼します」というのは不要のように思いますが、結構みなさん使いますね。
 「どちらも間違っていないが、相容れない」ということはあります。学問の自由と軍事機密(民生上の秘密ももちろん)の関係もその一つでしょう。学問の自由と倫理(クローンの研究をどこまで認めるか(正に研究の自由の制限です)なんて何十年も前から議論されていますね)なんてのもあります。
 そうすると、どこかで折り合いをつけていくよりないことになります。
 その折り合いのつけ方が、学問の自由を守る日本学術会議からは件の声明という形で示され(学問の自由の観点から、軍事研究には特に問題が多い。応募するならば、各研究機関が(自分たちの実情に合わせて)ガイドラインを作り、検討・審査しないとね(こんなはずじゃなかったとなりかねないですよ)。)、防衛装備庁の「安全保障技術研究推進制度」では「受託者による研究成果の公表を制限することはない」「研究成果を特定秘密に指定することもない」けれども、「将来の装備開発につなげるという明確な目的に沿って公募・審査が行われ」、「外部の専門家でなく同庁内部の職員が研究中の進捗管理を行う」とすることで、研究の成果の発表が、保持しなければならない軍事機密の公表にならないようにしていますね。日本学術会議も防衛装備庁も各々の職責(組織目的の実現)を果たそうとしているのです。

 ただ、「軍事研究は国民の生命安全を守るためのものなのだから、学問の自由という点で、軍事研究に「かかわりあうのは慎重に」ということは、国民の生命安全をないがしろにしている」という主張であるのならば、同意できません。
 学問の自由もまた、国民の生命安全を守るためのものです。件の声明では「科学者コミュニティが追求すべきは、何よりも学術の健全な発展であり、それを通じて社会からの負託に応えることである」とありますし、日本学術会議法前文では「日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという確信に立つて、科学者の総意の下に、わが国の平和的復興、人類社会の福祉に貢献し、世界の学界と提携して学術の進歩に寄与することを使命とし」とあります。
 学問の自由は、政策判断を誤らないため・誤りを正すためにも、国民の耳目を健全に保つために不可欠なのです。かつての日本では、天皇機関説排斥などの学問の自由の制限が、反対を許さない戦争国家への機運を高めることになりました。行き着いた先が「軍の命令だ」の一言で無理が通る、正式の命令かどうかを尋ねることさえ憚られる社会。ナチスの焚書なんてのもあった。また、カンボジアのポル・ポト政権が極端な例ですが、知識人(学問)を攻撃するのは古今東西、国民の耳目をふさいで政権を安定させるための常套手段です。現在進行形なら中国の歴史研究(中国共産党だけが英雄。これでは周辺諸国とうまく行くわけがない)もそう。
 「内憂外患」という言葉があります。外患(外国からの攻撃)には軍事研究は有効かもしれません(不信を招いたり、攻撃の口実にされるという逆効果もあるかもしれません)が、内憂(内部崩壊・信頼できるはずの政府そのものに危害を加えられること・暴政)の方が怖いんですよ。「内憂外患」、「内憂」が先にある。「苛政は暴虎よりも猛し」というのもあります。
 加えて、外患の方が分かり易いので、何か都合の悪いことがあると国民の目を外に向けさせようとするのも、古今東西の常套手段です。
 外患を声高に叫ぶ向き(特にそれが政府・与党という権力者ならば)には要注意です。眉に唾を塗りすぎるということはありません。
 内憂から自らを守るためにも、学問の自由は守らないといけません。ましてや、それが法匪的な手前勝手な法解釈で侵されるときはなおさら。
 念のため、重ねて言いますが、件の声明は軍事研究禁止声明ではありません。そんな力はないし、そんなこと書いていません。各研究機関が個別の事情を考慮して検討するように求めているだけです。

144 名前:大百科初心者

2020/11/30 (Mon) 22:37:28

>>141-142

あのねえ、江戸っ子氏は、他人の意見を妄想と決めつけて悪口に終始する一方、江戸っ子自身の学術会議への「盲信」は認めようとはしません。

北大やそのほか東工大など、学術会議声明を受けて「防衛装備庁公募研究には応募をしない」ことを決めてしまった大学では、研究者自身が自ら学問の自由の有無について判断し、どうやって学問の自由を確保するかを考える機会が最初から奪われ、その研究をする機会も完全に奪われている
(学術会議声明を受けて、応募しないことを大学上層部が決めてしまったなら、そこでは応募審査もへったくれもありませんわな 笑)というのに、
江戸っ子氏の長ったらしい文の中で、この問題には一度たりとも回答していません。江戸っ子氏は、本当に卑怯ですね。

学術会議声明を受けて、大学が「完全なる」学問の自由を求めた結果、豊橋技術科学大学で実現していたような「完全な」学問の自由、あるいは百歩譲っても「ある程度の制限つきの」学問の自由が、最初から奪われているんですよ。

これは、学問の自由を求めるのとは、全く逆の行為でしょうに。

あとねえ、政府から研究への干渉が酷いというのは、学術会議声明がそう言っているだけでしょ。

江戸っ子氏は、そのことを事実により裏付けできますか?つまり問うているのは、「具体的な証言・証拠」の存在ですよ。一体全体、どこの大学でそんなことがあったんですか?

私は豊橋技術科学大学所属の大西元学術会議会長の証言では、そのようなことはないということを示しましたよ。

それに対し、江戸っ子氏は、「たまたま豊橋技術科学大学ではそうだっただけだ」との「アホ反論」を、バカの一つ覚えで連呼していますが、そんな風に「片付けちゃう」ことで反論になるなら、便利な論法ですよねえ(大爆笑)。

江戸っ子氏が学術会議声明の記載をあくまでも信じ、反論したいなら、私がやったように「学術会議の外からの」具体例、証言なり証拠を持ってこないなら、話にならないのですよ。江戸っ子氏の主張を裏付けたいなら、「防衛装備庁から研究への干渉を受けた人」の証言ですよ。

学術会議声明に疑いを持つ人に反論するのに、学術会議側の言い分だけを示して、それを信じろという江戸っ子氏のやり方は通用しないですよ。そんなこともわからないんですか?江戸っ子氏は。

145 名前:大百科初心者

2020/11/30 (Mon) 23:12:51

※144(>>144)の続きです。

江戸っ子氏は別の方への返信(※143)で
「重ねて言いますが、件の声明は軍事研究禁止声明ではありません。そんな力はないし、そんなこと書いてません。」
なんぞと文末で述べていますが、
江戸っ子氏は相変わらず嘘つきですねえ。

2017年声明は、1967年声明があるにもかかわらず、防衛装備庁公募研究への応募が多いことに学術会議側が懸念を抱いたことから検討され、発出されたもので、そのことは学術会議自体が認めています。

そして、おおもとの1967年声明は、軍事研究をしないよう、全ての科学者に求める内容であり、実際「学術会議は軍事研究を禁止した」というニュアンスで報道され続けていますよ。

学術会議側に「軍事研究を禁止したい」という意向があるからこそ、これらの声明を発出したのでしょ。そして、「学術会議は、科学者に軍事研究を禁止した」と、1967年以降ずっと報道され続けてきた、というのが事実です。

それに江戸っ子氏は「学術会議に力はない」と言いますが、研究現場はそうは思っていないのだから、江戸っ子論は詭弁にしか過ぎません。

本当に、このスレは嘘つき江戸っ子の詭弁で埋め尽くされてしまった感があります。

146 名前:遠い山並みの光

2020/12/01 (Tue) 00:23:21

日本学術会議問題。大百科さんと江戸っ子さんの論争。文字数がとても多くしっかり読んでいるとは言えませんが
、双方、共感する点、反論したくなる点多々あります。
しかし今、この学術会議のあり方について語ることは政権の人事介入、学問への権力干渉という本質を見失うことになるので、私は参加しません。
論争の流れを邪魔するようで申し訳ありませんが少し挟ませてください。

どうも任命拒否の撤回はなされそうもなく、政権の意向通りに進みそうです。
繰り返しますが、米国大統領選、コロナ禍の急拡大に話題としては隠れてしまい、
そしてまた、政権不祥事である桜を見る会前夜祭問題の再燃の陰にも目立たなくなるという全く理不尽な事情になってきました。

野党は当然政権の学術人事介入問題にも桜問題にも十分な時間をさいて徹底追求してほしいのですが、重要なコロナ対策もあり、
また野党は追求ばっかりという批判がどうしても出てきてしまうということもあって思うようにはいきません。

実際は与党がきちんとした対応をすればそう時間はかからないはずです。
なので、批判すべきはご飯論法、菅話法、「批判には当たらない」「答えは差し控える」「説明出来ないこともある」「仮定の質問には答えられない」など卑怯、姑息な逃げ専門の安倍、菅、与党なのですが、そうはならないのです。

逆に「鉄壁の守り」とか「プロの仕事」だとか持ち上げる御用コメンテーターなどもいて、きちんと質問に向き合わない姿勢を肯定し、逃げ切りを賞賛するかのような空気もあります。

今回の桜を見る会前夜祭問題。
明らかになった安倍氏側の寄付行為=公職選挙法違反、収支の不記載=政治資金規正法違反、国会でのうそ、虚偽発言による長期の空転など、厳しくその責任を法的にも倫理的にも問わねばなりません。

相も変わらぬ秘書に全ての責任を覆い被せて、本人に何の咎もないような形で終わるなら、本当に世も末と言わねばなりません。検察、司法の退廃とも言うべきでしょう。

最高権力者には一般人以上の高い倫理観,法的責任を求めるべきなのです。

しかし、アベヨリ識者は例のごとく安倍氏に倣って論点ずらしの嵐です。
何故今この問題が出てきたのか不思議だ。
検察はどこまで本気でこの件をやるつもりなのか。
この問題が出てきたけど政権支持率にはひびいていない。
コロナに比べればいつまでも関わる問題ではない。

など、安倍氏その近辺の責任には一言も触れずにこういう発言が出てくる始末です。

これは政治家の問題に留まらず、社会にきわめて大きな悪影響を与えています。
とにかく口先でその場しのぎをすればいいというモラルを欠いた考え方が広がっているのではないか。住民説明会などでも、とにかく論点をぼやかして、質問をはぐらかす事例が多くなっているようです。

以上のような事を考えても、日本学術会議への干渉はそのあり方の前に、権力と人事、権力と学問の自由、権力と不正行為についてしっかりとその「在り方」を考え直すべきではないかと考えます。

147 名前:江戸っ子

2020/12/01 (Tue) 01:21:51

>>144,145
144番について
「(学術会議声明を受けて、応募しないことを大学上層部が決めてしまったなら、そこでは応募審査もへったくれもありませんわな」
 この場合、大学上層部が勝手に決めたことが問題なのなら、その大学内の意思決定の問題でしょ。件の声明の問題ではない。ずっと上の方でも書いています。
 組織としての意思決定に、学術会議が学問上のではなく、何らかの圧力をかけられるのかということですよ。昔、科研費の分配を決める委員の推薦権を持っていたころならともかく(それでも推薦できるのは委員のうちの一部だから、どれほどの影響力があったのかは疑問ですが)、現在はそんなものはないし、そんなものを使ったら一枚看板に傷をつけるでしょ。だからそういうことはまずやらないんですよ。そういうものがないと説明がつかないようなことがあったのですか。

「政府から研究への干渉が酷いというのは、学術会議声明がそう言っているだけ」
 以下の事実を学術会議がそのように評価しています。「将来の装備開発につなげるという明確な目的に沿って公募・審査が行われている」「外部の専門家でなく同庁内部の職員が研究中の進捗管理を行う」
 その評価がおかしいというのならともかく、事実と異なるというのは違う。そして、私はその評価は、少なくとも各研究機関に検討・審査が必要だと呼びかける必要があると判断する程度には妥当だと考えています。理由は142番の第二段に書いたとおりです。

「たまたま豊橋技術科学大学ではそうだっただけだ」との「アホ反論」を、バカの一つ覚えで連呼していますが、そんな風に「片付けちゃう」ことで反論になるなら、便利な論法」
 いろいろなキノコが採れる山がある。私は、「キノコを食べるときは一つずつきちんと鑑定してから食べるべきだ」という専門家の言に従うべきだという。大百科初心者さんは「豊橋さんが一つ食べたらシイタケだった」という事実をもって、「毒キノコは生えていないから鑑定する必要はない。手あたり次第に採って食べる」という。毒キノコを掴まないことを祈ります。

145番について
 50年前の宣言では実態にそぐわない部分が出てきたから、各研究機関で実情に合わせて個別に検討するようにと、件の声明になったんでしょ。「軍事研究にはかかわるべきでない」という姿勢から後退したという見方もありましたよ。
 おいしいキノコも、旨くはないが無毒のキノコも、味は良いが弱い毒があるキノコも、おいしそうでも毒のあるキノコ(シイタケに似たツキヨタケみたいなの)もあるからねと。食べ方や腹のへり方(これは悲しいが)で、どこまで食うかは自分で決めろと言うこと。もちろん、目利きに自信がなければ食わないというのも立派な選択(私はベリーは採っても、キノコは採りません)。

「このスレは嘘つき江戸っ子の詭弁で埋め尽くされてしまった感があります」
 そんな悪口雑言を書いている暇があるなら、私が的外れな批判のモトだと指摘した、事実認識についての混同について、なにか説明してください。

148 名前:江戸っ子

2020/12/01 (Tue) 01:42:15

>>146
 最後の一文、全くそのとおりだと思います。
 が政府・自民党は、ありもしない学術会議の問題をあるかのように、あるいは針小棒大に取り上げて、任命拒否の不当性・危険性をうやむやにしようとしていますね。
 一部のマスコミなどは、件の声明を出すような組織はそのままにできないから菅首相が英断を下したと言い出す始末。橋下弁護人なんかは「政治的中立性を保つために任命拒否したと説明すればよい」と、しばらく前の朝のテレビ(志らくの)でぶっていましたね。件の声明こそ学問の自由を損なっているという倒錯したものまで、ネットの世界では出回っているようです(毎日新聞の記事で読みました)。
 こんなのを真に受けたようなのは、そのままにしてはいけないと思います。でも、それが結果的に事件の本質から目をそらさせることになってしまうんですよね。どうしたらいいんだろ。

149 名前:大百科初心者

2020/12/01 (Tue) 01:59:35

>>147
学術会議が、江戸っ子氏が言うような「諫言(江戸っ子氏の言)」を、「教師(江戸っ子氏の言)」の立場から「生徒(江戸っ子氏の言)」に行った結果、大学(生徒:これも江戸っ子氏の言)がそういう決定をしたんですから、学術会議が大学の決定に「力」を及ぼさなかったことにはならないでしょうに。

しかもおかしな決定を誘導(指導?)したのだから、その責任は学術会議にもありますよ。江戸っ子氏、頭の中に何が詰まってるんですか?

それから、豊橋技術科学大学の例が、江戸っ子氏が言うように、「たまたま無害なキノコを掴んだ例」であり、「そのほかは毒キノコだ」というのが本当なら、その実例をさっさと示しなさいよ。

(防衛装備庁公募研究について)どこの大学で、どのような問題が具体的に生じたんですか???

150 名前:大百科初心者

2020/12/01 (Tue) 02:52:25

>>148
江戸っ子氏は、「件の声明こそ学問の自由を損なっているという倒錯」
…なんぞと述べていますが、軍事研究を禁じたり(大抵の外国からみれば非常識)、軍事研究「のみに」厳しい制限を加えるよう求める声明こそ、倒錯しています。

学問の自由を叫びながら、軍事研究と学問の自由についての「研究者による自律的な思考」の機会を奪い、軍事研究から遠ざけようとして、結果として「自由な研究活動」を妨害しているのですからね。

江戸っ子氏自身がスレの中で述べているように、「制限つきの」学問の自由だってありうるのですよ。

それなのに、「公開性などが『完全』でないなら、その分野を全て捨ててしまうという決定を、学術会議声明を受けて、北大・東工大などの大学が行った結果、その分野を研究したいという研究者の学問の自由は最初から奪われ」ています。
本末転倒とは、全くこのことですよ。

この重要な点において、江戸っ子氏の詭弁にだまされるほどのアホは、今時少ないんです。江戸っ子氏が中学生だった頃なら、話は全く逆だったかもしれませんけどね。

あと何度か書いたように、防衛装備庁公募研究について、どの大学でどんな問題が生じたのかを、江戸っ子氏は具体的事実で示してくださいね。お願いしますよ。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
新型コロナウイルスについて語るスレ
1 名前:普通じゃない日本人

2020/02/13 (Thu) 21:26:13

遅すぎた感のあるスレ建てであった。スマソ~

2 名前:普通じゃない日本人

2020/02/13 (Thu) 21:27:19

中国共産党の権威に傷がついてるってマ?

3 名前:黒い何か

2020/02/20 (Thu) 20:15:12

まあ1~2年かけて地球一周して定着してパニック鎮静化して終了じゃない?
パンデミック初期には大勢の人が亡くなるけど、それを過ぎたら「タチの悪い肺炎」ってポジションに落ち着くと思うよ。

4 名前:普通じゃない日本人

2020/02/20 (Thu) 20:22:41

アメリカで現在流行ってる新型インフル(仮)の正体って実はcovit19なんじゃね? とか
アフリカで密かに流行し始めてるんじゃね? とか色々ネット記事で書かれてるけどどうなんだろう?

5 名前:普通じゃない日本人

2020/02/23 (Sun) 00:57:25

頭が前時代の森会長、中国人から「なぜ自分を苦しめるの?」と心配される
https://www.huffingtonpost.jp/entry/mori-wearmusk_jp_5e50a42cc5b6b82aa6535f65?ncid=other_trending_qeesnbnu0l8&utm_campaign=trending
個人的にツボに入った記事

6 名前:見える化したい

2020/04/22 (Wed) 13:23:35

病原体や飛沫は眼に見えないですから、やはり怖いです。原発事故後に高まった放射能への恐怖心を思い出しています。


「新3密」という言葉もありますが、生活必需品を買うためにどうしてもスーパーに行く必要はあるし、期限前手続きのために役所へ行かなければならないこともあります。


先日は次のようなこともありました。急ぎの役所手続き(電子手続き不可)があったので、どうしても市役所に行かざるを得ませんでした。換気の悪い待合室は混雑しており、なおかつ不運にも、休みなく弾丸トークするおばさん(お姉さん?)2人と隣り合わせになってしまいました。お喋りをやめてもらうまでの間にどれだけの飛沫が彼女達の口から飛び出したものやら。まあ彼女らはマスク着用だったので、周囲が浴びる飛沫は少なかっただろうし、彼女らが感染者ではない確率の方が圧倒的に高いとは考えたいですが。危機感は、人により大きな差があるものですね。


上の場合この掲示板的には、3密の原因を作り出す役所の方を責めるべきなんでしょうが、役所に苦情を言ったところでなんとかなるものでもないです。屋内の換気をよくしようにも建物構造上の限界があるし、全ての役所手続きの期限を彼らの職権で適宜延期できるわけもなく、本当に困ったものです。


今回のコロナウイルス禍ではパンデミックを起こしていますから、(収束していないうちから言うのもおかしいですが)一旦収束しても、第二波・第三波での変異・強毒化もありえます。ワクチン開発が完了し、我々が接種を受け終えるまでは、或いはそれでも、かなり長期間ピリピリした毎日が続きそうです。

7 名前:遠い山並みの光

2020/09/07 (Mon) 21:20:58

安倍政権の新コロナ対策。先ず議論のあった検査を見てみます。
初動の遅れ。これはやはりやむを得ない、全く今までになかった新しい事態です。
政府の対応の悪さを責められないと思います。
武漢からの帰国、クルーズ船の対応、出入国対応・・・未曾有の事態です。何をどうしたらいいのか途惑いはどの関係部署にとっても、はんぱじゃなかったとおもいます。

しかし、実は09年の新型インフルの時、専門家の間で問題点を整理し、次のような項目を挙げていました。
1. 専門医療機関の財政支援
2. 保健所、地方衞研の強化
3. 意思決定プロセスと責任体制の強化
4. PCRなどの検査体制

何ヶ月か経ってやっと対策が少し見えてきて挙げられた問題点が、すでに2009年には出されていたのです。
これを政府、専門家はなぜ先送りにしたのか。一つはこの課題をなおざりにしてきたこと、保健所は減り続け、検査体制も貧弱なままでした。
そしてもう一つ東京オリンピックに拘りすぎたことだと思います。

当初、新コロナ対策班はクラスター潰しに集中しました。“限られた医療資源を有効に使って・・・”という言葉がありました。
実はこれはPCR検査(以後検査)のキャパが極めて少ないという意味でした。(もちろんそれに伴う医療体制も)
クラスターだけで検査は手一杯でした。
だから現場の医師がいくら必要だといっても帰国者接触者センター=保健所は受け入れられなかったのです。
それは多くの陽性者が見逃されるということを意味しました。
しかし、感染者数が低く出ると言うことになり、それは東京オリンピックを控えた日本にとっては好都合だったのです。
(余談ですが3月24日五輪が中止になった途端、都知事がロックダウンなるものを唐突にいいだしました。)

37.5以上が4日間という条件も、結果的には検査を抑える事になりました。
(後に厚労大臣の誤解という言葉に耳を疑いました。責任は誤解した国民にあるというのでしょうか)
つまりこれも多くの隠れ陽性者を見逃すことになりました。
(これは後で分かったことですが、新コロナは発症2日前から人に移ります)

さて検査キャパがない。これは政府、専門家にしてはあまり言いたくなかったのです。
理由はすでに書いたとおりです。するべき事をやってこなかったからです。
しかも韓国やドイツなどにできてなぜ日本で出来ないんだ、という声があり、そういわれるのがいやだったのでしょう。

特に「韓国」の声については政府、政府擁護者にとっては嫌韓感情もあり、見習うどころか絶対負けたくない相手です。
そこで、検査なんか(まねして)増やさなくてもいいんだ、という検査への無意識の抵抗が出来たのではないでしょうか。

《これは私の曲解かもしれません。また韓国のやり方は検査には積極的ですが、それと合わせて強権的な私権制限を伴うものでありそのまま日本に当てはめるわけにはいきません。
(日本と違って韓国や台湾はサーズ、マーズで痛い目に遭い、感染症ウイルス対策はかなり高度な質を確保していました。感染者の少なかった日本とは対照的です)》

そこで2月末頃、政府はメデイアに圧力をかけたりネトサポなどを使って検査不要のキャンペーンともいえる流れを作ろうとしました。いびつで横暴な議論を繰り広げます。

政府はこういう政府寄りのメデイア、識者、雑誌、ジャーナリストなどを使って世論誘導とも言うべき対応にはたけています。モリカケサクラでも見られました。
批判者抑えに大きなエネルギーを使っています。今回は外務省に政府批判ウオッチの予算が付いたと言うことも言われました。

それはともかく、ありとあらゆる理由を挙げて検査の拡充を抑えようとしたのです。
政府寄り識者などの言い分。
医療崩壊を招く、
病院に殺到して感染が広がる、
検査の精度が悪い、

後には
死亡数が少ないのが、今のやり方(検査増やさずクラスター対策のみ)が良い証拠
治療薬がないのだから陽性者を見つけても仕方ない・・・

中には検査すればするほど陽性者数が増えるから良し悪しだ・・・
という意味不明な有名司会者の言葉もありました。

私も最初たしかに医療崩壊は簡単にイメージできこれはまずいだろうと思いました。
しかしこれは検査を増やさない口実に使われていたのです。
一種のおどしです。おまえら検査、検査いうな。外来は感染者であふれ、ベッド不足になって病院パンクするぞ、というわけです。

しかし一部専門家からは、3月初め頃すでに、密をさけて検査を増やす方法として例えば屋外に発熱センターのような形の施設を作って検査出来る形や、民間検査機関の活用。

また、医療崩壊の予防として、無症状、軽症者は病院でなく、自宅、または宿泊施設に。
という提案がなされていたのです。
また和歌山では政府の方針に反し検査範囲を広げ成果を上げました。

しかし、37.5以上で4日間のしばりと検査はセンター経由保健所だけ、陽性は無症状も含め必ず入院、という細い狭い道を無条件に前提にしていたから、医師が必要と問合せしても一向にOKがでない状況が続きました。

保健所の業務は繁忙を極めこれ以上の検査拡充などとても受け入れられなかったのです。
この対策を何も実行できませんでした。
政府の怠慢以外の何者でもありません。保健所の不眠不休の頑張りと対照的です。

ある現場の医師は上のような解決策=発熱センター設置や軽症者への対応をTVで主張したため、対策に努力をしない政府、およびその追従者達によって攻撃の対象になり、医院が嫌がらせを受けるまでになって、TVに出られなくなってしまいました。
政府は検査拡充、それに伴う医療体制逼迫を防ぐ陽性者受け入れ方法の整備などに何の有効な手立てもしなかったのです。

これは驚くべき事ですが、4月になっても5月になっても6月になっても一向に改善されていません。
志村けんも岡江久美子も、もっと早く陽性が判明していたら結果は違ったかもしれません。
安倍首相は山中教授から大学を利用すれば10万件くらいは増やせるといわれてもピンと来てないようでした。
本庶先生、知事会も検査拡大を訴えました。政府は当初のクラスター対策だけにこだわり、検査拡充、医療体制支援に全く背をそむけていたのです。

そして先日ですよ。大阪府の医師会長が言われていましたが、いまだに症状があっても2.3日待たされると。
半年経ったいまだにですよ。医師が必要と認めてもすぐには検査できないのです。

ともかく政府はもっと検査が必要という国民の声がいくらあっても動きませんでした。
新コロナの不思議として誰もが首をひねりました。なぜだろう?

一強の官僚忖度政治なのに誰も動きません。“目詰まり”という首相の言葉もありましたが、5月、6月、7月になっても誰もここを突破しようとしなかったのです。
10万人辺りの検査数はほぼ世界でも最低水準です。
なぜか。政府が本気になったらすぐ出来る、と言う人もいました。
つまり、政府の強い姿勢、やる気がなかったからです。

なぜ? 
新コロナ対策班に遠慮した?(班長の押尾氏は検査拡大不要派だった)
検査トラウマに縛られたから? (韓国意識?)
政権擁護派の検査拡大反対の大合唱に逆に忖度したからでしょうか。

安倍政権の特徴として、政権擁護派は大事にし、批判の声は無視、黙殺、あるいは逆に圧殺に走ります。
これは従来の自民党にはそれほどはみられなかったことです。
第一次の時メデイアによる批判がよっぽどこたえたのでしょう。
この世論コントロールに異常な力をいれています。

また、身内、仲間、政権に近い人、持ち上げてくれる人・・には極めて甘く、その国政私物化による無節操な利益供与は目を覆うレベルでした。
高い倫理性、モラル、透明性が最も求められる中で最低の政治姿勢です。
モリカケサクラを見れば明らかでしょう。

さらにコロナ専門家会議の議事録がないという失態までありました。
公文書の異常な軽視はこの政権のもう一つの特徴です。
この新コロナ対策では今までの安倍政治の悪弊が全てでました。
 続く。

8 名前:大百科初心者

2020/09/08 (Tue) 01:40:34

>>7

ここはコロナ問題についてのスレですが、以下の文は、その周辺問題についての話です。

2021年夏までには、東京オリンピックの成否(開催の有無を含む)もコロナ対策(と経済の両立)の成績表も、国民の眼前にハッキリと見えます。

五輪問題もコロナ問題も、どんなに遅くとも来年までには行われる衆議院選挙の結果に大きく影響するはず。

……そうすると次期政権の思惑次第では、衆議院解散スケジュールが早まるかも……。野党も四分五裂している場合じゃないはず。早く「自民ガー」以外の意見・論点をまとめなさい、と言いたい。

保健所・医療体制の強化問題(※7で触れられたこと)や
公文書管理・政府統計値問題や
政・官・一部の企業間の癒着構造問題(「新・構造改革(ポスト2020)」の必要性とでも言うべき)は、
必ずしも「自民ガー」ではない、「国政構造改革」という重要論点になりうると思うのですがね。

これで野党共闘(本当は「野党協調」と名前を変えてもらいたい)勢力が議員数をある程度以上増やせれば、国政も正常に機能しだすかも…。

ただし捻れ国会状態や与野党拮抗状態の再現だけということになれば、また国会チキンレース劇の再演になるだけであり、なかなか難しいですね。

当たり前すぎる話ですが、****代表がキチンと野党共闘体制(繰り返しますが「協調体制」と言ってもらいたい)のリーダーシップをとれるかどうかにかかっています(但しあくまでも、外交・安保・経済対策問題については、日本共産党に口出しさせるべきではない)。

9 名前:大百科初心者

2020/09/08 (Tue) 06:28:38

>>7

※8の続きで、※7のご意見から連想的に考えが及んだたこと4点。

1. 新型インフルエンザを受けて、2009年には既にコロナにも通用する対策案が出されていたにも拘らず、今尚PCR検査体制が脆弱であることを、旧民主党(現野党)のせいに仕立てあげられる可能性はある。予防が必要。

2. 未だにPCR検査体制が脆弱なのが、もし韓国への対抗意識から来たのなら(そして多分その部分は全くないとは言いきれないと思う)、韓国ごときの問題で目が曇るなどという状況は変えなくてはならない。

国際政治問題・外交問題と感染症対策問題とは、切り離すべき。

次期政権(多分菅政権)が韓国への圧力でいくら点を稼いでも、コロナ対策で失敗するようなら、次の選挙で現在の与党を勝たせるべきではないのは明らか。

(一方野党は、厳しい対韓国政策・韓国への強い圧力とは、韓国側が対日政策・対日外交を完全に正常化するまで(のかなりかなりかなりかなり長い期間)の間は、国民のほぼ総意であることをよく理解する必要がある)

3. もしオリンピック開催に拘泥するあまり、積極的なPCR検査を避けたというのが事実なら、安倍政権はオリンピックと国民の生命・健康とを天秤にかけたことになる。

4. 既に決まってしまった大阪万博までで、国家プロジェクトとしての国際観光イベントからは手を引くべき。

東京オリンピック2020でよくわかったことだが、国際的信用の観点などから、我が国独自の選択肢が狭められてしまう。(冬期五輪招致も中止した方がよい)。

それに国や自治体の借金が増える分以上に<外国人観光客からの観光収入による税収>が増えないなら、全く意味なし。

10 名前:大百科初心者

2020/09/08 (Tue) 17:03:01

>>7

※7の続きを読みたいです。

11 名前:遠い山並みの光

2020/09/12 (Sat) 22:22:21

“もしオリンピック開催に拘泥するあまり、積極的なPCR検査を避けたというのが事実なら、安倍政権はオリンピックと国民の生命・健康とを天秤にかけたことになる”

ここは断定は出来ないとは思いますが、十分ありえる事だと思います。
なぜなら、政権の特徴として、とにかく、実態より、“良くみせかける“という姑息な言い方、やり方は何度も見せられてきたからです。

五輪会場で、原発事故の避難民対応、汚染水処理などいくつも課題が山積しているのにアンダーコントロールと安易に語ったこと。
アベノミクスでも統計不正、こっそり計算方法の変更などを行って数字を良く見せかけていること。
改元、新天皇即位の時も異例の発言し安倍首相個人の手柄を披露するかのようだったこと・・・など枚挙にいとまがありません。
この“見せかけ”には選挙連勝をみれば意外と効果的であったことは推測できます。

もう安倍政治、終わったのだから前回だけでいいだろうとも思うのですが、安倍政権を引き継ぐという菅政権(おそらく)の新コロナ対策を検証していく上でやはり押さえておかないといけないポイントを書いています。

特に候補者三氏のうち皆検査拡充を掲げていますが、菅氏だけ言い方が弱いと感じます。あまり期待はできないでしょう。

とにかく、症状が出たとき、診察を受け、必要ならすぐ検査、それによって適切な対応がされる。この体制が整えばいいわけですよ。
ワクチン、治療薬がなくても適正な治療が受けられればいいわけです。
だってどんな病気でもそうでしょう。検査の結果によって治療方針を立てるわけです。
なんでコロナだけ検査不要などと言う意見が出たのでしょう。

色んな対策の重要指標もこの検査による感染者数を元に考えられるものが多いです。
すくなくとも症状があって医師の要請がある人、濃厚接触者はすぐに、また医療関係者や、介護スタッフ、学校関係者などエッセンシアルワーカーなどはいつでも必要に応じて受けられるようにすることが大事だと思います。

もう一度まとめます。

*医療体制崩壊・・・検査キャパが小さかった事の言訳に使われただけです。全ての陽性者を入院に、という前提を取り払う対策をしっかりやれば解決します。やっとこの1、2ヶ月動き出しました。

ある政権に近い元知事なども最初医療崩壊するから検査は増やさない、と言ってしまったものだから、いまだに検査に後ろ向きで窮屈な議論をしています。
いつでもどこでも何度でも<日本国中やるのがいいのか>など、誰もそんなこと言ってないのに、相手の意見を自分が攻撃しやすいような形に変えた上で反論するのです。
いつもそうです。

現状検査は足りているのか、先ず必要とされる人は誰か。それを確認した上での議論なのに、そこを飛ばして全国民に・・・などわざと極端な議論をしています。
安倍寄りの識者ははらいせにそこばっかり言っています。

*外来に希望者殺到で感染が広がる・・上同様です。韓国では早くから屋外検査、ドライブスルー検査が取り入れられました。やり方を考えれば即解消でした。
他国のいいところを学んだ上で取り入れるという視点がありませんでした。

*治療薬がないから検査で陽性と出てもどうしようもない・・・治療は薬だけではないのです。
この間までお笑い芸人から美人医師までがこう言っていました。論外です。
この医師は治療というのは薬がなければ何も出来ないとでも思っているのでしょうか?
医師失格ですよ。

*いまだに“検査は増やしても良いがその前に医療体制が”・・・一体どれだけ経っているのか。2月3月ならわかります。このセリフは驚くべき事にいまだに出てきます。つい先日有名司会者が言いました。そういう発言が出てから一体もう何ヶ月経っているの、とすぐ咎められましたが。

ここまではもう今更いわずもがなのことですが自分の鬱憤晴らしとして流して貰ってもいいです。

*さて、検査の精度を問題にして反対する人達もありました。擬陽性偽陰性の問題です。
・・・じゃあこの検査の他にもっと精度が良くて安全な検査法がありますか?
この検査スルーしたら一体何で陽性者を見つけるのでしょう。
多くの重要指標もこの数字を元に出されているのですよ。

さて擬陽性の最低精度が7割と言われています。つまり陰性なのに陽性と出る問題です。
本庶先生は検査精度は70%あれば十分だ、と一蹴されていました。
放っておけばまるまる見逃すが、検査すれば感染者のうち7割発見できる。
大きな意味があるのではないか。

陽性者にはこの精度の事を話し、このまま症状が収まった人、症状のない人があればもう一度検査する旨伝えればいいのです。

*あとは死亡数が欧米に比べとても少ないので、日本独自のクラスター対策が成功している証拠、なんでも検査すれば良いというものではない、という医師とも思えぬ意見もありました。
医療の目的は命を救うこと。死者数が少ないのがなによりの証し、と短絡的に政府の方針を肯定する意見もありました。

実は、欧米と比べれば少なく、もちろん日本の医療技術が高かった事が一因なのはいうまでもありませんが、実はアジアで見ると人口当たりで日本の死者数は多い方だったのです。

アジアでなぜ死亡者、重傷者数が少ないのか。
山中教授はファクターXと名付けましたが、第二波も到来し、検査軽視でクラスター対策だけに力点をいれた方針が良かったとはとても思えません。
首相は日本モデルと胸を張りましたが、先走りでしょう。ここも見せかけに思えてきます。

以上、こういういびつで乱暴な議論はネットでも飛び交いました。
検査を増やせない、増やさない政府の肩を持つように検査拡充派を攻撃する流れも強くなったのです。
ともかく検査にずっと及び腰だった政府とそれを擁護するメデイア、識者、その周辺にたむろするネット民などの粗雑な反知性的意見で、この分野では随分遅れを取ってしまったと思います。
その検査率の低さは世界でも100位以下になっています。異常です。

長くなったので今回はここまで。続きます。

12 名前:大百科初心者

2020/09/16 (Wed) 06:38:47

>>11

接触確認アプリ(COCOA)に対する評価はいかがですか。

現時点でも普及率が低い(日経メディカルによると、インストールしていない人が7割)ことなど、いくつか問題点が指摘されており、covid-19感染拡大防止に有効かどうかということもありますが、そもそも普及速度が遅いように私個人的には感じられるのですが…。

13 名前:遠い山並みの光

2020/09/18 (Fri) 22:36:26

菅内閣の最重要課題=新コロナ対策はどうでしょうか。
前任の加藤厚労大臣はあの「誤解」発言で、大きな批判を呼びました。
少し詳しく見てみます。
37.5度以上の熱が4日間出たらやっと検査の対象になる、ということで、それまで症状のある人は検査を我慢していたのです。

その後電話してもさらに待たされるということがありました。検査が間に合わないのです。
早く検査してほしいという声は充ち満ちました。
で、37.5度、4日間という制限について、これを守った国民に、それはあんた達が誤解していたのだ、と言い放ったのです。
実際は検査キャパがなく、オーバーワークが常態化したセンター=保健所で断わられ続けていました。
この発言後ももちろんいまだ解消されていません。あまりに無責任な発言でした。
検査の実情が厚労省で何も把握されていない事を意味しています。

検査について大混乱を招き、中にはこの事で検査が遅れ重症化した、あるいは死亡に至った例もあったようです。有名人も例外ではありませんでした。
それを国民の誤解だったというのです。
普通ならこんな発言は十分辞任に値すると思いますが、なんせ安倍一強政権、何のことはなく過ぎていきました。
(医療物資の手配も大幅に遅れました。他国が政府直接買い付けで確保を急いだのに比べ、日本では商社任せで医療用マスクすら十分な量を獲得できなかったのです)

緊張感のなさの典型例でした。

当然これは野党のプレッシャーがないことが原因でしょう。
何をやっても許されるというゆる~い意識です。
安倍自民に様々問題が出ても、ごく一部の自民議員を除き、党内からほとんど異論が出ないのです。
安倍批判は“後ろから鉄砲”とかいわれて潰されていきました。鉄砲ではなく自浄作用だという認識は全くないのです。

またメデイア、国民の側も、安倍自民を先ず批判するのではなく、追求する野党を叩くという論調が多くなりました。
野党が悪いからだ、野党がしっかりしていないからこんな問題が起きる、野党のでっちあげだ、倒閣運動だ・・・
安倍自民は悪事をいくら働いても、それを批判し、正す方が叱られるわけですから、まったく反省はおこりません。

モリカケサクラのほか、防衛省日報隠し、厚労省裁量制データ改竄、IR汚職、1億5千万選挙資金、検察庁法問題・・と際限なくやりたい放題の振る舞いが続いていました。

この検査が普及しないのは“国民の誤解”との発言もこの延長上にあります。

しかし、政権はほとんど何も気にしていません。反省も、異論の受け入れも全くありません。
なぜか。単純に選挙で勝ってきたし支持率がそうは下がらないからです。
批判は当たらない、指摘はあたらない、とか、仮定の話にコメントしないとか、木で鼻をくくったような発言をするだけでよかったのです。

しかし選挙で勝ったと言っても自民の得票率は25%前後ですし、安倍内閣を支持する人の大半は“他に適当な人がいない”です。
国民の大多数が安倍自民を支持しているというわけではないのです。
ですが、結局は数の力。
選挙制度、政治主導=ゆきすぎた官邸主導(内閣人事局肥大化)、国会軽視など大きな議論にはなりませんでした。

さて、その加藤前大臣はありえない官房長官。
ご飯論法で有名な人です。こんなことがありそうですね。
また何百人も後援会を引き連れて総理が公費で紅葉を楽しむ。
「桜を見る会は批判されて中止したのでしょう?」と聞かれると「桜は中止だが紅葉を見る会をしないとはいってない」

緊急事態宣言、命と経済、COCOAについては次回。

14 名前:遠い山並みの光

2020/10/03 (Sat) 22:52:05



今回厚労大臣に田村氏が就任しました。
この方は厚生行政に精通されていてなかなかいい人事だったと思います。思い切り官邸からの妨害を排してやってほしいと思います。
強調されているのはやはり検査体制の拡張とそれに見合う医療体制の強化です。

前も言いましたが、症状がある、濃厚接触者を先ず優先に、さらにエッセンシアルワーカーなどの社会的検査も含め、迅速に検査が行われ、結果次第で適切な医療が受けられる。
これでいいのです。インフルエンザと同じです。

はやく陽性者を見つけて治療に入れる体制づくりが出来ればいいのです。
一部の政府御用論者が、“感染ゼロには出来ない”とか、“検査は全国民には出来ない” “なんでも検査すればいいというものじゃない”とか、否定するための極端で歪めた議論をしなければいいのです。

上の対策を少なくとも3月下旬から4月くらいに必死で取り組めば、検査試薬がない、医療用具(医療用のマスク、ガウン、手袋など)がない、保健所のキャパをこえた、などの混乱はかなりの部分避けられたでしょう。
初めての事態で混乱はあったでしょう。でも一部専門家は口をきわめて訴えていたのです。

しかし、政府は逆に外務省の予算を使って政府のやり方に批判的な意見をチェックしていました。
そしてネトウヨ、ネトサポを使って攻撃させたのです。
こんな様に敵を仕立て上げて卑劣な攻撃を加え、自らの失策と不明を隠蔽するような行為は、旧安倍政権の特徴だったのです。

そういう国民の意見の分断を煽るような指向性は改めるべきです。このあたり新厚労大臣はしっかり総括して業務に当たってほしいと切に望みます。

さて、前首相による唐突な各種学校の休校措置。
一部の官邸関係者だけで、何の合理的根拠も示さず、北海道の緊急事態宣言が評判良かったのをみて反射的にやってしまったのです。現場は混乱をきわめました。
私は今後のコロナ行政の行方に暗い気持ちをもちました。

そして、医療関係者、国民、地方自治体からも緊急事態宣言(以後宣言)を促す行動があり、4月7日に我が国で初めて宣言が出され半ばに全国に広げました。
感染者数から見てその10日ほど前に出せば最適でしたが、これは結果論。その最適日を決めるのは至難の技だったと思います。

政府は発出に当たって随分慎重でした。この慎重さは私は評価します。
休校措置の唐突さを批判されたことの教訓だと思います。
宣言によって出される、強い各種規制や外出自粛などの私権制限など、国民への強力な指示行為は国はできるだけ抑制的にし、自治体が地域の実情に合わせて実施するのがいいと考えます。

一時国と都の間で考え方の違いもありましたが、この時も国は緩やかに、都はきびしくという構図でした。地域の実情を把握している自治体にできるだけ権限を持たせる方がベターだと考えます。

実は旧安倍政権は早く宣言をだしてその成果をアピールし、改憲につなげようとするのではないか、とも推測しましたが、幸いその心配はありませんでした。
安倍擁護の右派系雑誌はさかんに、コロナを改憲に利用する論調だったこともあります。

宣言によって強い要請を出し、また営業停止など強制の場合、それによる補償が必要ということも、慎重の裏にはあったでしょう。さらに経済への大きな影響を考えれば、拙速に宣言を出すことに抑制的だったことも当然あります。

そして7,8月からの第二波でも、やはり経済を重視し宣言を国としては選択しませんでした。医療体制の状況も判断の一つに加えています。
今後も国の宣言などの強権は諸刃の剣であることを十分認識してコロナに対応して貰いたいと思います。
あくまで現場重視で地方に大きな権限、予算を渡すべきでしょう。自治体はコロナ禍で困窮する国民に最大限の経済的支援を考えて欲しいです。

命か経済かとよく二項対立で問題になりました。当初はコロナの危険度が推測できず、これにより議論が分れました。
経済=金儲けのように印象づけて命の大事さを殊更主張する声もありました。それを頭から否定するつもりはありませんが、経済は社会でもあるのです。
社会の崩壊はわれわれの生活の崩壊でもあります。社会は個々の命と比べられるものではありません。
社会の崩壊は何としても防ぐという考え方は大事だと思います。
少しづつ明らかになってきているコロナの特性をみきわめることで、命と社会の問題も考えていくべきでしょう。

COCOA 接触確認アプリ。こういう仕組みで最も気をつけるべきは個人情報の漏出です。
このCOCOAはその入力がなくて安心ではあります。
ただ、いまだに濃厚接触と通知が来て保健所に連絡しても、検査がすぐに出来ない場合もあるようです。何回もいうようですがはやい検査体制を整備してほしいです。

15 名前:遠い山並みの光

2020/10/03 (Sat) 23:34:37

COCOAの普及度について。
国民にはやはり個人情報の漏洩不安は一番大きいでしょう。
もう一つ国の信頼感にも関わってきます。
国(政府)が国民を露骨に管理支配下に置こうという姿勢があるかどうかが大きな問題です。
前政権はイデオロギーから、菅政権はまさにプラグマテイックな視点から、人事を軸に官僚を手なづけ、異論を排除して思うがままに政治、社会を動かしたいという指向性があります。
そういう政府であるうちは、マイナンバーなども進まないでしょう。
ですがCOCOAは個人情報の入力がなくインストールできるので、進まないのは、PR不足かなと思います。

16 名前:フィニィ

2020/10/07 (Wed) 13:36:04

国内の死者がいつの間にか1600人を超えていた。怖いなあ
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data-all/

17 名前:普通じゃない日本人

2020/10/07 (Wed) 22:49:55

広瀬すずファンだったので凄いショック

18 名前:漆黒のナンチャラ

2020/10/26 (Mon) 23:47:25

どうやら10月末までをトータル10万人以下ってラインはクリアできそうだね。
次は年内を15万人以下に抑えられれば及第点かな?

19 名前:漆黒のナンチャラ

2020/11/03 (Tue) 00:46:31

俺ちゃんの高度な計算によると我が国は新規感染者数3000人/日までは余裕で支えられるという結論に至った。
けど4000人を超える日が数日続くと医療現場がパンクすると思われる。
さてどうなるか。

20 名前:遠い山並みの光

2020/11/29 (Sun) 01:01:56

コロナの第三波が本格的になってきました。
原因としては
季節要因=低温乾燥化
国民のコロナへの気の緩み
GO TOトラベルなど人の移動、多人数での飲食機会増
など考えられています。

政府はこのうちGO TOと関連づけられるのを嫌がって、GO TOが原因になったエビデンスはないと言い張り、わずかな地域を除き一向に対応しようとしません。
7月中旬から東京除外でGO TOは始まり、10月1日から東京が除外解除になりました。
たしかに第二波はその後9月末にかけて減少していき、初期のGO TOは影響がないように見えましたが、東京除外解除とともに、それを待っていたかのように再び増加、過去最多更新の現在に至っています。

当初、感染状況が収まってから、という企画が見切り発車しました。
その時点で観光飲食業のダメージは極めて大きくこれはやむを得ないかとも思いました。
しかし状況とともにフレキシブルにこの政策は変えていくべき性格のものであり、今に至ってもきちんとした対応を取れていないのは、
安倍政権時、後手後手といわれたコロナ対策の“正統な継承“かと考えてしまいます。
しかも、GO TOでは中小の事業者、また利用側でも、困窮者、多忙な医療関係者にはその恩恵が全く及ばないことも明らかになっています。

このあたりの反省も込めて今考え直す時期に来ているのではないでしょうか。
なにより、最もしわよせが来ている社会的に不安定な層にいかに支援の手を差し伸べるかを考えるべきでしょう。

菅首相はGOTO中止に何を怖れているのでしょうか。
今やめたらやはりGOTOは失敗だったと言われるから。
いやおそらく見せかけの(当面の)経済指標の悪化を招きたくないから
経済重視というメッセージを主に経済界に送りたい

なにか頑ななものを感じます。
医療専門家と政府との間の認識のズレは極大化しています。
医療専門家の意見だけを重視しろとは言いませんが、現実、医療現場の疲労は大きく、重病者数は激増の兆し、病床占有率も半分を超えそうです。
このままのペースなら早晩文字通りの医療崩壊です。

さらにいまだにPCR検査は十分ではないようです。
PCRを増やすと医療崩壊を起こす(だから増やさないで良い)などと言う信じられない10週遅れの識者までいます。
無症状、非濃厚接触者の検査は個人負担ですが、この価格も一向に下がりません。

首相はいまだにマスク、三密、手洗いなどすでに手垢のついたワードしか言えなくなっています。
今頃一国のリーダーが発するメッセージとしては陳腐で貧弱で空虚そのものです。
大半の国民はほんの一部を除きそれを守り、ほんの一部は何を言っても聞かない連中ですよ。

政府が今やるべき事は、現行GO TOは一旦中止。
困窮者に対する経済的支援と、医療関係者に対する思い切った設備、人的物的支援でしょう。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
韓国の文化や歴史、日韓関係に関して
1 名前:頭端式ホーム

2020/05/24 (Sun) 09:26:19

韓国の新型コロナ対策についてのスレと、NHK連ドラのスレで韓国関連の話が大百科初心者さんから
あったので、それを中心に語るスレです。
ちなみに、韓国へ実際に行ったことがある人がいればネットと現実の違いについてや現地の人たちとの
ふれあいを中心に語ってくれれば面白くなると思います。

96 名前:大百科初心者

2020/09/19 (Sat) 07:18:12

>>95

現時点の菅新総理は、確かにリアリストに見えますね。

一方、ムン・ジェインの韓国に見られる特質は、「現実主義」ではなく「甘え主義」とでもいうべきものです。

韓国には、
「いざとなれば、日本も米国も、韓国のことを見捨てるはずがない。どんなに日米両国に対してムチャなことをしてきたとしても…」
という甘えがみてとれるのです。

「『戦犯国』である日本には無条件に韓国の面倒をみる義務があり、
『朝鮮戦争での血盟関係』がある米国は、最後の最後には韓国の味方をするはずだ」
という身勝手な考え方です。

ここで話はかなり過去に遡りますが、韓国は通貨危機のあと、IMFの管理下におかれたことがあります。

そのような事態になる前に日本は韓国を助けようとしましたが、米国が日本の動きを阻止しました。そのため、当時の韓国にとって最悪のシナリオが実現したわけです。韓国が米韓同盟を裏切ったことに対する米国からの復讐が行われたのでした。

バカは何度でも同じ失敗を繰り返すものです。

97 名前:大百科初心者

2020/09/19 (Sat) 08:54:40

>>95

※95への私の返答である※96(>>96)の続きです。

※95に遠い山並みの光さんが記載しておられる、日米関係についての見方は間違っていると、私は考えます。

戦後の日本というのは、「従米」は「従米」なりに、「日本の国益」をしっかり獲得してきたのだということは、確実に言えることだと思います。

日本のごとき軽武装国、そして四方が仮想敵国と言う状況からみれば、「従米路線」は結果的には概ね成功だったと思います。無論副作用的な問題なら山のようにありますがね。

自国の論理を超大国に向かっても曲げずに通そうとするなら、
日本はスイスのようにどこの国とも軍事同盟を結ばない中立国か、
米国のような超大国か、
欧州のように米国以外にも同盟の選択肢がある国になるしかないでしょう。

しかしながら日本は、東洋のスイスには、絶対になれません。スイスのモデルを日本が採用できない理由は明らかです。スイス・モデルとは極めて特殊事例なのです。

スイス国民のマジョリティは、ドイツ系・フランス系・イタリア系ですが、スイス国土がこの独仏伊の三強国に囲まれている以上、これらのうちどこかが対立関係や戦争に陥ったとき、スイスがどちらかに与するということは、即座にスイスの分裂につながる事なのです。だからスイスは、どの国とも軍事同盟を結ばず、どの国の味方もしない選択をしたのです。

ところで、どの国の味方もしないということは、反射効として「どの国からも味方してもらえない」ということをも意味します。だからスイスの防衛予算は、その経済規模に比べてかなり大規模な「重武装国」です。ここで日本の周囲を見渡すなら、中国・北朝鮮・(韓国)・ロシアは、いずれも日本だけで対峙・対応できるような、まともな国ではありません。米国あっての日本という言い方は若干プライドが傷つくものではありますが、それも致し方ないことです。名より実をとるよりほか、日本が生き残る道はないのです。

そして日本が超大国になるなどということもあり得ない話です。かつて“Japan as number 1”などと日本を持ち上げる詐欺的外国人の著作がベストセラーになったと聞きますが、日本人が奢るのもいい加減にしておく必要があります。日本は、超大国である米国や中国よりも、圧倒的な弱小国です。

結局今の日本は、最も信頼できる超大国である米国と、外交・安全保障面では一体化して行動する以外にないのです。大体、日米同盟や米国に文句を言う人には、米国よりマシな大国が一体全体あるものかと問うてみたいものです。

ここで遠い山並みの光さんは「米国とくっつきすぎるな。中国から離れすぎるな」と考えているようにも見受けられるのですが、その考えも間違いだと思います。

日本が自らの意思で米国と一体化することこそが、結局中国側に存在する「日本を自陣営側に取り込もう」とする野心を頓挫させるのです。結果的に、日米一体化の波及効果が中国に及び、むしろ日中関係も安定化するのです。

中国に近づきすぎた旧民主党政権下で、中国船が日本海保船舶に故意に衝突させるなどの事件が発生しましたが、
米国重視の安倍政権に変わったからこそ、
却って日中関係を“Under the control”の状態におくことができたのだといえます。

98 名前:大百科初心者

2020/09/19 (Sat) 09:31:13

>>95
※96と※97
(>>96-97)
の続きです。

最後に日韓関係について述べます。

日韓の国家間の関係は、純粋に損得勘定だけ考えてドライにやればよいのですよ。

日韓外交とは、所詮、日米外交の従属変数に過ぎない以上、米国が変わればそれに応じて自ずと変わるものです。

そしてここでいう「米国」とは、「トランプの米国」でもなければ「バイデンの米国」でもありません。
対中外交・対中政策では超党派で一致団結している、「連邦議会の米国」です。
そして政府に政策提言できる力のある「分厚い学界を有する米国」です。

米中対立とは、もはやホワイトハウスの主の気まぐれで動くような問題ではないです。

そして米韓は、あくまでも米中の中の極めて小さな1パーツに過ぎません。

今後例えば韓国が中国の本当の危険性に気付き、中国から離れ米国にきちんと協力することが明確となるなら、米韓同盟の修復と同時に日韓協力の修復も自ずと始まるはずです。
ただし、その大前提である韓国のまともな方向への変化が起きる兆候は現時点では皆無であり、当面(かなり長期間にわたり)望めないことだと断言できるので、菅内閣あるいはその後の内閣でも、対韓姿勢は当面は変えようがないはずです。


所詮、価値観も利益も共有できない間柄です、今の日韓はね。ノ・ムヒョン政権〜末期のイ・ミョンバク政権〜パク・クネ政権〜そして、モンスターであるムン・ジェイン政権が、自ら望んでそうしてしまったのですから。

日韓関係悪化のA級戦犯を一人だけ挙げるならムン・ジェインであり、戦犯をもっと大勢挙げるとしても、それは全員韓国側の政治家です。

安倍前総理は戦犯容疑者候補の末端にすら挙がりません。安倍さんは日韓関係悪化に限って言うなら、一切悪くないです。むしろかなりよくやった政治家だとさえ言えるでしょう。

安倍前総理に歴史修正主義的傾向があったのだとしても、それはあくまでも完全に個人の自由である内心領域を出ない問題ですよね。そして彼は「日韓併合では、日本が韓国によいことをしてやった」だの、その類いの外交非礼・歴史修正の言説は一切述べていないのですよ。一方のムン・ジェインの見苦しさ・醜さといったらもうね…。

それに朝鮮半島出身労働者訴訟問題が発生する前は、安倍前総理も韓国に対しては友好的態度を維持しようとし続けていたのですからね。

現状、韓国国内の
「政治家によるウソや不正の横行」
「反民主主義」
「全体主義」
「糸が切れたタコのごとき国ぐるみの反日や反米や日本への挑発」
などの荒れようは、日本でみられる現象の一億倍は酷いものです。

繰り返しますが、日韓は、損得勘定だけでドライにやれば、それでよいのです。

99 名前:mmm

2020/09/20 (Sun) 18:34:48

祝安倍傀儡政権誕生


https://blog.goo.ne.jp/akiko_019/e/971369857b07579e1c8e4843dbd11c59
「安倍首相は、1月末(すなわちオバマ大統領の次の4年の就任式
(イノギュレーシン)のすぐあと)に訪米して、
オバマに『日本政府が、50兆円分の米国債を買うので、
あと一回の円安と日本株高をアメリカにお願いする』ということをするようだ」
アベノミクスとは

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12249030107.html
安倍晋三首相が、トランプ大統領に、取り入るために、
明日11日(アメリカでは10日)に、持って行く日本からの資金は、
なんと
4500億ドル(51兆円)
だそうだ。

100 名前:遠い山並みの光

2020/09/26 (Sat) 22:05:00

韓国も次々と目をそらしたくなるようなニュースが多く流れてきます。見ていると、未熟な民主主義というか、粗雑というか、いわば途上国型の底の浅い混乱が目につきます。

一方、日本では、熟した民主主義の負の側面がじわっと現れてくる高度に根深い巧妙な手口が目立ちます。
公文書改竄。誰が指示を出し、何のためにやったのか。誰一人責任をとらず、人一人が亡くなっているにもかかわらず、事件の中枢にいる財務大臣が真相解明のための再調査はしないとこともなげに言い放し、反省のはの字もありません。
あろうことか、この既得権のかたまりのような人が新政権でまた留任。
党内からも何の文句も出ないというわけですから、政権党はこの8年のうちに腐りきったというしかない惨状でしょう。

しかも、関係した官僚が悉く昇進して体の良い口封じをし、メデイアには“公正な報道を”と恫喝ともとれる圧迫を加える。
権力側の中立公正とは権力批判をするなと同等の意味です。安倍政権(前)になってから、この傾向はきわめて強くなっています。
この面で新首相はさらに一枚上手との説もあります。

さくらもそうです。ホテルに明細書を出させず、名簿はシュレッダーにかけて、真相解明の努力を一切放棄。
あれだけ大きな被害を出した(戦後最大?)ジャパンライフ問題があっても、すでに説明済みといって、不問に付すとの新総理の、例のみもふたもない言い方で突き離す。

1億5千万問題。決して少ない金額ではありません。この金の入り口と出口の実態は一体誰が明らかにするのでしょう。こんな大きな金はトップか、幹事長か、官房長官しか決裁できないと言われています。これもほったらかしでしょうか。

TIME誌世界に影響力のある100人に伊藤詩織氏が選ばれました。彼女を襲ったのは安倍前総理の御用記者で、彼の逮捕直前に不可解な中止命令がありました。ここも官邸が関与したのでは、と言われています。

IR , 検察庁法問題・・・

こういう様々な実質的に違法行為を、髪の毛一枚すれすれでかわしながら、張本人達がのうのうと権力者であり続ける。巨悪の腐臭の匂いがします。
昔金環食という映画がありました。外は光り輝いているが内側は真っ黒という政治の世界を描いたものです。
今のトップ。雪深い農家、苦労人、たたき上げ・・・一見眩しいイメージの中は魑魅魍魎の蠢く異様な世界をくぐってきたという印象です。

こうしてみると韓国のスキャンダルは単なる言い合い、子供のけんかにみえます。
日本では巨悪は、韓国のように暴かれる、ということはないのです。
子供より大人のほうが賢いというならそれはそれで一つの考え方かもしれません。ただ賢いにはズルがつきますが。

101 名前:遠い山並みの光

2020/09/26 (Sat) 22:11:27

さて、韓国は自分の立ち位置=いかに東アジアで重要な存在であるかに気がついていないように見えます。日本に喧嘩を売って一体何の得になるのか。
政権維持に利用しているだけではないか、という味方は間違っていないでしょう。

文大統領なりの朝鮮ナショナリズム「国家観」が現実的な損得から目をそらしてしまいます。
当分はこれ以上の悪化をとにかく防ぐ視点をもって、ていねいに対応するべきでしょう。改めて言いますが、決して国民は韓国叩きを政権に求めないことです。

日米同盟は9条とともに日本の平和と安全にとって欠かせないものです。
9条があったために他国を土足でふみつけ、蹂躙して、他国人に無慈悲な殺傷行為を加えることはありませんでした。
また、日米同盟の存在で、日本が戦場になり多くの同胞が犠牲になる事はありませんでした。

ですが、過ぎたるは及ばざるがごとし。
前政権は米国の歓心を買うために、あまりにも下手に出すぎています。安保の負の側面を極大化しました。
たとえが気に入らない人もあるかもしれませんが、米国の金魚のフンになったともいえます。

さて、日本は本当に独立国なのか? という問いがあります。
米国の何番目かの州ではないか、属国ではないか、というのです。
安保条約、日米地位協定は日本国憲法の上にあるとさえ言う人もあります。

例えば横田ラプコン(空域)日本の首都上空の大半から富士山の上。
ここはどこの主権が及ぶのでしょうか。日本ではなく米国です。西から東京へ向かう飛行機は南に大きく回り込まないといけません。

沖縄で米兵の新コロナのクラスターがでました。
県に発生の連絡は遅く患者に関する情報は不明のままでした。
流行真っ只中の米国から入国する米兵に日本は検査どころか、名前、性別、住居、行動さえ何も知らされません。

日本国内で事故を起こした米軍機には政府は指一本触れられません。
日本の環境基準は米軍基地には適用できません。

きりがないので、ここまでにしますが、
これらの米軍のトラブル時の対応として政府はなにも言えない、いや言わないのです。
理不尽ともいえます
米国一心同体なるいわば米国依存症ともいえる下僕意識がそうさせています。
ただでさえそうであるのに、前政権はその劣性根性を上塗りしたのです。

米国と強い信頼感と言うのなら、先ずこの踏みにじられた主権=地位協定の改善に全力で取り組むべきでした。
やったことは米国製武器兵器の爆買い。必要のないとうもろこしを買わされたこともありましたね。

日本外交が脆弱なのはやはりこの米国一辺倒の考え方だと思われます。
つまり主体性の欠如です。
大きく世界を見たとき、覇権の行方はどうなのか。これは日本の将来にとって大きな問題ですが、韓国のように目先の情勢でこうもりのようにあちこち揺れるのではなく、日本として、どういう立ち位置を確保するのか。

米中あるいは中台の対立。対立の緩和には日本の存在感を示す絶好のチャンスでもあります。
米中に言うべきことはきちっと言い、大きな戦略を持って主体的に外交を展開する。

(安倍氏が米国に言ったことは米朝会談の時、いわば告げ口のような事だけです。
北の危険性と二枚舌などを吹き込んだだけで、会談を成功させるための真のアドバイスなどを
することはありませんでした。)

米国のご説ごもっともで言いたいことも言えない。米国の兵器産業をうるおわせるために国益をつぎ込む、かといってこれだけ信頼関係と言いながら、いつまでたっても地位協定は改定されない、車の関税問題は確約もとれない、駐留経費、GDP2%防衛費もくすぶっている。

よく安倍氏とトランプ氏の仲良しゴルフ写真をみて、安倍寄り論者はこれを北も中国もロシアもみていると、いかにも良いことのように言っていましたが、
逆にやはり日本はアメリカの子分だ、と見られたことでしょう。
北の拉致、ロシアの北方領土もこれでは少しも進まないはずです。

こんな外交の継承でほんとうにいいのでしょうか。

102 名前:大百科初心者

2020/09/27 (Sun) 11:23:12

>>100

※100で山並みの光さんは
「日本では巨悪は、韓国のように暴かれる、ということはないのです」
と記載しておられますが、
山並みの光さんは韓国をだいぶ買いかぶっているようです。

韓国とて、巨悪が暴かれているわけでは、全然ないのですよ。

韓国の法務行政を揺るがしている、玉ねぎ男とか玉ねぎ女(玉ねぎ男シーズン2 爆笑)とか、また別件ではありますが正義連(旧称 挺対協)の不正乱脈な金銭横領・着服の件などは、あまりにもお粗末すぎて見過ごせないものだから追及がなされているというだけのことであり、
日本でみられたような政治不正に相当するものなら、韓国でもほとんどが、抜本的に手をつけられずにいます。

むしろ日韓を比較するなら、日本では裁判所がそれなりにきちんと機能しており、政界の自浄能力のなさをある程度補っているだけ、一億倍マシだといえます。伊藤さんの件も、大局的にみればその文脈で読みとることができます。

一方の韓国では、それすら期待できないです。韓国の裁判所は、常に時の政権側に甘く、反政権側に厳しいのです。判決がそうなるよう、法理を使い分けたり、珍妙な法理をひねりだしたりします。珍妙な前提条件を、巧妙にしのびこませながらね。

そして事件が、政権側か反政権側かのマターでない場合には、常に韓国世論に迎合する人民裁判が行われるのが、韓国の裁判所です。

なにせ、サムスングループトップが被告人となった裁判では、「証拠はないが、心証では有罪だから有罪」という、超謎な判決が罷り通る国が韓国です。

韓国の裁判所では、証拠に基づいて心証を形成するという鉄則が通りません。

なんと韓国では、証拠とは、心証や予め決まっている結論を補強するために都合のよいものだけが採択され、都合よく使われる補助的なものに過ぎないのです。韓国の裁判所というところではね。

103 名前:大百科初心者

2020/09/27 (Sun) 12:29:26

>>101

※101で
「安保条約、日米地位協定は日本国憲法の上にあるとさえ言う人もあります」
と記載しておられますが、
上記「」内の言説の適否はともかく、批准された条約や国際協定(国際法)がほかの国内法よりも優先適用されるということは、現代国際社会の大原則です。我が国の法体系も、運用も、そうなっているのは当たり前すぎることです。

上記の原則が通らない国(例えば韓国やら北朝鮮やら中国がその例)にあい対する場合には、条約やら国際協定を結ぶ意味など、最早なくなってしまうのですよ。そんなことが国際社会で罷り通るのなら、これからは全てを戦争で解決させなければならなくなりますわな。

また、※101には日米地位協定の不平等について、色々と書いておられますが、これは日米戦争での敗戦に端を発する日米の構造的問題であり、前政権ひとりの責任ではないですし、
「日本が何も言えない、言わない」
という山並みの光さんの言い分は、実態とは全く異なると思います。

日米地位協定については、運用面での改善が図られてきましたし、日本側からは常にそれを働きかけています。日本政府が怠けているわけではないのですよ。

米軍人や軍属による犯罪行為や基地外での事故については、なるべく早い段階での被疑者引き渡しや事故調査への日本側の関与など、運用面での改善は徐々に進められているのです。まだまだ道半ばですが。

(この件で現行日本政府に対し、皮肉たっぷりに、つらつらと恨み言を述べる山並みの光さんの意見は、向ける矛先が、本質的に間違っているのだと思います。そんな恨み言は、日米戦争に負けた旧日本軍に言うべきことです。日米地位協定がそんなにいやなら、それを完全に破棄する(それでこそ完全に対等な独立国同士の関係だと言いたいならね…)まで、勝てるまで何度でも戦争するというアホなやり方だって、一つの選択肢ではあるんですよ。但し日米対立やら日米戦争なんぞという事態については、私は絶対にご免こうむりますがね)

104 名前:大百科初心者

2020/09/27 (Sun) 13:57:09

>>101

※101への返答である※103(>>102-103)の続きです。
※101で山並みの光さんは
「安倍氏が米国に言ったことは米朝会談の時、いわば告げ口のような事だけです。北の危険性と二枚舌などを吹き込んだだけで、会談を成功させるための真のアドバイスなどをすることはありませんでした」
と記載しておられますが、山並みの光さんは、米朝会談についての捉え方が根本的に間違っています。

まず「会談の成功」って一体全体なんなのでしょうか???

ショー的なみせかけだけ、会談が見かけ上成功したとして(韓国が狙ったのはまさにこのショーですよね)、米朝両首脳が握手したとして、それが日本にとってなんの意味があるのですか???
また世界にとってなんの意味があるのですか???

米国や日本や欧州などは、リビアで行われたような「完全かつ不可逆的な核廃棄とミサイル廃棄」を望み、それを譲るつもりは全くなかったのだし、今もそうです。
しかも、米国や日本や欧州などが確信できるやり方で、それを為し遂げる道筋につながらないなら、米朝会談には意味がないと考えていましたし、今もそうです。

北朝鮮のような事実上の巨大テロ組織(プラス収容所)との間で、みせかけだけの首脳会談成功を演出することに、意味が全くないことは明らかです。

そして北朝鮮からの目線からしても、平和的な会談やら条件を提示してもらうことやらで、北朝鮮が核を廃棄するつもりはないことも明らかでした。北朝鮮指導者は、核を保有したことと恐怖政治とにより、辛うじて国内の求心力を保っているのですから。

つまり米朝会談とは、ボルトン回顧録で明らかになったように、最初から茶番劇に過ぎなかったのですよ。韓国がお膳立てした茶番劇です。

韓国は、米国に対しては北朝鮮が核廃棄に応じる可能性があるとウソをつきました。そして北朝鮮に対しては、トランプと取り敢えず会って話をしてみれば、核を捨てるより前に(つまり核を持ったままで)国際社会からの制裁緩和を引き出せるとウソをつきました。このようにして、米朝会談は行われたのです。

韓国側からみれば、米朝会談という既成事実さえ作ってしまえば、あとはそれを突破口にして、どうとでもできる、なんとかなるという考えがありました。いつものように、米国や日本や欧州などへの甘えが、韓国側で発動したのです。

ここで日本の安倍政権の外交チームは、これまで北朝鮮が「飴」だけを先にもらい、「飴」を貰い逃げしてきた歴史を指摘し、北朝鮮のペースに巻き込まれぬよう、米国にアドバイスしたのです。これは韓国に騙され、レガシイを欲して前のめりになりそうなトランプに釘をさす、極めて的確な行動でした。これをやったのは、ほかのどの国でもなく、日本の安倍外交チームです。

しかも安倍総理は、米国攻撃のためのICBMや核だけでなく、日本に向けたミサイルと大量の化学兵器についても、交渉のテーブルにのせるよう、米国に強く要請しました。

別段安倍政権を持ち上げるつもりはないですが、山並みの光さんの言葉を引用するなら、
これこそが米国に対する真のアドバイスであり、
日米安保条約の精神を最大限引き出した、外交・安保上の功績であることは、否定しようもないことです。
茶番劇であった米朝会談は、破談すべくして破談したというだけのことです。茶番劇会談そのものを成功させるための「真の」アドバイスなど、最初からやりようもなかったというだけのことです。

105 名前:遠い山並みの光

2020/10/03 (Sat) 20:40:02

>102
日本の民主主義の到達度を、かなり程度の低い国と比較するのは、コロナ感染者、死亡者が欧米各国に比べて少ないからずっとマシ(だからOK)というのと似ています。

そういわなくても、思い出すのは近頃合同葬のあった中曽根前首相。ダグラスグラマン疑惑です。逮捕一歩手前で免れ、その後驚くべき事に大勲位まで与えられたのです。
ありえない巨悪をのさばらせました。
しかも1億円もの公費をかけて、ん?こんなの自助でやってくれよ、なんで、税金使うんだ、と思います。とにかくコロナ禍でアベノマスクと言いこの葬儀と言い、為政者の思慮の浅はかさは底知れないです。
その他、日本における最高権力者に関わる不正の闇は枚挙にいとまがありません。暴かれない闇の数もほぼその同数です。

それはともかく、多少民主主義度が成熟に向かうなか、その高さを突き崩しているのが安倍政権でした。
強行採決、国会軽視、行き過ぎた人事権の行使、メデイアや国民の政権批判に異常な敵対心を燃やし圧迫を加えた、つまりは少数意見尊重、多様性、寛容といった自由で民主主義的な作法を踏みにじることに全く無自覚でした。

その後継の管政権がその民主主義軽視をさらに進めるのかここで留めるかはかなり悲観的です。
「私ども(政治家は)選挙で選ばれている。何をやるという方向を決定したのに、反対するのであれば異動してもらう」
早速その強権姿勢があらわになりました。日本学術会議の一部学者の任命拒否です。

きちんとした理由も述べず、その決済過程も明らかにせず、法に基づき適正に・・・と説明にもならない言葉一つで済まそうとしています。
いや法に反しているかもしれず、以前の国会答弁とも食い違っています。
ありえない暴挙。
官僚のみならず学者、科学者、文化人が政府の意向に沿った意見しかいえなくなれば、これはもう、北朝鮮化、****化でしょう。戦前化といってもいいです。

苦労人、たたき上げに隠れた暗黒の闇。
竹中平蔵氏は首相に、アーリースモールサクセスを積み上げろと言ったようですが、この問題をアーリースモールサクセスと捉えるのは、いわゆる知性も感性も劣化した安倍支持層の最もタチの悪い連中だけでしょう。
彼らはまさしく日本の中国化、北朝鮮化を目指しているのですから。
他にも、管首相は、検察庁法改正案で、官邸の意向に沿った人事を行いやすくする意図を捨てていないのではないか。前政権では彼がこの改正案主導したのです。

首相は、発言通り、意に沿わない役人=例えば不祥事が発覚してそれを不正とみて追求しようとする役人はもちろん司法に関わる官僚も飛ばされることになります。
理由は後付けでなんとでもなります。
首相にとっては地位と数の力で“飛ばす権力を行使できる”という事だけが大事なのです。

それは今回の任命拒否問題含め、今ある数々の疑惑をどう真相解明するかという姿勢にかかってきます。
ここが明らかにならないと、責任の所在もつきとめられませんし、どう制度を改めるべきかもみえません。道義的態度も醸成されないのです。
数々の虚偽不正疑惑。これを見て見ぬ振りするようなことであれば今後も同様の事件はきっと起きるでしょう。(もうすでに政権不祥事は全て見逃します、そのどこが悪い、と居直ったと同然ですが)

虚偽と言えば、ある議員のある言葉が話題になりました。
その後本人によって発言は訂正されました。
これを少しアレンジしてみます。
1.杉田議員はいくらでもうそをつける。
2.国会議員はいくらでもうそをつける。
3.前首相はいくらでもうそをつきました。
4.現首相はいくらでもうそをついてきました。
さて1~4まで正しいものに○をつけなさい。(笑)

106 名前:遠い山並みの光

2020/10/03 (Sat) 20:48:09

>103
憲法と国際法。
これが大きな問題になったことがありました。
1957年砂川事件です。基地拡張に反対する市民のデモが基地内に侵入。7名が、安保条約第3条違反で起訴されました。この前提としてそもそも安保条約は日本国憲法違反ではないか、という大きな争点がありました。

東京地裁は安保条約に基づく米軍駐留は憲法9条に反しているとい憲法違反と判断。被告は無罪と言い渡しました。
大変な事態です。国は大慌てで、高裁を飛ばし最高裁に上告。
最高裁の判断は? 日米安保条約は違憲とは言えない」との結論を裁判官15人の全員一致で出した。
条約のように高度の政治性をもつものは,裁判所の違憲立法審査権には原則としてなじまず,内閣と国会の判断にゆだねるべきであるとした。
つまり判断できないから内閣と国会で話し合ってくれ、といったのです。
つまり国内法はともかく、憲法と国際法。そう簡単にどちらが優先といえる問題ではないということです。

地位協定、たしかに大百科さんが言われるとおり、全く何もしていないとは言いません。
しかし実質的な改善か、といえば、実態はほど遠いものです。
だいたい事前に“米側の同意が必要”との注釈がついています。米軍がNOといえば、改訂前と同じ事です。
また表にされない密約も多数存在します。

言われるとおりまさに道半ばです。いや半ばですらないかもしれません。
だけど、一体これが結ばれて何年経ったのでしょう。例えばドイツ、イタリアも敗戦国で地位協定を結ばされましたがその後の懸命の努力で全面改定を勝ち取っています。
日本はなぜといえば、負け犬根性から毅然とした姿勢を示せなかったのです。
日本側からみれば、敗戦が大きなトラウマになっています。「負けたから仕方ない」

しかしこれ米側から見れば、戦勝国の優越性から無理矢理押しつけたというわけではありません。実は朝鮮戦争が深く関与しています
1945年ポツダム宣言 
1950年~53年 朝鮮戦争
1951年サンフランシスコ講和条約
1952年旧安保条約、日米行政協定(後地位協定)締結。
「望む数の兵力を望む場所に望む期間だけ駐留させる権利を確保」

ポツダム宣言では占領軍はすみやかに撤退するとの意向でした。いくら日本が戦争に負けたからといって、いつまでも占領状態であってはいけないとの認識はGHQにもあったのです。

が、朝鮮戦争勃発により、東アジアの安保、軍事環境は激変。
米国は何度も劣勢に立たされます。瀬戸際まで追い詰められました。
後方基地としての日本の役割は極めて大きなものになりました。
米国は“望む数の兵力を望む場所に望む期間だけ駐留させる”必要があったのです。
兵器銃器の保管、運搬だけでなく、米軍兵士の休養、慰安の場所としても絶対必要なのです。

つまり日本敗戦の弱みをつついてこの協定を作ったと言うよりむしろ、朝鮮戦争に勝つためにやむを得ずどうしても結ばざるを得なかったと言うわけです。
そして戦争が終わりこの協定も破棄されてしかるべきでした。
しかし49年に中国が成立していますし、冷戦の進行の中、極東の米国支配にとってこんなに米軍に都合の良いものはないわけです。

1960年新安保条約締結時、行政協定は地位協定と名前を変えて引き続き運用されていくことになります。
その後、形の上では協定改善の動きもありましたが、それこそ“戦争で負けたんだから仕方がない”との劣等意識はいまだにぬぐえず、多くの不合理さをのこしたまま現在に至るわけです。

米国にとって協定を伴った日本の米軍基地は何物にも代えがたい価値のある安保装置です。
この事を日本人はあまりにも軽く考えています。
一方的に守ってもらっている。日本は、米軍には米国には逆らえない、と考えがちです。

とんでもない考え違いです。ひいき目に見ても同盟のその重みは日米対等。いやそれ以上です。
安保破棄、米軍撤退といわれたら、ビクビクせず“やれるものならやってみろ”といってやればいいのです。
少しは日米安保条約がいかに米国にとって重要な、かけがいのない、しかも安上がりなものか、考えさせた方がいいのです。現状で破棄など絶対出来るわけありません。

それから
米国一辺倒か、完全自主独立か、中国乗り換えか。
いずれも10ゼロではありえません。私達は極端な考え方に走るべきではありません。
現状を良く把握し、バランス感覚と大局に基づく戦略の中でじっくり考えながら、慎重に進むべきです。

107 名前:遠い山並みの光

2020/10/03 (Sat) 20:59:59

>104
米朝協議。
歴史的な米朝協議をショー茶番の一言で片付けるのは少し乱暴でしょう。
文大統領の根回し。日本は蚊帳の外。この見方をくつがえしたいために、この会談そのものを無意味なものととらえたい安倍寄りの識者は多くありました。
もしそうなら安倍氏は最初からこの会談そのものをぶちこわすための動きをすれば良かったのです。トランプにそう言えば良かったのです。

「飴」だけを先にもらい、「飴」を貰い逃げしてきた
こんな事は日本がわざわざ言わずとも米国は十分理解しています。カーターの例を持ち出すまでもなく米国だって何度と煮え湯を飲まされているのです。
いくらトランプが実績を残したいからと言って、また理念より商売損得だけで動く人間だからと言って、北朝鮮の思うつぼにはまったら世界から軽蔑され再選はないくらいはわかります。ボルトンだってポンペオだって日本に言われるまでもないことです。

北朝鮮が世界中で最も悪質な無法国家というのは誰が見ても明らかです。
北朝鮮が(あるいは韓国も?)もし国家の体をなしていない、だから何をしても何を言ってもムダ。交渉は無意味。
無視して制裁、圧力のみ、放置でよしの態度は、隣国として国際的な責任を放棄したもので、安定と平和のための使命を忘れたものとなります。

あらゆる機会を捉え、国際社会に関わらせることが必要です。
その中で、巡ってきたチャンス。日本はもちろん、北の危険性、二枚舌を強調すると同時にまた、直接の当事者として北の非核化と制裁解除に向けた積極的な発言を求められたと思います。
そう簡単でない事はわかりますが、最初から後ろ向きでは新たな展開はありません。このまま座視はありえない対応です。

だから安倍氏も変わっていきました。
トランプのオウム返しですが、
圧力と言えば圧力、圧力と対話と言えば圧力と対話、対話といえば、「私が無条件に金委員長と向き合う」
圧力一辺倒から脱したのはいいのですが、やはりトランプの口まねではね。
管首相もきっと同じでしょう。

ないものねだりではありますが、日韓が協力的であったなら、この会談もっと有意義なものになったでしょう。
拉致問題解決の手がかり獲得、また朝鮮戦争の終戦についての進展もありえたかもしれません。
もちろんトランプ、金、文では大きな期待はもてませんが、日本が本気で東アジアの安保環境にコミットする意志と努力を示したなら多少は違った展開が得られたと思います。

やはり米国しか目に入らない視野狭窄を感じます。
不透明ですが、第4回の米朝会談に向けて新政権は積極的に関与を強めるべきです。
韓国の主導はメンツに関わるとかいってないで、頼むから日本の存在感を示してください。


108 名前:大百科初心者

2020/10/04 (Sun) 16:15:06

>>105
山並みの光さんは「日本の民主主義の到達度を、かなり程度の低い国と比較するのは〜」と述べておられますが、
私が「韓国とて巨悪が暴かれているわけではなく、韓国でも巨悪のほとんどは放置されている」と返したのは、
最初に山並みの光さんが、韓国の現状と比較する形をとりながら日本を批判したからですよ。

そして、日本に多くの大きな問題があることは、勿論否定しませんが、そもそも民主主義が文句なく機能している国というのは、この世のどこにあるのでしょうか?

米国の国内事情をみてください。英国の国内事情をみてください。イタリアなど南欧の国内事情をみてください。そして何よりハンガリーなど東欧の国内事情をみてください。

どの国の民主主義も、まだまだ理想の姿ではないのですよ。そしていずれの国も、理想の姿になることなど、今後もないでしょうね。十人いれば十通りの理想と妥協があることでしょうからね。いくら法律があるとは言ってもね。

それにそもそも、自由民主主義という価値観が最善のものなのかどうかすら、確定したものではないのですしね。無論、中国や北朝鮮のような****・専制は論外であり、自由民主主義の方が一億倍よいことは間違いないですけどね。

話を戻しますが、山並みの光さんがご自身で述べたように、日本を韓国のような程度の低い国と比較することには意味はないのですよ。それなのに、日本の国内事情を批判する際に韓国を引き合いに出したりするから、却って話がおかしくなるのですよ。

日本から韓国に注目する主な理由は、
1. 韓国が迷惑な隣国だから。
2. 日本側が、とばっちりなどの不利益を被らないため。
3. 韓国を反面教師とするため。

です。決してあの国を手本とするためではありません。

109 名前:大百科初心者

2020/10/04 (Sun) 17:41:31

>>106
憲法は他の「法律」とは異なりますから、日米地位協定(国際法)の方が日本国憲法に優先するかどうかについては、議論がわかれていることは確かです。どちらが上だとか下だとかいう話は、どちらが正しいとも言えないです。

(但し、憲法を理由にして、日本が協定を守らないなどという、韓国などのマネをしようものなら、日本は軍事的にも経済的にも国際社会での立場の点からも、手痛いしっぺ返しを受けることは間違いないでしょうね。それにそもそも論として、憲法に違反する条約や国際協定なんぞ、最初から締結したり批准したりしてはいけないのですよ)。

最高裁判決では、「実質的には」合憲/違憲の判断を避け、政府と国会にボールを投げ返しています。

ここで無視できないことは、少なくとも「条約も協定も、違憲とはいえない」という最高裁の司法判断は、一応あるということです。

もし当時、明確に違憲だと判断されたのだとすれば、即座に協定を破棄するか、強力な改定交渉がなされたはずですけれども、少なくとも当時の最高裁としては違憲判決までは出せなかったため、現状のとおりになっています。

それで私も、現行の日米地位協定を放置しておいてよいなどとは、つゆほども思いませんよ。日米を対等な立場とする努力は、たゆまず続けなくてはならないことです。そのための駆け引きも必要だとは思います。

ただしここで忘れてはならないことは、日本に駐留する米軍は、米国の利益に適うものであると同時に、日本にとっても絶対になくてはならないものだということです。

米軍のプレゼンスが日本から消えたり弱くなったりすれば、必ず****は触手をのばしてくるはずです。****の建国以来、あの国が常にやってきたことは、軍事的な空白地帯に勢力を拡大することでしたからね。
そして21世紀に入ってからは、尖閣諸島しかり。東シナ海しかり。南シナ海しかり。中印国境しかり。そして香港しかり(香港に軍事力はなかったですからね)。そうして、台湾しかりなのです。

そして、駐留米軍プレゼンスの弱体化があれば、北朝鮮の暴走が再発するのも確実ですし、それこそ韓国だって、明確な敵方となるかもしれませんね。

つまり米国に対して毅然とした態度「さえ」みせればよいというわけではないはずです。

ちなみにトランプ米国との関係がギクシャクしている、「米国と対等な国」であるドイツからは、大幅に駐留米軍が撤退します。ドイツであれば、NATOも他の欧州諸国との同盟関係もありますから、彼らはさほど心配していないのかもしれませんが、日本には日米同盟しかないのです。それを忘れてはいけないと思いますよ。

110 名前:大百科初心者

2020/10/04 (Sun) 18:17:56

>>107
いいえ。
米朝会談は、単なる茶番劇です。

山並みの光さんに歩み寄った言い方をするとしても、「歴史的な茶番劇」です(笑)。

そしてこの会談の「枠組み」そのものからは日本は締め出され、そのことを「日本だけが蚊帳の外」と揶揄した人、今でも揶揄する人は日韓の両方にいますが、不思議なことに、欧米からは今、そうした日本への低評価はあまりきかないですね。

つまり米朝会談とは、最初から失敗すべくして失敗した会談なのですから、その蚊帳の内か外かなんぞという下らない問題は、最初から問題にすることすらナンセンスだったのですよ。

そして安倍外交チームは、米朝交渉の当事者である米国に日本の要求を示し、北朝鮮指導者にもそのことを知らしめました。即ち日本は米国に、「日本」を狙う核・ミサイル・化学兵器の件もアジェンダに乗せさせたのです。

米朝会談自体は茶番劇でしたが、その場で日本の極めて強い意思をハッキリ北朝鮮に示せたのですから、それはそれでよかったんじゃないですか?

日本にとっては、あの茶番劇会談によって、安全保障の観点での成功を勝ち取ったのですから、それはそれでよかったんじゃないですか?

間違いなく、米朝会談それ自体は茶番劇ではありますがね。

111 名前:大百科初心者

2020/10/09 (Fri) 01:12:32

10月8日の発表によると、世界貿易機関(WTO)の次期事務局長の最終候補は、ナイジェリア元財務相のヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏(66)と韓国産業通商資源省の愈明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(53)の二人に絞られました。8人から2人に絞られたわけですが、当初、泡沫候補と見られた韓国の官僚が最終選考に残ってしまいました。

新事務局長は投票ではなく、加盟国による話し合いによる全会一致方式で、11月上旬にも選出されます。選出に大きな影響を与えるのは、米国・中国などの大国の意向です。

今のところ選出が本命視されているのは、閣僚経験者であり、世界銀行勤務経験も長いナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏の方ですが、そもそもどうやって韓国の泡沫候補が最終選考まで残れたのか、と疑問に思います。

韓国によるなりふり構わぬ国際ロビー活動というものは、やはりあるのだろうと確信させられる事案であり、韓国とはやはりしぶとく侮れない迷惑隣国だと改めて感じる次第です。

日本は、韓国への半導体材料の輸出管理強化に関する紛争処理小委員会(パネル)設置を抱えています。WTO事務局長はパネルなどの個別事案には関与できないとされてはいますが、まかり間違って韓国の官僚の方が新事務局長に選出された場合には、日本側がこれまでのそのようなルールを額面どおりに受けとってよいはずがありません。

112 名前:大百科初心者

2020/10/09 (Fri) 16:09:49

ドイツ ベルリン市ミッテ区の公園に設置されていた慰安婦像について、撤去命令が出されました(この命令に対し、韓国政府・韓国メディア・韓国の市民団体はいつものとおり強く反発していますが)。

日韓間に色々問題がかさむ中、一つが片付いたと言えます。今後も銅像撤去への地道な取り組みが続けられることを強く望みます。
http://sincereleeblog.com/2020/10/08/yatta/
もし長期間設置され続ければ、それが悪い前例となるところでした。韓国の奇妙な既得権のごときものが、ドイツに生じかねないところでした。

慰安婦像とは、「平和の少女像」という名称の中で
「平和」を銘打ちながら、
実際には「紛争」を生じさせるものです。

銅像に付随する銘板の記載についても、日本側で広く認められている内容から相当ズレがありますし、像の新設自体が2015年の日韓合意に明白に違反するものです。

このような韓国による「組織的なウソ」については、一つずつ潰してゆく必要があります。

113 名前:遠い山並みの光

2020/10/10 (Sat) 22:17:29

>>108
日本の民主主義の到達度
これは世界的に見てどうなんでしょうか。すでに十分高い位置にあるのか、それとも、案外日本も途上なのか? あるいはここ何年間かでその高さは変化したのか。
その指標とされているデータがあるので見てみましょう。

1. 民主主義指数。英国エコノミスト誌の研究所が出しています。
完全な民主主義、欠陥のある民主主義、混合政治体制、****政治体制の4つに分類され、
選挙が公正に行われているか、国民の、女性の政治参加は難しくないか、人権は適正に守られているか・・・などが基準とされています。

2019年ランキングを見ると
北朝鮮は各指標ほぼ0点で最下位167位
中国153位、ロシア134位、アメリカ25位、韓国23位、英国14位、ドイツ13位
ノルウェイが1位ほぼ10点満点。スウェーデン、フィンランドなど北欧諸国が高評価です。

さて肝心の日本はと言うと24位。女性の政治参加や政治文化に低い点がつけられています。

2. 報道の自由度。
民主主義国家にとって、報道、表現、言論また学問の自由などは必須の項目です。
この中で報道の自由をみてみます。国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF)が発表しています。
北朝鮮は最下位180位。中国177位、韓国42位、英国35位、フランス34位、ドイツ11位、
ノルウェイが1位。北欧諸国がやはり上位を占めています。

さて、日本は66位。過去どうだったか。2011年に最高の11位。
その後どんどん後退し、安倍政権下急低下し今年は66位。

これらのランキングは絶対正確であるかといえば、必ずしもそうとは断言できないし、評価基準の妥当性もあるでしょう。
ですが、全く不適正で、無意味な物と切り捨てることもまた出来ないと思います。
これらを参考にして為政者は“人の振り見て我が振りなおせ”。よりよい民主主義を目指してほしいのです。

114 名前:遠い山並みの光

2020/10/10 (Sat) 22:19:46

>>109
日米同盟は前もいいましたが9条とともに日本の安保環境にとって大切な基軸です。

その上で、やたら癒着的に進めればいいというわけではなく、もちろん米国のいいなりに武器兵器、軍需物資を爆買いすることでもありません。
節度をもって、日米対等の精神で対応すべき物です。気後れして媚びるようなことは日本人としての誇りからも決してあってはならない事です。

あるトーク番組。今の日米同盟のあり方に疑問を呈した人に、有名な米弁護士が「大切な家を守るのに保険もかけないでどうするんだ」みたいなことを揶揄的に言いました。
こいつはばかか、日米同盟は現にある、世界8位の軍事力もある、保険は決してかけてないばかりか、ほぼ出来る範囲で十分かけているじゃないか。

彼の頭はいつも、日米安保に文句をいう人には、“では日米同盟破棄か”というような極端な議論をしたがるのです。
日本の名のある識者もみな疑問を呈した人を蔑視するような表情でした。
やはり彼らの発想も同じです。日米安保のあり方を批判=非武装論として10ゼロの議論にしたがるのです。
そして際限のない防衛費と、日米同盟の軍事一体化を節度なく正当化するのです。

なぜもっと落ち着いた議論ができないのか。なぜ地位協定といういわば不平等“条約”“協定”を必死に改善しようとしないのか、なぜ日本としてのきちっとした外交戦略を示せないのか。
やはり米国に頼っておけばまあ安心安全という他人任せ、依存性、主体性の欠如を感じます。

115 名前:遠い山並みの光

2020/10/10 (Sat) 22:24:25

>>110
「歴史的な茶番劇」だとして、日本の受け止めはそれでいいのでしょうか。
高みの見物で軽めの納得をし、ああ、つまらなった、というのならそれは一つの見方でしょう。

会談実現の経緯にも関与せず直接会談には参加していませんが、言われる通り、日本を狙う核・中距離ミサイル・化学兵器などは日本にとって大問題です。
私は日本が間違いなく当事者だと思います。
他人任せにせず主体的な意志をもって進めていかなければならないことです。

だから、第4回米朝会談へのアプローチ、米中対立から日本に近づく中国とのさらなる関係改善、そして日韓問題への積極的コミット。
この中で日本の外交力を磨き、東アジアでの日本の存在感を示すいいチャンスです。

これを例えば他人事のように茶番の一言で片付けて最小限の努力しかしないなら、さらに日本の埋没感は深刻になっていきます。

116 名前:大百科初心者

2020/10/11 (Sun) 01:57:44

>>113
民主主義指数、報道の自由度といった指数については、我が国の右派と左派の間では、捉え方が異なります。左派はかなり重視しているようですが、右派は「評価項目の選び方も点数の付け方も、恣意的であてにならない。そもそも北欧諸国の点数が高くなる仕組みになっている」として、あまり重視しない傾向にあるようです。

私個人としては、これらの点数や順位にはほとんど興味はありませんが、個別に指摘されている具体的内容をみて、世界では今何が重要だと考えられているのかなどを知りつつ、日本のレベルをあげることに役立つ指摘なら受け入れるべしという考えです。

しかしながらすべての指摘に納得できるわけでもないし、受け入れがたいものもなかにはありますから、決してヨーロッパが考える理想の押し付けが、日本人個人個人の幸福につながるわけでもないと考えています。

あと、北欧諸国が有利なのは、国の規模が小さいということも要因の一つでしょう。小さい国というのは、北欧のようによき方向にも行きやすいし、北朝鮮のように極端に悪い方向にも行きやすいものです。人口が少ないため、意思統一が容易であったり、素速くダイナミックな思い切った変化が可能だったりするのでしょう。

日本と韓国では、さほど順位がかわりませんが、結局これがヨーロッパからみた客観的な姿ではあるのでしょうね。私としては、大いに異論もありますが、安倍氏が行った人治主義的な手法などの大失点もあることですから、総合点では韓国とよい勝負となってしまうのは致し方ない部分があるのでしょう。

ただ日韓を比較した場合、法治主義の最後の砦である裁判所の機能や、判断の正常性・妥当性などをみれば、日本の方が、韓国よりも遥かに希望が持てる状況にあるとは考えています。

報道の自由ランキングについて、日本が低い点数なのは、「記者クラブ」という閉鎖的な組織がメディア界を支配しているからでもあります。この点、大手既存メディアは、政府のせいにするだけでなく、大規模な自己改革が必要です。今のメディアには、他人にこの状況の責任をなすりつける姿勢がみえます。

117 名前:大百科初心者

2020/10/11 (Sun) 03:00:42

>>114
日米同盟の深化という言葉が使われることがあります。

これは、より日米の協調度合いを強めるという意味ですが、この動きの中で、日米地位協定についても、日米を対等にしてゆく努力をしていただきたい思います。

事故や犯罪事件がおきて、日本国民の間に「駐留米軍への不信感」が高まれば、駐留米軍の活動にとってもマイナスですし、日米協調もままならなくなり、その結果日本の防衛に穴があきます。

日米相互の信頼感を高めるために、日米地位協定の運用の一層の改善や、協定自体を改定する努力を、お互いのために進めるべきでしょう。米軍にもその必要性をよく理解させる必要があります。

また、自衛隊の装備調達ですが、現在の我が国には軍事産業はほとんどないに等しいので、必然的に外国とくに米国からの調達が必要です。米国からの戦闘機購入などは(我が国には戦闘機を作る能力が全くないことから)、これは必須のものであり、決して爆買いではないと今の私は考えます。しかしながらさすがに、(安全性への不安がぬぐいきれず使いにくい)オスプレイの大量購入はいただけなかった事例だと考えます。素人目には、大型ヘリを多数そろえる方がよかったのでは…と思います(どなたか、この点などに誤りがあればご指摘ください)。

防衛省は、どのような国防をめざすのか、日本ファーストでよく考えたうえで、よく吟味した上で、費用対効果を最大化した装備調達をすべきです。

装備調達については、豪州やカナダなどと共同で米国と交渉する仕組みを作り、価格や納期の交渉力を強める仕組みも作るようですから、そういった工夫がきちんと機能することを、強く願います。

また、日本学術会議のスレにも書きましたが、防衛省が兵器・装備についての知見のレベルを高め、限られた予算で最大の防衛効果がえられるよう、検討・研究を深めていただきたいと思います。その点からも、政策提言を期待されている日本学術会議の「軍事研究を排除する」という姿勢は、もはや日本国民にとり有害無益なものだといえます。

118 名前:大百科初心者

2020/10/11 (Sun) 04:38:53

>>115
シンガポール会談にしてもハノイ会談にしても、これまでの米朝会談は、いずれも茶番劇だったことは間違いありません。アベヨリの目線だろうが反アベの目線だろうがそんなことは関係はなく、強いて言うなら、これについてはアベヨリの見方が正しかったということです。

そうなってしまったのも、韓国が米朝双方にウソを言って取り敢えず引き合わせてみたというのが、米朝会談の発端だったからです。

ですが、北朝鮮をこのままにしておいてよいというわけではありませんよ。

今後CVIDを目指すための入念に準備された新たな米朝会談は、時期をみてやはり必要になるでしょうね。

それにあたってはまず、北朝鮮とはもはや国とは呼べないような異常な状況にあることを踏まえた上で、入念な事前準備をする必要があります。

そして、韓国を関与させてはいけません。韓国を入れない理由は、あの国は米国に対し「取り敢えず朝鮮戦争の終戦協定を結んでほしい。不都合ならあとから撤回してもかまわないから」などと、今になっても持ちかけているような「かなりイカレタ国」だからです。北とは別の意味ではありますが、もはや国の体をなしていません。率直に言って当事者能力がないのです。

次に日本の関わり方ですが、日本としてはやはり、米国と緊密な連携をとることに尽きるでしょう。北朝鮮は今の日本など、単独の日本に対しては相手にしません。どんなスーパーマンが日本の首相であってもです。北朝鮮は、日本が先制攻撃を加えることはできないことを知っているし、一方北朝鮮の方は、日本に数百発のミサイル飽和攻撃をするだけの大量のミサイルを既に配備しています。これに対して日本には貧弱な迎撃システムしかないのですからね。即ち日本は最初から北朝鮮の交渉相手ですらないのです。それに北朝鮮の指導者が、最初から米国としか話すつもりもないことは、識者の一致した見方です。

北朝鮮との交渉当事者はあくまでも米国とならざるを得ず、日本は米国にどう働きかけるかが鍵になるのです。

既に茶番劇会談の場で、日本を射程におさめる配備済みミサイルについても、米国に強く働きかけてアジェンダに乗せさせたのですから、まっとうな方向性にゆくという期待をこめて予想するなら、今後の会談ではそれも含めて除去までの道筋を粘り強く米朝間で協議することになります。兵器除去の進展具合にあわせた段階的な制裁緩和のタイミングなどについても、北の行動パターンについて日米間でよく情報をすり合わせた上で、失敗がないよう計画する必要があるでしょうね。

ただしここで、北朝鮮にはそれに応じるつもりは今はないものと見られますし、核小型化やSLBM保有などの技術進展もみられるので、会談のタイミング自体、実際は本当に難しいのです。

北朝鮮が制裁緩和のために核・全てのミサイル・化学兵器を廃棄しようと考えざるを得なくなるまで、制裁で北朝鮮国内を干上がらせる必要があるのですが、制裁には抜け穴もあり、時間がかかっています。

本来、もっと早くに芽をつんでおくべきだったのです。

119 名前:大百科初心者

2020/10/11 (Sun) 05:23:04

山並みの光さん(江戸っ子さん)がおっしゃることで、実態についての誤解があると感じるのは、日米同盟で日米が一体化して行動することに否定的な言説を述べるときです。

軍事行動というものは、味方がバラバラに動いたり連携がとれていないなら、作戦遂行は必ず失敗します。これは個々の作戦・戦闘・戦争全体の話だけでなく、政治的な次元での同盟関係(例えば安保が絡むような外交の場での行動(例:対中関係・対北朝鮮関係)や防衛装備の調達)でも同様です。

対中関係も対北朝鮮関係も、盲目的な米国追従ではいけませんが、納得の上で意思をすりあわせ一体化することは、むしろ自然なことです。対北朝鮮政策について日米が異なるメッセージを発するなんぞという事態の方が、むしろ奇妙なことなんですよ。そして、対北朝鮮も対中国も、相手国の特殊性から、日米は一体化する以外にはないのです。むしろそれを引き剥がそうと工作してくるのが、北朝鮮や中国という国なのですよ。

また、防衛装備についてはその調達コストや必要性などについて、合理的に考えて行う必要はありますが、例えば性能が同等の戦闘機だからと言って、ロシア製を購入したり、データリンクができない中古品を購入したりするのでは、全く意味がありません。防衛省の調達については、勿論専門家から無駄使いも指摘されてはいますが、それでも「戦闘機の爆買い」などという言葉は、現場の感覚とはだいぶかけ離れているようですよ。自衛隊員とて、竹槍を持ち、丸腰で任務に当たることなんぞできないのですから、それを念頭に、無駄使いについても考えを致すべきでしょう。

120 名前:大百科初心者

2020/10/11 (Sun) 15:58:29

※118(>>118)の記載の一部訂正です。

韓国から米国に今でもしつこく要請している内容は、

×「取り敢えず朝鮮戦争の終戦協定を結んでほしい。〜」

○「取り敢えずでよいので、朝鮮戦争の終戦宣言を出してほしい。不都合なら、あとから(終戦宣言を)撤回してもかまわないから」
です。

当然、米国も相手にしてはいませんが、「あとからいくらでも撤回できる」と考えている点が大問題であることに、韓国政府自身が気付いていないことに大きな問題があります。

このことは、韓国が出す宣言やら声明やらにはなんの信憑性もないことを如実に現しています。それに、韓国が国際約束を平気で破るのも、こういう事例を見れば不思議でもなんでもないとわかります。

つまり今の韓国は、民主主義到達度など云々を評価する前に、国家としての体をなしておらず、もはや国際社会における当事者能力が失われているのです。

121 名前:大百科初心者

2020/10/13 (Tue) 19:12:41

元慰安婦問題や元(朝鮮半島出身)労働者の問題に関して、韓国政府の本性があらわになるような話が紹介されていたサイトにリンクを張らせていただきます。
http://sincereleeblog.com/2020/10/13/kromance/
ベトナム戦争における民間人被害者が韓国政府を訴えた訴訟における、韓国政府側の醜い反論です。

いわく、
「ベトナム人民間人(原告)の陳述には、証拠がない」
いわく、
「消滅時効が経過済みである」

いずれも、日本が韓国に投げ付けたい言葉ですよね。

日本はそのような言葉をグッと飲み込んだ上で、官民共に丁寧に手当てをしてきたというのに、韓国側はそれを否定し、日韓関係をぶち壊してしまいました。

そして、韓国軍がベトナム戦争で現地住民に与えた被害について、韓国政府はこれまでなんの手当てもしてこなかったにもかかわらず、上述の言い草なのです。

日本が韓国をまともな国家として扱うのは、やはり無理なようです。

122 名前:遠い山並みの光

2020/10/19 (Mon) 20:25:52

>>116
一般的にはこの制度は戦後アメリカ(たどればヨーロッパ)から持ち込まれた制度と考えられています。
日本国憲法とごっちゃにし、押しつけ民主主義、あるいは左翼からは戦後民主主義といわれて形骸化との批判もあります。

しかし、実は日本でも民主主義の萌芽は江戸時代にあり、明治期、ルソーの翻訳から中江兆民の日本版自由民権思想。また大正デモクラシー・民本主義に見られるように、とってつけた民主主義ではありません。

20年におよぶ皇民化思想、一君万民、尽忠報国など教育勅語的教育、思想にいわば洗脳されてきた国民が敗戦で一気に憑き物が落ちたように民主主義を唱えるようになったのは、やはりその思想的基盤があったからです。

天皇のためには死をもおそれぬ多くの軍国青年、少年、軍国少女が生まれ、敗戦とともに消えていきました。(ただ彼らがなぜすべてを国、天皇に同一化させる国体的思想にのめり込んでいったのかは、単に洗脳と言えない部分もあり分析が必要で多くの論考があります)

その後は昭和後期、平成、令和と長い制度的歴史の中で鍛えられてきたとも言えます。
そうであるのに世界的にはそう高い評価とも言えないのは、やはり前政権の決定の不透明性、不公正、不誠実な態度。国会軽視、公文書改竄、説明責任放棄、人事で人を縛り忖度をよぶ=自由な発想を封殺する国家主義の悪しき側面が全面的に現れたというしかありません。

さて民主主義指数、報道の自由度を計る諸指標もとりたてて明らかな不合理な点はみられないので、十分参考に耐えるものだと思います。
ただ日本と韓国の順位差など多少違和感はないではありませんが、切り捨てず他山の石として考えるべきでしょう。

なお「記者クラブ」という閉鎖的な組織・・・私も同意見です。
メデイアの大きな役割のひとつである権力と対峙し監視するという使命感、緊張感に欠けています。
見直しは必須です。

123 名前:遠い山並みの光

2020/10/19 (Mon) 20:30:39

>>117
「防衛省は、どのような国防をめざすのか、日本ファーストでよく考えたうえで、よく吟味した上で、費用対効果を最大化した装備調達をすべきです」
「装備調達については、豪州やカナダなどと共同で米国と交渉する仕組みを作り、価格や納期の交渉力を強める仕組みも作るようですから、そういった工夫がきちんと機能することを、強く願います」

そうです。全く異議ありません。
だいたいFMS=有償軍事援助などとごまかしの言葉は使うべきではありません。
“援助”って何でしょう。実態は“米の言い値で買わされる”ということです。言うに事欠いて援助はありえない。価格交渉すらできないような事を受け入れているのも米国盲従のあらわれにほかなりません。

日本学術会議の「軍事研究を排除する」という姿勢
これについて様々問題がありそう安易に結論が出せるような事ではありません。

ですからここでは、軍事という難物に対する政治家、官僚、国民の意識について考えてみたいと思います。
先に大戦で日本は無条件降伏し、戦前の日本の全面否定に走るあまり軍事について語るのをタブー視してきました。
日本の軍隊が真珠湾で、中国で、満州で、南方戦線で一体何をしてきたのか。この反省が大きすぎたのです。いや反省が過ぎたのではなく、軍事へのアレルギーが大きくなりすぎたのです。

多くの兵士はその悲惨で理不尽な体験から戦争、武器、兵器をほとんど語ろうとしませんでした。
また、敗戦直後から数年は軍隊がなく自衛隊となってからでも違憲論争があり、軍事について議論することは、平和主義に逆行するとの意識が強かったのです。

そして大量の軍事音痴が与野党政治家問わずまた官僚、国民にも生まれてしまいました。私もその一人です。(もっと軍事についての知識を学ぶべきです)

これが日本を守るのは在日米軍との短絡的な思考を生みました。私の知人などは在日米軍の方が自衛隊よりずっと人も武器兵器も多いなどと漠然と考えていたようです。
そんなことはありえない訳です。

だから米軍機が超低空飛行しようが、密集地上空を飛ぼうが、しばしば墜落など事故を起こそうが、無節操で危険な飛行訓練だろうが相手が米軍ではしかたない、というのが当事者以外の人達の認識です。
ここでも意味の違う米国ファーストなわけです。

なおかつこれらの米軍のおこす事件事故は沖縄の地で圧倒的に多く、本土人はその痛みと苦悩を十分共有しているとはいえません。

日本の自衛隊は世界第8位の軍事力を有し、そのクオリテイは、ある主要な分野では中国を凌ぐとさえいわれています。その実力を日本人は異常に低く見積もっています。
このことが、北や中国の脅威を煽られると、すぐに怖がりすぎて、米軍頼みの思考停止に陥らせてしまうのです。米軍の軍事力に対する盲目的な依存心は日本の方向を誤らせます。

124 名前:遠い山並みの光

2020/10/19 (Mon) 20:34:35

>>118
米朝会談に向けた準備が着々とすすむなか、日本は蚊帳の外という意見に対し、安倍擁護の識者アベヨリ?は何と言っていたか。

「北は日本のカネ=経済援助が欲しいだけなのだから何か言ってくるまでほっておけばいい。日本は何もする事は無い。」というのがあらかたの意見でした。こいつらはなんとノーテンキなんだ。
拉致問題はある、日本を狙う中距離ミサイルはある、終戦宣言も選択肢にあがっている、さらにいえば、日韓、日中問題も絡んでくる・・・
なぜ自らの問題として積極的にうごかない?

「北は無法国家。会談は物別れだろう。相手にしなくていい。」
これでは東アジアの平和と安定を日本が主体的に担おうとする意識はほぼゼロです。
これは日韓関係でも同じ構図です。
「韓国は国際法違反のまともな国家とは言えない。ボールは韓国にある。何か言ってくるまでほっておけ。」
日韓問題は実は日中問題であり、日米韓問題でもあります。

ただ最近の動きでは、ビジネス往来の動きがあり、振り返ればコロナ下、民間での海外からの帰還行動について韓国との交流が生まれ、政府高官の対談が予定されたり・・・
ムードは悪化の一途ではなさそうです。
日本は関係改善の妨げとなる行動をしないことはもちろん、相手待ちの沈黙だけではなく何か出来ること(裁判関係のお金という意味ではありません)はないかとの姿勢でいくべきです。

125 名前:大百科初心者

2020/10/21 (Wed) 07:21:37

>>124
米朝会談が茶番劇だったということは、今でこそ何度でも言えることです。しかし会談が物別れ・失敗に終わるまでは、そしてその内幕が書かれたボルトンによる暴露本が出るまでは、これが茶番劇だったという確信は、私も持っていませんでした。

会談当時はむしろ私も、「日本は蚊帳の外におかれたのだから、蚊帳の外からでもよいので、(蚊帳の内側にいる)当事国である米国に強く働きかけて、日本に不利な決定などがなされないよう、十分に事前対策すべきだ」と考えたものです。

しかし今、米朝会談の内幕の大筋がかなり明らかになったところで判断するなら、仲介国である韓国は、米国に対しては「北朝鮮は核・ミサイルを手放す用意がある。その可能性はある」と嘘をつき、一方の北朝鮮に対しては「ある程度米国に譲歩すれば(核・ミサイルを廃棄しない前に)、国連制裁緩和が認められる可能性がある。トランプと直に会えばその可能性はある」と嘘をついて、米朝両国の指導者を会わせました。そして韓国ムン・ジェインの心中には、米朝の指導者を直に会わせてしまえば、後はどうにかムン・ジェインが望むような宥和的な方向に事態が進展するという無邪気な期待があったのだろうと推測します。

米朝韓の三者とも、会談を巡る思惑は全く異なりました。方法論(米国はCVID、北朝鮮は核・ミサイルの開発ペースを落とす程度の譲歩)そのものについて、米朝は合意への道筋をつけることを目論んでいたにもかかわらず、()内に示したように、互いが考えるアプローチの仕方は全く異なり、なおかつ互いに譲れないと考えていたのですから、
合意にいたるわけなど、一切なかったのです。

しかも北朝鮮には核・ミサイルを捨てる気は全くなく、一方の米国は北朝鮮に全ての核・ミサイルを廃棄させなければならないと考えていたし、今もそうなのですから、
目指すゴール自体も全く異なるのです。

この会談は韓国の嘘から始まったものであり、最初から合意にいたるわけがなかった以上、合意を目指すと喧伝して行われた会談は、やはり茶番劇だったというほかはないでしょう。歴史的茶番劇であり、世界中の注目を集めた茶番劇です。

しかしそういうことも、今だからこそ言えることであり、会談の前は、トランプ氏の性格から考えても、どのようなハプニングが発生するかもしれず、結果は全く予想できませんでした。

だから※124で山並みの光さんが記載したような「北は日本のカネ=経済援助が欲しいだけなのだから何か言ってくるまでほっておけばいい。日本は何もすることは無い」
などとは、私はつゆほども考えませんでしたし、言葉に出したこともありませんよ。

山並みの光さんが※124で挙げているような人が実際にどのくらいの割合でいるのかは知りませんが、
結局日本政府がやったことは、そんな軽率な考えに基づく行動ではありませんでした。

日本政府がとった行動は、「米国に働きかけて、『日本に狙いを定めて既に配備された数百発のミサイルについても化学兵器についても』、核や米国を狙う開発中のミサイルと同様に、廃棄の対象とするよう、議題にのせさせること」だったのです。

米国は、日米安保条約があるからと言って、日本が何も言わなくても自動的に日本のことを議題にあげてくれるようなお人好し国ではありません。日本政府が蚊帳の外からでもきちんと米国に働きかけたからこそ、議題に上ったのです(現在の視点からみれば、蚊帳の内外は関係ないですがね。茶番劇だとわかった以上は)。

茶番劇だからと言って、日本がなにもしなくてもよかったわけではなく、この会談で日米は、今の北朝鮮は核もミサイルも廃棄するつもりがないことを明確に確認したのだし、また北朝鮮に対しては、「日本を狙うミサイル等も、対米国のミサイル等と同等に扱う」ことを知らしめるという成果はあったのです。

茶番劇は茶番劇なりにきちんと活用して、今後への取っ掛かりを作ったのだから、それはそれで一歩前進なのだと思いますよ。

トランプへのゴルフ接待外交なんぞについては誉める必要はないでしょうが、北朝鮮に「日本への軍事挑発や攻撃は、米国への直接攻撃と全く同等に重大な事柄として(米国によっても)扱われ、即北朝鮮(北朝鮮指導部)の破滅につながる」ことを知らしめ、そのことを米国大統領の口から直接北朝鮮指導者に対して語らせたことは誉めるに値することです。

政権への好き嫌いに関わらず、この点のやり方を政権に間違えられたら(例えば韓国のごとくね)、我々は本当に困り果ててしまうしかないではありませんか?私は政権に特別な感謝をしているわけではありません。彼らは彼らの仕事をしただけですからね。

ただ、山並みの光さんは、「安倍政権は外交についての仕事を何もしなかった」と述べていたので、米朝会談の折、政権がそれなりに適切な仕事をした例を挙げてみたのです。

126 名前:遠い山並みの光

2020/10/25 (Sun) 00:09:58

「茶番ではあったが日本はできるだけのことはやった。」
「茶番となったかどうかは別にして、日本はもっと積極的に関わるべきだった。」
ここは見方の違いですね。

今後への取っ掛かりを作った。ここも私には疑問です。日韓の打開を前向きに考えない以上とっかかりは出来ないでしょう。
また、文大統領の方便(100%他意あるいは悪意ある嘘かどうかは微妙ですが)が、米朝会談決裂の原因だ、と、両国から非難されたというわけではありません。
文が、勝手な調子の良い話をしたとしても、ある程度両国とも織り込み済みだったと思います。

だいたい、1回や2回で合意に達するような事ではありません。
米国側の目論見=CVID、北の目的=全面制裁解除。
こんな天と地との開きのある事を一挙に解決は出来ないでしょう。CVIDなど10年単位でやっと可能かどうかと言う問題です。
長期的な展望で見た場合、今後何回も会談が必要でしょう。それを日本が媒介すると言うくらいの気概や意欲がなければいけないと思います。
とにかく日本は当事者のど真ん中です。

安倍政権は外交についての仕事を何もしなかった。
全くゼロというと言い過ぎですが、TPPを米国抜きでまとめたこと、また、菅首相の今回の外遊の目的の一つでもある、インド太平洋構想の推進については一定の評価をしています。
しかし地球儀を俯瞰する外交8年間の成果としてはあまりにも少ない印象です。

「北は日本のカネ=経済援助が欲しいだけなのだから何か言ってくるまでほっておけばいい。日本は何もする事は無い。」
ここはたしかに私がTVで見聞きした範囲なのではっきりとは言えませんが、全般的な雰囲気としては、
「この状況で日本は何をすべきでしょうか?」との司会者などの質問に、アベヨリの識者、コメンテーターは日本の対応に積極性を求める意見はほとんどありませんでした。
あのNHKの女性記者の態度が典型的で、浮いてしまった安倍前首相の立場を気遣って、外野席で高見の見物的な言い方が多かった印象です。

そして、拉致問題を取り上げてもらうことになったことに、「さすが安倍首相」と歯の浮くような大絶賛をしていました。
結果、数十億ドルといわれた“口利き料”を払わされることになったのは周知の事実です。
またトランプは日本が願うほどに、米国に届かない短中距離ミサイルに関心があるとは思えません。

何度も言いようですが、日本が圧力一辺倒から、米に倣って“圧力と対話”にかじをきりましたが、対話の糸口は全くありませんでした。
やはり北が制裁にネを上げて日本に経済援助を求めて泣きついてくるはずだ、というタカをくくった姿勢が対話の糸口を閉ざしていたように思います。

なんでもかんでもけちをつける気はありませんが、米国一辺倒という他人任せの姿勢が、日本の主体性を奪い、日本の立場に応じた使命感を放棄させているようにみえて仕方ありません。
ここが行き過ぎた従米路線の弊害だと思います。

127 名前:大百科初心者

2020/10/25 (Sun) 01:23:22

>>126
山並みの光さんの考えは、無い物ねだりだと思いますよ。

1. 日韓問題
山並みの光さんは、「〜日韓の打開を前向きに考えない以上とっかかりは出来ないでしょう」と述べていますが、日韓関係について言うと、
日本の態度はもう、韓国の現状に応じて決めざるをえないのですよ。

韓国が国際約束を守る国に変化しない限り(国としての当事者能力を獲得しない限り)、それを先方がやってのけない限り、日韓の打開なんぞは絶対にあり得ないのですよ。

そのために「国際約束を守れ」と指摘することなら、日本政府は機会がある度に発言をしていますよ。

それを韓国が受け入れる(つまり「学ぶ」「心底理解する」)までには、10年、いや韓国人の言い草を真似るなら1000年はかかりそうです。いやはや。

韓国の政権のありよう、その他にも韓国国会・韓国裁判所・韓国軍・韓国メディア・韓国ネット・韓国の地方議会・韓国の地方自治体・韓国の教育現場・韓国の労働団体・韓国の人権団体もどきの各種団体などの現状をよく見ましょう。
そして韓国世論の現状をよく見ましょう。

その酷さたるや、日本の一億倍は酷いと思います。
(続きます)

128 名前:大百科初心者

2020/10/25 (Sun) 03:40:17

>>126
※127(>>127)の続きです。

2. 北朝鮮問題
遠い山並みの光さんは、
「それ(米朝会談)を日本が媒介すると言うくらいの気概や意欲がなければいけないと思います」
と述べていますが、
私としては、そんな日(日本が米朝会談を媒介できる日)が本当に来るなら、そりゃいい話ですね…としか。

日本には北朝鮮との国交も経済的な取引きもないのですよ。人的なパイプも、あるのやらないのやら。

日本はこれまで、
対話と圧力を併用し、状況に応じてその軸足を変えてきた
わけであり、現在は間違いなく、圧力に軸足を置いています。

日本との対話なんて、北朝鮮の三代目指導体制が始動以来、一貫して先方にその意思は無いことが明らかなのに、どうやって実現するんですか?

それから遠い山並みの光さんは、北朝鮮が日本と対話しなかったのは、日本の政権側の態度のせいだったかのように述べていますが、正気ですか?

北朝鮮指導者が米国首脳とだけ会ったのは、間違いなく日本と韓国に駐留する米軍の存在ゆえです。
また北朝鮮への国際的な制裁が、国連安保理決議によるものだからです。米国は安保理常任理事国であり、日本は違います。
また米国は、北朝鮮に協力する国への二次的制裁を課すことができ、それが強力な威力を発揮しますが、日本はそのような手段を持ちません。

日本も北朝鮮と会談するために、米軍なみの攻撃能力と先制攻撃する法的根拠とを、自衛隊に持たせましょうか?

もしそこにまで考えが及んでいるなら、日本が米朝会談を媒介するとかいう発想にも現実味が出てくるでしょうね。これは仲良しクラブの話じゃないんですからね。力と力(それも軍事力)のガチンコ勝負なんですよ。

それから、北朝鮮から日本に向けられたミサイル等について、トランプ氏が個人的に持つ関心の強さは、日本の国防とはあまり関係ないです。

これはトランプ氏の個人的問題ではなく、「米軍の問題」であり「国家としての米国の問題」です。

だからこそ私は、「国としての体があるかないか」「国として国際社会で振る舞う当事者能力があるか」という言葉を、これまで何度も口にしてきたのですよ。

米国の対北朝鮮政策や対中国政策は、現在の米国の国是になっており、ホワイトハウスの主が誰であろうと変わりません。ホワイトハウスの主が誰であろうと、日本としては、日本への軍事挑発や攻撃が、米国への攻撃と同等に扱われるよう、安保上の日米関係に亀裂が生じないよう、米国への働きかけを怠らないことが肝心だということです。

遠い山並みの光さんは、日米安全保障条約や駐留米軍を一体なんだと思っているんですか?
そして、鳩山由紀夫を除く戦後日本の政権が一貫して日米安保条約に実効があるよう努力し続けてきた積み重ねを、一体なんだと思っているのですか?

米国という国が、韓国並みに信用できない国であるというなら、話は別ですがね。

遠い山並みの光さんは、どの国がどの程度信用できるのか、少し頭の中を整理した方がよいと思いますよ。

129 名前:大百科初心者

2020/10/25 (Sun) 07:42:13

>>126
※128(>>128)の補足です。

遠い山並みの光さんは、米朝会談の前に安倍前首相が再び「北朝鮮との対話」に言及したことなどを、「米国に振り回された」「日本の主体性が発揮されなかった」事例として挙げていますが、私は全く違う見方をしています。

つまり、米朝会談がともかくも開かれるという「新しい事態」が急に生じたのですから、それに即応して、圧力一辺倒の態度を変えておく必要性が出てきたから、再び「対話」にも言及したということでしょう。

もともと安倍(前)政権は、北朝鮮への「対話」と「圧力」の両方を手段とし、状況に応じて重心のかけ方を変えていたのですから、状況に応じた態度の変化は不思議でもなんでもないことです。
そして米朝会談が物別れに終わった以上、再び圧力に全ての重心をかけるのは当然でしょう。

なぜ遠い山並みの光さんが、繰り返しこの点を安倍(前)政権のマイナス点だと述べ続けているのか、全く理解できません。

日本がいくら単独で力んでみても、北朝鮮問題は解決しません。

130 名前:江戸っ子

2020/10/25 (Sun) 18:09:33

読ませてもらって驚いたんですが、私と山並みの光さんは別人です。大百科初心者さんは勘違いしています(119番)。

 なんだか大百科初心者さんは、韓国が国家のていをなしていないとか韓国を殊更に悪く言いますね。その一方で米国は大いに立派な国だと思っているようですね。
例えば、国際法を尊重しないなんて、米国もそんなに立派なものではないのですがねえ。例えば、エルサレムの首都認定やイスラエルによる入植地の領土編入の承認(安保理決議違反)。イラン制裁の二次制裁なんてのは、自分が勝手に6か国協定から抜けておいて、内政干渉もいいところ。力を持っている分だけ、タチが悪いとさえ思います。
まあ、たいていの国が勝手なことを言うものなのでしょうが。そこを折り合いをつけていくのが外交力なのでしょうね。「韓国相手にせず」は愚の骨頂でしょう。

 それから、米国と一体化するべきだとか、日本への軍事挑発や攻撃は、米国への直接攻撃と全く同等に重大な事柄として(米国によっても)扱われるようにするとか、そんなの夢物語・一方的な片思い・甘えですよ。
あからさまな「アメリカ・ファースト」のトランプさんでなくても、日本は米国にとって外国です。理不尽な攻撃を許しては世界の秩序が崩れる、そうなるとどの国も安全ではいられなくなる、だから日本への軍事攻撃は許されない、というのが理想ですね。
少なくとも、「あの日本への理不尽な攻撃を許すようでは、米国との軍事同盟なんて無意味だ」となることを避けるために「米国は日本を守る」というのでなくてはね。この理論で米国はベトナムに介入したんだから、良し悪しは別にして、これは現実的ですよ。
そうなると、大百科初心者さん(日本政府にも同じ様なことを言う人が少なくないとも聞きますが)のように卑屈にならなくても、山並みの光さん(同じようなことをいう識者も少なくありませんね)の路線も現実味があるのではないかと思います。
 今のままでは(山並みの光さんがさんざん書いてくださっているので具体的には書きませんが)、日本はミツグ君か、ヒモ(米国)に縋りつくダメンズウォーカーか、用心棒(米国)に身代を差し出す商人(日本)かということになってしまう。
 少しずつ、ご無理御尤もの腰ぎんちゃく路線から離れていかないと。そのためには、まずはアジアで「日本は立派な信頼できる国だ」と思われるようにならないと。中国への対抗(それも米国の手先として)でアジア諸国に接近したのではなく、真にアジア諸国の持続的な発展(中産階級を厚くしていこう。環境や文化の保全・増進も)を願う、篤志家のような位置づけになれればいいなと思うのですよ。

131 名前:大百科初心者

2020/10/25 (Sun) 22:08:38

>>130
江戸っ子さんと遠い山並みの光さんは別人なのに、一時期同一人物と勘違いしたことに関しては、遠い山並みの光さんにものすごく申し訳なかったと思います。

132 名前:大百科初心者

2020/10/25 (Sun) 22:29:35

>>130
江戸っ子さんに似た主張なら私にも簡単に出来そうです(笑)。恥ずかしいからしませんけどね。

江戸っ子さんの主張は、新聞(特に某社の社説欄や投稿欄)のコピペに見えますよ。

それがポリコレには合致しても、実際には信用されない、支持されないのが今という時代でしょ。独善的だからですよね。江戸っ子さんみたいに。

133 名前:大百科初心者

2020/10/25 (Sun) 23:46:01

そして、江戸っ子さんの主張は一見して新聞社説や投稿欄のコピペにみえる(あと法令データベースなどの完全コピペ)だけでなく、
江戸っ子さんの考えは「ステレオタイプ」に縛られていますよね。

例えば※130では私をけなしまくりながら「政府にも同じようなことを言う人がいる」と言い、対比で遠い山並みさんを誉めながら「識者にも同じようなことを言う人がいる」と言う(笑)。

江戸っ子さんの脳内では、「日本政府=絶対悪」であり、「識者=絶対善」というような「ステレオタイプ」的認識となっているのでしょう。

そしてその認識は、学術会議のスレでも感じた江戸っ子さんの「権威主義」にも通じます。

遠い山並みの光さんが、丁寧に「安倍寄りの識者」と「そうでない識者」を分けて書いていたこととの違いにも気づかず、一時期は同一人物だと誤解してしまったことは、遠い山並みの光さんには申し訳なかったと思います。

勘違いの主因は、※130で「(江戸っ子さんが)言いたいことは、遠い山並みの光さんが既に述べている」と江戸っ子さん自身が白状したように、二人の主張のストーリーがかなり似通っているように見えたためです。

134 名前:江戸っ子

2020/10/26 (Mon) 01:23:18

>>133
 新聞社説のコピペ(私は咀嚼して、場合によっては数紙を比較して、理解したうえで書いているのつもりなのですが。大百科初心者さんがどういう感想を持つかは自由です)はともかく、「法令データベースなどの完全コピペ」とはこれ如何に。
 学術会議のスレッドのことなのでしょうが、首相の行ったこと(行政権の行使)を批判していたり、日本学術会議(行政府の一部)の行為について論じているんだから、資料として法令を読み込むのは当然ですよ。それを揶揄されてもねえ。

 大百科初心者さんの書いていることも、「どこかで見た・聞いたことのある話」ですよ。
 私ら素人の論は、よほど荒唐無稽な説でもない限り、似たような話をどこかで誰かが唱えているんではありませんか。コピペに限ったことではなく、ちょっと考えれば考え付く話という意味ですよ。

 「江戸っ子さんの脳内では、「日本政府=絶対悪」であり、「識者=絶対善」というような「ステレオタイプ」的認識となっているのでしょう。」
 私自身の認識とはかけ離れていますね。「政府(外務省)」は外交のプロですよ。外交官も(現役の官僚をそうは言わないので)退職すれば有識者でしょうよ。自分たちが日本にとって最善と信じたことをしていると思っていますよ。少なくとも政治家に介入(この政治家が日本のためと信じてやる介入も、日本のためという口実で実は自分のためにする介入もあるでしょうが)されない限りは。
 私はそんなの夢物語・一方的な片思い・甘えという評価をそのとおりだと考えているし、他の道があるという主張を非現実的とは思いませんが、リスクはあると思っています。外交のプロ(外務省の官僚組織)は、そのリスクを私が思うよりも大きいと判断しているのでしょう。外野と違って重い責任があるので失敗するわけにはいきませんからね。ただ、どういうシミュレーションになるのかということは、退職外交官を通じるなどしてでも発信してもらいたいものです。
 「大百科初心者さん(日本政府にも同じ様なことを言う人が少なくないとも聞きますが)」と書いたのは、受け売りであろうと夢物語だろうと卑屈だろうと、それなりに説得力のある(それどころか、プロの間では有力)路線だということを、私は理解しているということを示したまでです。

 「権威主義」
 私自身は真逆だと思っているのですがね。周囲の人の私に対する評価もそのようですが。この言葉の意味か、私の書いた内容を誤解しているのではありませんか(学術会議のスレッドに書きますね)。
 

135 名前:大百科初心者

2020/10/26 (Mon) 16:36:43

既出のように私は、遠い山並みの光さんと江戸っ子さんとが同一人物であると、一時期勝手に疑い、勘違いによる思い込みをしたため、遠い山並みの光さんのご意見に対して私が反論する際、遠い山並みの光さんご自身のご発言+(プラス)江戸っ子さんの発言への反論となってしまっている箇所が多く生じていました。

このような混乱した状況のもとでも、私との間で真摯にかつ極めて穏やかに粘り強く議論を続けて下さった、遠い山並みの光さんに深く感謝申し上げます。
それとともに、常に冷静で穏やかな遠い山並みの光さんの対応と比較して、私の記載ぶりは激しく、遠い山並みの光さんのお気持ちを傷つけた可能性があるのではないかと、悔いております。遠い山並みの光さんに対しては、本当に申し訳ないことを致しました。

以後このような誤解が自分の中で生じないよう、よくよく自省し、発言の仕方も改善していくよう努力いたします。今後ともどうか宜しくお願い申し上げます。

136 名前:遠い山並みの光

2020/10/28 (Wed) 17:46:54

>>135
大百科さんは、江戸っ子さんと私を同一人物と勘違いしたとのこと。
これについては、私は全く気にしていませんのでご安心ください。
コメントの内容を見れば江戸っ子さんと私はおおまかに前、現政府に批判的な意見を持っていることから、もしや、と大百科さんが考えられるのはわからなくもないです。
ただ私が“江戸っ子”だとややこしくなりますが、残念ながら田舎生まれで“江戸っ子”ではありません(笑)

遠い山並みの光(江戸っ子さん)と書かれていたので、訂正しようか・・・とも思ったのですが、議論の進め方などは全く違うので、すぐに別人とわかるかな・・・とか考えているうちに忘れてしまいました。

この日韓のスレかなり長くやりとりが続いていますね。
この中では私の知らない多くの事を学び、また考えさせられると同時に、またどうしてそんな発想になるのだろうとの疑問も多く感じました。

今後もここに限らず、些細ないきちがいから枝葉末節の議論にならないよう、また様々違った視点を取り入れることで問題を深められればと思います。
こういう掲示板では、売り言葉に買い言葉、罵詈雑言の投げつけ合いのようなことがおうおうにして起こり、議論が偏りすさんでしまうことは良く目にします。
そう言う事だけは避けたいと思っています。今後もよろしくお願いします。

さて今回のコメントはまた週末に。

137 名前:遠い山並みの光さんへ

2020/10/29 (Thu) 02:10:50

ご返答をいただき、どうもありがとうございます。

日韓を考えるとき、日本国内には韓国人が多く住んでおられることに配慮する必要があります。この方々は、日韓関係を相当ハラハラしながらみているだろうし、そのような状況は、韓国に在住する日本人の方々にも同様にあるだろうと思います。

そのような人々が現におられることを考えても、なんとか、日韓をマネージ可能なものにしてゆく必要があるのは間違いないですね。

韓国側から特段新たな挑発行動がみられないことで小康状態を保っている現在が、マネージされている状態なのでしょうか…。つい先週までの私なら、このつかず離れず的な状況こそが、良好にマネージされている状態だと迷わず答えたでしょうけど…。

138 名前:大百科初心者

2020/10/29 (Thu) 08:24:17

>>136
また、ご返答をいただき、大変嬉しかったです。

週末のご投稿を楽しみにしております。

139 名前:遠い山並みの光

2020/10/31 (Sat) 23:14:57

楽しみに・・・といわれると、ちょっと書きにくいですが、まあ楽しんでいただけるかどうかは別にして(笑)また続きです。

>>137
「マネージ可能なものに・・・。」
そうですね。韓国は同じ東アジアの大事な隣人として打開の糸口を探らなければならない、と思います。
私は前に例えましたが、日本は兄として不埒な弟を突き放すのではなくいかに導くか、という視点も必要だと思います。
今はチャンスがないように見えても、相手待ちでなく、あらゆるチャンスを逃さないという姿勢を持つことが必要です。
日中韓三カ国会議への出席で、韓国の徴用工裁判の対応待ちと条件をつけ日本が参加を渋っている問題があります。
日韓ではなく日中韓ですから、議題の内容は三カ国共通のものでいいのです。話し合うべき事は山のようにあります。ぜひ会談を実現させたいものです。

「人的なパイプも、あるのやらないのやら」
小泉政権の時は少なくとも裏ルートは確保されていました。
当時と状況は違いますが、そういうルートを多数保持しておこうとする意欲と熱意は絶対失ってはいけません。何度も言いますが他人事ではないのですね。

また、強大な軍事力がなければ交渉力がないというのも不戦敗と言わざるを得ません。軍事力はたしかに大事です。
しかし“力と力。軍事力だけの問題”というのもまた乱暴な言い方ではないでしょうか。
まして日本は核こそ持ちませんが世界有数の軍事大国で日米安保も堅持しています。そんなに卑下したものでもありません。

日米安保についてはすでに言ったとおりです。旧安倍政権の米国属国化とまでは言い過ぎとしても、過度に依存的、迎合的傾向はおさえ、節度のある同盟関係を続けていくべきです。
そうでない時、一番問題になるのは日本人の意識です。
米国頼みで、なんとか知恵と工夫を絞り解決策を探るという意欲にかけていくのです。
鳩山政権で米国関係がぎくしゃくし、その時の危機感がトラウマになっているのはわかります。
いわゆる羮に懲りて膾をふくですが、日米対等との矜持は捨ててはいけないと思います。

140 名前:遠い山並みの光

2020/10/31 (Sat) 23:17:27

「日本がいくら単独で力んでみても、北朝鮮問題は解決しません。」
そうです。その通りですね。
日本は米国はじめ韓国、中国、台湾、少し広げればASEAN各国。全ての周辺国と手を取り合って、北朝鮮問題に当たらねばなりません。しかし、その強い意志と使命感がなぜか感じられないのです。

安倍首相は「私が金委員長と直接向き合わねばならない。」と述べました。
私はやっとその気になったかと思ったものです。そして、何らかのその言葉を裏打ちする背景的な事情があるのだなと思いましたが、金委員長の冷たい言葉の他には何もなさそうです。
8年間の努力を全否定はしませんが、以前より後退してしまった責任は感じて貰わねばなりません。

もちろん安倍氏でなかったとしても、誰がやっても責任は問わなければなりません。結果責任と言う言葉は好きではありません。
そうではなくその経緯、過程についても十分かつ効果的であったとはいえないからです。

過去を見ても圧力、経済制裁一辺倒で成功した事例はあまりありません。
だいたい、日本がそうでした。ABCD包囲網、ハルノートで痛めつけられましたが、屈することなく負けを覚悟の無謀な闘いを引き起こさざるを得なかったのです。

安倍政権だけが悪いなどというつもりはありません。前提には北朝鮮の卑劣、姑息な行状があり、人権問題など許せないとの思いは私にも当然あります。それは言うまでもないことです。
ただそれは日本政府の対応の不十分さを免責することにはならないです。
その極悪国家に圧力、制裁と言っておけば国民もメデイアも文句は言わないだろうとの安易な行為が透けて見え、だからこそ表裏のルートも太くなるどころか逆に枯渇していったのではないでしょうか。

菅政権に、“金委員長に向き合う”という指向性は否定されていないと思います。
同じ過ちは繰り返して欲しくないです。

141 名前:大百科初心者

2020/11/01 (Sun) 02:36:09

>>140
対北朝鮮問題では、「日本の友好国でありかつ北朝鮮とも国交を有する国」というものもありますから、そのあたりが、いずれは鍵になってくる可能性ならなくもないかも、ですね。あくまでも低〜い可能性の話のうちの一つにすぎませんけど。

142 名前:江戸っ子

2020/11/12 (Thu) 02:48:50

 今日11月11日の朝刊(毎日)に、韓国のベテラン与党議員の寄稿が載っていました。
 政治家が嫌韓・反日と煽りあうのはよそう。植民地支配に対する戦後の日本の取り組みを韓国はあまり伝えてこなかった。韓国の植民地被支配の痛みを、日本は十分理解していないように見える。
 とにかく落ち着いて、できることをしようというものだと読めました。
 文政権の与党にもまともな人はいるのですよ。さて、菅政権の与党には?
 こういうまともな人を大事にしないと。相手を反日(嫌韓)と言い募り、嫌韓(反日)感情をむき出しにしたのでは、こういうまともなことを言う人とは対極の人が大きな顔をするばかりです。
 そしてそれを利用とする下司な連中(文さん、安倍さん(さて菅さんは?))の思うつぼ。

143 名前:大百科初心者

2020/11/18 (Wed) 12:29:12

>>142
「長きにわたって国ぐるみで」さんざん反日を煽ってきた、そして今も日常的に続けているのは、韓国の方です。だから韓国国会議員の寄稿文には、今更感があります。

それにその韓国国会議員の文章は、明らかに「日本向け」でしょ?全く同じ内容の文章を韓国向けにも発表したのなら、多少は評価できますがね。つまり、韓国側の態度を少しでも諫めるような意見を韓国国内で発表したなら、その与党議員は政治生命にも関わるほどのバッシングを受けるということです。韓国でも全く同じ意見を発表したのですか?今なら韓国メディアの日本語版も簡単にチェックできます。日韓問題について、韓国側の態度や卑怯なやり方を少しでも諫めるような意見を韓国政治家が発信している例を、私、寡聞にして知りません。もしあるなら、教えていただけませんか?

それに韓国政府による日韓慰安婦合意の一方的実質破棄や、ムン政権が意図的に誘導した徴用工判決を、本気で解決するつもりがあるのやら。「政治家」の寄稿文にしては、肝心な点について意味のある考えやアイディアを述べずに、当たり障りがないことだけ述べていますね。読んでも、一日本人としては「ふーん、あっそう」としか反応しようがありません。

144 名前:大百科初心者

2020/11/20 (Fri) 01:32:01

>>142
※143(>>143)の補足です。

韓国の与党議員が心底本気で、日本と韓国の双方で嫌韓と反日をやめようよと言うのなら、日本で呼び掛けたのと「全く同じ内容の呼び掛け」を韓国側でもやらないなら、彼の願いは叶わず、意味がないのですものね。辻褄もあわないですし。そうは言っても、韓国の与党議員の立場では、毎日新聞と全く同じ内容で自国側にも問題があるというような部分については、韓国内では発信できないだろうと思いますよ、99%。それ以外の部分ならできるでしょうけどね。当面韓国の国内事情は改善しないでしょうね。

それから日本についていうと、ポリコレの観点で正しいのは、嫌韓ではなくあくまでも親韓でしょう。だから朝日新聞なんかの社説は、オヤまあ、な日があるわけで。

日本に広がってるのを「嫌」韓と呼ぶのは本当に正しいのですかね?デマに基づくならいけませんけど。

全てのとはいいませんが、かなり多くの日本人は、正しい韓国情報に基づく正しい韓国観をもって、韓国に対する評価を正当に下げただけだと思いますよ。

145 名前:江戸っ子

2020/11/26 (Thu) 02:02:31

>>143,144
 これは日本の毎日新聞への寄稿です。韓国国内へは同様の趣旨のことを、韓国国民により伝わりやすいタイミング・方法・表現で呼びかけていくことでしょう。これだけこじれて、事実関係の認識にすらズレがある問題なのだから、同時に全く同じ表現をすればよいというのものではありません。
 
「日本についていうと、ポリコレの観点で正しいのは、嫌韓ではなくあくまでも親韓でしょう。」
 ポリコレと軽く言っていますが、ポリティカルコレクトネス、正論のことですね。わかっているんじゃないですか。同様に韓国にとっても正論は反日ではなく親日(隣国との関係は良い方が良い)が正論。ただし、反大日本帝国が韓国にとって正論であることもまた事実であることを、私たち日本人は理解しないといけないでしょう。これが、件の韓国議員の言う「韓国の植民地被支配の痛みを、日本が十分理解」する第一歩だと思います。
 正論が攻撃されるような状況は、どう考えても異常です。正論に対する攻撃には、きちんと反論しないといけないと思っています。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
米国新大統領誕生を祝いたいけど祝えない
1 名前:普通じゃない日本人

2020/11/06 (Fri) 13:32:37

米国の大統領選とその勝者について語るスレです。
一体いつになったら新大統領誕生を祝えるんだ?!!??!

2 名前:大百科初心者

2020/11/06 (Fri) 21:17:06

賭けの世界や株式市場なんかは、バイデン勝利確実ということで動きだしていますけど、トランプが勝つ芽なら、まだまだあるみたいですね。

開票が始まった後に、トランプ側が郵便投票分の集計を中止しろと主張したりとか(前前から、彼は布石を打っていた)、法廷闘争でダラダラと時間稼ぎ→時間切れで期日までに選挙人が確定しなけりゃ、一票ずつ投票権をもつ各州代表による選出にすりかわっちまうとか、連邦議会下院議員による選出になっちまうとか。もうそこまでいっちゃうと、有権者が大統領選挙で投じる票とは、一体全体なんのためのものなのか、それすらわからなくなります。

外野から見てるとゲーム感覚でみてもいられるが、アメリカ現地の人達は必死。両陣営のコアな支持層どうしは、銃武装したりして対立しています。テレビに映る連中の人相が悪すぎる。物騒で怖い…。

トランプとバイデンのどちらが、次期大統領になったとしても、非常に後味の悪いものが残りますね。お互いに相手方の正当性を認めないでしょうし。対立は激しくなる一方でしょう。今のアメリカは、これまであえて隠して触れなかったタブー(現実的には絶対に超えられない貧富の格差や、そもそもチャンスが万人に平等に与えられているわけではないという現実とか、アメリカンドリーム幻想の崩壊とか、皆の心根に根強く残る人種差別の発露とか、逆にそれへの憎しみとか…=アメリカをアメリカたらしめていた価値観の崩壊)が一気にオモテに出てしまって、今は整理がつかないことも影響しているのかな。

それにしても、トランプとは本当に保守派なんですかね?あれは保守派ではなく、「トランプ派」とでも呼ぶべき、なにがしか別のモノだと思ってしまいます。

それでもなお、腐っても鯛は鯛。中国やロシアよりは遥かに遥かにマシではあるので。はーあ。

3 名前:普通じゃない日本人

2020/11/08 (Sun) 18:11:55

ガースー、とうとうトランプを見限る
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020110800246&g=pol

4 名前:___

2020/11/08 (Sun) 18:51:06

ネトウヨがトランプ支持なのはなんで?
あとこの掲示場過去スレ消えた?

5 名前:普通じゃない日本人

2020/11/08 (Sun) 20:57:23

>>4
51スレ以上はむりぽ

6 名前:遠い山並みの光

2020/11/21 (Sat) 22:15:33

多くの見方はトランプの裁判闘争が失敗に終わり結局バイデン勝利になるというものですが、7000万人以上の票を獲得した実績は否定できず、
これをバックにトランプはとことん悪あがきして混乱が年明けまで続くというシナリオは杞憂でしょうか?
それにしても、7000万超票は驚きですね。

どこをどう見たらトランプ的世界を理解できるのでしょうか。
先ずコロナ感染者1000万人、死者20万人をこえる惨状です。
明らかにコロナ対策の失敗です。自身も家族もホワイトハウスのスタッフも感染しています。
これだけで即退場の理由になりますよ。
そしていまだに感染予防意識の低さ。最大限の対策を講じねばならない国のリーダーとして失格です。
そしてフェイクニュースの垂れ流し。FACTチェックで8割はデマという話もあります。
8割かどうかは別にしてもよく平気な顔ででたらめを言い、ツイッターに書けるものだと思います。

人種差別の扇動。人権意識の希薄さ。
分断と排外主義。
国際協調主義の放棄。
法と民主主義の毀損。
普通素直に見ていればどう考えても超大国の大統領にふさわしいとは思えません。

よく言われるのはラストベルト“取り残された人々”というキーワードです。
グローバリズムからはじかれて置き去りにされた層。
アメリカの理想を語り、しかし既得権益は手放さず、また世界の警察官として相当の負担を引き受けているアメリカは自分たちとかけ離れた存在だと思い込んでいる。

また黒人差別反対など「きれい事」や知的エリートの声が強くなりすぎていて、自分たちのことは誰も見てくれないという疎外感も語られます。
トランプが初めて自分たちのために戦ってくれた、というわけです。
ここはわからなくもありません。まあ100万人ならわかります。しかし7千万ですからね。

日本でもトランプ支持の識者も意外と多いですね。彼らは何をもってトランプに肩入れするのでしょう?
多く見られるのは対中政策のようです。
トランプの中国観が正しいというよりも、民主党、バイデンを親中国路線と決めつけてそれに強い不信感を持っています。
バイデンになれば米は中国共産党に乗っ取られる・・・などと、あまりに突拍子もないことを言い出す御仁までいます。

またデイープステート=闇の支配層に民主党は操られていて、バイデンの米国は「自由」を失うだろうという相も変わらぬ陰謀論を本気で語る識者もいます。

トランプの方がやりやすいだろう、という人も多いです。これは、おそらく安倍=トランプのいびつだが表向き「信頼」関係から、トランプに親近感を持つというにすぎないでしょう。

そして伝統的に共和党の方が日本の支配層にとって相性が良いというのもあるでしょうか。
ネトウヨ的には差別排外主義への共感でしょう。まあ陰謀論や、フェイクニュースの流し方に親近感を覚えている人もいるかもしれません。

その他、反リベラル、反左翼、反「既得権益」、反知性主義・・・

ともかくトランプの7000万票。
米社会の分断はトランプが作り出したものではなく、マグマのように米社会の底流にあり、今回それが噴出したという言い方に、否定しがたいものはたしかにあります。

新大統領にはこの大きな亀裂の修復と同盟関係重視の外交を目指してもらいたいと思います。

7 名前:S

2020/11/22 (Sun) 11:16:29

(比較的)まともなトランプ支持層は、『よく言われるラストベルトの“取り残された人々”』『グローバリズムからはじかれて置き去りにされた層』の通りでしょうね。
具体的には米国自動車産業の労働者層、南部・内陸の農民層。
バイデンと民主党が交易で栄える沿岸の港湾都市部での支持層中心で、トランプと共和党が内陸の砂漠地帯や南部の農村、デトロイトのようなアメリカの自動車産業の企業城下町での支持が中心なことにも表れていたと思います。
要するに、グローバル貿易で港も持つ都市は栄えるけど、外国から流入してきた製品や移民で苦しめられる立場の自産自消経済の人たちですね。
実は日本にも責任の一端はあります。
アメリカの労働者を最も苦しめてるのは、何と言ってもトヨタですからね。
だからトランプはアメリカ労働者の声の代弁者として、トヨタを徹底的に攻撃した。
トランプが親日家みたいな素っ頓狂な見方は事実にそぐわない歪曲でしょう。
むしろ戦後最も日本に厳しい大統領といってもいいレベルだった。
私は安倍政権は不支持でしたが、安倍政権を襲った不運の一つがコロナとともに、トランプ政権の樹立です。
安倍経済政策をことごとく潰してくれたのはトランプですからね(TPP交渉から離脱して思惑を潰し、厳しい通商姿勢でアベノミクスも行き詰まらせた)。
むしろ安倍政権支持だった人ほど、トランプを恨んでいいと思います。

ただし、いつかはトランプのような『日本に厳しい姿勢の大統領』が出現するのは時間の問題だった。
米ソ冷戦時代はアメリカにとって日本はソ連を偵察するための重要な戦略拠点だったので厚遇されてましたが、冷戦が終わればもう日本を手厚く優遇する価値はない。
日本もその立場の変化をわかっていたので、平成の30年間、アメリカから見捨てられないように尻尾を振り続けた。
正義などなく、現在のアメリカの転落のきっかけであり、明らかに間違った選択で、大失敗だったイラク戦争にも国民や有識者、国際世論の反対を押し切って支持表明し、協力したのもそのためだし、ことあるごとに、しきりに『日米の友情健在アピール』をした。
そういう点で、オバマ政権はめちゃくちゃ日米同盟重視の親日政権で、日米の友情というストーリーに付き合ってくれるありがたい政権でした(白人大統領ではなかったからか、歴代で初めて、今の所唯一広島を訪れたほどだし)。

ところが、トランプは『日米友情なんて建前で騙されないぞ』という厳しい姿勢だった。
『日米関係では、日本がアメリカに甘えて、一方的に得をしている、アメリカは常に対日赤字で、損をしている』
『日本はもっとアメリカの製品を買え。じゃなきゃアメリカはもう日本の製品は買わない』、これがトランプ外交の基本的姿勢。
日本にはアメリカの製品を少しでも多く買わせ、関税撤廃を要求し、逆に日本からアメリカへの輸出には厳しい輸出規制をかけ、重度の関税をかける。
アメリカの利益を追求し、少しでも厳しく日本からアメリカの利益、金をしぼりとり、従わない場合は日本を容赦なく冷遇する。
歴代でここまで容赦ない敵対的通商姿勢を日本に見せた厳しい大統領は初めてだったと思います。
それだけ、80年代の日米貿易摩擦・ジャパンバッシング以来の日本とトヨタへの怒りが、アメリカの労働者の間では渦巻いていたからでしょうけど。
トランプの『同盟軽視外交』『アメリカファースト主義』は、嫌が応にもアメリカにとっての日米同盟の価値低下という現実を日本に思い知らせた。

結果、日本の自民党は『対中重視』に方針転換せざるを得なくなった。日本中の企業が、対米輸出重視から対中輸出重視に変わり、日中関係が強くなり、日米関係が希薄化した。
アメリカは日本とも、欧州とも関係を壊して孤立と分断を深め、欧州も、日本もアメリカとの関係よりも中国との関係を重要視する結果を招いた。

まあ結果的にトランプはますますアメリカを弱らせたし、日欧ともアメリカを分断させて、中露(東側社会主義)を有利にさせ、日米欧(西側リベラル)を不利にさせただけですね。
だからロシアのスパイじゃないか、って疑惑があるんだけど。

しかし真意は別として、背景には『日本や欧州との自由通商で痛めつけられてきた、アメリカの自産自消労働者の怒り』がトランプという怪物を支持させて、誕生させた背景がある。
ここから学べる教訓は、日本も一方的な対米依存をやめて、少しはアメリカの労働者に配慮した通商をしないと、またトランプのようなモンスターを生み、復讐され、日米関係が壊される、ってことですね。

8 名前:S

2020/11/22 (Sun) 11:48:53

それとQアノンは確かに興味深いですよね。
内部を分解すると、反ワクチン、反マスク、反医療、反知性、非科学的な陰謀論。反5G、自然派・スピリチュアル系カルト。
法輪功とか統一教会とか幸福の科学とかカルト宗教の影響力。やたらと目立つトランプ信仰、プーチン信仰。
なんならトランプ政権とロシアだけじゃなく、なんと習近平と中国を同時に崇拝してるのもいる。
トランプのアメリカ、プーチンのロシア、習近平の中国の三ヶ国と、世界中の****、非民主的、社会主義寄りの反リベラル政権や反リベ政治家が、世界の資本主義支配層と戦う『光の連合』みたいな謎ストーリー。
反マスコミをこじらせてて、世間の常識で問題視されてる問題政治家や問題国家などを肯定し、逆に世間で常識とされる医療や科学知識等専門家の意見を否定する逆張り、天邪鬼。
科学を否定する田舎の非科学、迷信好きをちょっと彷彿ともさせる。

民主主義に絶望させるためにわざとやってるんじゃなけりゃ、内なるテロリズムってところでしょうか。
オウムとか人民寺院とかのカルト宗教の成り立ち、反社会性と根は同じだと思います。
現状の社会に絶望し、なんでもいいからとにかく社会を破壊したい、目の前の現実を否定したい、逃げたい、って人が多いんでしょうね。
実際、かつてうかつにもトランプを支持した層にも、ミュージシャンのジーン・シモンズ(アメリカのロックバンド『キッス』のベーシスト)のコメントなんか象徴的ですが、
『彼(トランプ)なら社会の閉塞をとにかく壊してくれそう』という、あまり深く考えていない、軽いノリで支持しちゃった層も多いですし。
そして実際に社会への破壊は起きましたが、その破壊の副作用があまりにも大きく、本当にアメリカが壊れたのが今です。
ある種の政治的テロだったと言えます。
今回、トランプが負けたのは、その破壊の副作用でさすがに目が覚めた人々と、トランプの非科学的でかつ放任的でネオリベ的なコロナ対応の不備を見て、『彼は労働者や弱者の味方ではない』と目を覚ました層の存在が大きいですし。

あとはカルト宗教の影響ですよね。Qアノンの主張はどうにもロシアや中国といった東側社会やイスラム圏などの第三社会の****国家を持ち上げて、米・欧・日の既存の西側社会を貶すものが目立つので、どうしてもロシアや中国の変な気配を勘ぐってしまうのですが、そういう工作じゃなくても宗教の匂いは目立つと思います。
法輪功、福音派、統一教会、日本だとさらに幸福の科学。もともと極右・ネトウヨにはカルト宗教の匂いと金の気配がどうしても感じられていたし、相性がいいの周知ですが、ここにきてついに正体を隠さないで露わになり始めたと思います。
KAZUYAみたいなネトウヨビジネスを貪ってきた人間すら、自分の客層にもカルトの信者層の侵食が止まらなくなってるのを見て、対応に頭を悩ませてるようですしね。
これから、日本のネトウヨもQアノン系カルトウヨと、宗教カルトについていけないネトウヨの、二分化(ネトウヨの分断)も起きるんじゃないかと思います。
アメリカの分断にも似た現象が起きてますし。

9 名前:大百科初心者

2020/11/22 (Sun) 13:40:00

>>7

トランプ派とバイデン派の対立は、
1800年代の工業化された米国北部(奴隷労働を必要としない)と、綿生産など奴隷労働に生産・経済活動を依存した南部との対立に似ているようにも思われます。このときは、南北戦争という内戦にまでつながってしまいましたが…。

10 名前:大百科初心者

2020/11/22 (Sun) 14:04:47

>>6
トランプがバイデンへの政権移行を妨げていることは、日本にも少なからぬ悪影響を及ぼします。(中国がこの混乱の隙をついて、尖閣諸島において、軍・海警・(国家公認の)民兵組織を渾然一体化させながら、表向き軍を前面には出さない巧妙なやり方で、軍事的挑発をエスカレートさせているのが、分かりやすい例です)。

もともとトランプ政権が誕生したときから、このような酷い終わり方は、ほぼみえていたようにも思います。

ここまで露骨に後続政権を妨害した例というのは、米国史上かつてなく、初めてなのではないでしょうか。

11 名前:S

2020/11/23 (Mon) 07:25:08

トランプ支持層、特にQアノンが保守とは異なる、って大百科初心者さんの感想もその通りでしょうね。
現状の社会を保守したいどころか、むしろ現状の社会への破壊を積極的に望んでいるので。
それくらい、現状の社会への鬱屈、否定的感情が溜まっている不満層が中核の反社会、反体制、反常識カルト運動だと思います。

そういう反抗の感情、社会に対する体制破壊的な行動、テロリズムを、社会保障の充実等でケアするなどしていかないと、社会への破壊衝動、人心の荒廃は進む一方でしょうね。
元オウムの上祐氏がQアノンとオウムの類似性を指摘していましたが、本当に破壊的カルト勢力になりかねません。
トランプは確かにアメリカを壊しましたが、トランプの破壊によるアメリカ社会と同盟国へのマイナス、打撃、混乱が大きすぎたと思います。
それでほくそ笑んでいるのは結局、中国とロシアでしょう。

トランプは日米同盟をも敵対的通商でギクシャクさせ、思いやり予算を増額しなければ本気で沖縄から米軍を撤退させかねなかった。
そういう意味では基地反対派にとってトランプこそ解決の糸口になりかけていたのは皮肉だけど。
そして世界中から米軍を率先して撤退させ、中国ロシアの進出をしやすくし、世界の安全保障に狂いを生じさせ、緊張状態を作り出してから、そこにアメリカの武器を売る。
ビジネスマンとしては確かに優秀だし、アメリカの金銭的国益を稼ぎ出してはいますが、その結果、世界に与える混乱までは配慮しない。
アメリカと自分さえよければ世界や他国はどうでもいい。極右が支持する一国主義、国益主義(反国際協調)のマイナス面をトランプは示しました。

環境問題と石油をめぐる戦争での疲弊、頻発するアメリカ発経済恐慌の混乱。
これらから、日本も欧州も、気持ちはすでに脱石油へ向いている。
しかし、長きにわたって石油産業とモータリゼーション(石油自動車社会)を牽引することで世界のトップに君臨してきたアメリカにとって、この世界の脱石油への風潮は、ますます王座からの転落を意味する。
反面、中国はバッテリー社会に向けて、リチウムイオンでますます大儲けをする。今のうちに中国と組んだ方が得策と考える欧州も、日本も中国に媚び、なびくようになった。
そしてアメリカは、トランプ政治でますます孤立化を深めた。

この状態をなんとかするには、米日欧の西側自由主義経済圏の権威復興、連帯復興しかないでしょうね。
バイデン氏も言ってますが、バラバラに分断したアメリカ社会を再結束させるしかないし、修復すべき連帯は日米関係、米欧関係もです。
幸い?、今は『コロナ』という中国発の共通の問題もある。これと香港問題やウイグル問題をはじめとする人権問題を機に、中国との関係を見直すべき、(まだまだ国益、金優先という資本主義的声が大きいですが)金よりもまず人権を尊重せよ、というリベラル回帰的な動き、声は世界にもじわじわと広がってる。
ところが人権軽視、資本・国益(金)優先のトランプはコロナ対応面でも中国に遅れをとり、失敗させて支持層からも見放されて負けましたからね。これは日本もですが。
結果として、自由主義・民主主義・資本主義はもう限界では?(コロナは中国から世界に拡散したのに)中国のような社会主義の方が対応が科学的で感染を抑え込めていて優れてるのでは?という印象を植え付け、中国にますます塩を送る結果になった。

しかし、反グローバリズム、反リベラル感情(反人権、反エリート、反国際協調、反民主主義)を抱く層からはそれが支持される。
彼らは単なる保守というより、グローバル化していく社会への反体制、テロリズム(抵抗派)にだんだんと近づいていってると思います。
その根源には非科学的でオカルト的な反知性、カルト宗教の影響力が強くある危険な迷信と偏見と人種主義と排他性。
愛国と自由どころか、実際にはアメリカを愛せなくなった人々、自由主義(リベラル)を憎むようになった人々、他者や隣人を愛せなくなった人々の、反社会ヘイト運動。
彼らトランプ支持者のQアノンがやたらとロシアとプーチン、社会主義を礼賛し、****的な政治を支持しているのも、むしろアメリカと自由主義への憎しみと否定の表れだと思いますね。
民主政治をぶっ壊すトランプへの愛と崇拝は、自分たちの****者が欲しいからなのでしょう。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
ビジネス
1 名前:じゅん

2020/11/19 (Thu) 21:43:03

これからの展望
22日にお時間お取りいただける方もご連絡下さい♪

【 チームメンバー大募集致します! 】

過去に幾度となく

色々な事に挑戦して来ました

もちろん人生変える為です

綺麗事は言いません

お金は大事です

お金は必要です

そんな僕が初めます!

《こんな方を募集致します》

&#8226;人生変えたい方

&#8226;このままではあかんな…とおもてる方

&#8226;良く分からんけど…どないかしたい方

&#8226;切実にお金に困っている方

&#8226;シングルマザーで頑張ってるママさん

&#8226;人生もう一花咲かせたい方(年齢なんて関係ありません)

&#8226;老後の為にお金貯めたい方

&#8226;コロナ終息したら海外旅行に行きたい方

などなど…ようは誰でも大丈夫です&#128076;


情報は命です

知っているか知らないかの違いです

あとは

やるかやらないかは

貴方が決めて下さい&#128524;

押し売りは一切しません!

直感が良い方なら

必ず理解頂けるとおもています&#128522;

『 なんや、、また何始めるん&#10067; 』

気になった方は

コメント、もしくはDMで&#128518;



こんな僕とチームになって頂ける方

大募集致します&#8252;


※僕とチームになって頂けたら全力でサポート致します&#128522;
※好評につき更に増員募集しますただし21日で打ち切り致します&#128524;

興味ある方は個別まで&#128129;♀
合言葉は●●削減
その際にはどちらの投稿をご覧になられたか更にお住まいご年齢などお知らせください^ - ^
ちなみにチームで協力していきます&#129309;

@129aqeah

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
京都九条のポン中ヤリマン林みき
1 名前:58

2020/11/19 (Thu) 19:19:48

京都九条のポン中ヤリマン林みき36
ネタ持ってると直ぐやらしよるで

0756612411

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
ちんちん シュッ! シュッ!
1 名前:谷本弘明

2020/11/11 (Wed) 17:12:19

               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < 俺は管理人
        ノ:::へ_ __    /      \_____
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪

               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < ちんちん
        ノ:::へ_ __    /      \_____
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪


               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < シュッ!
        ノ:::へ_ __    /      \_____
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪


               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < シュッ!
        ノ:::へ_ __    /      \_____
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪


               _
              /  \―。
            (    /  \_
             /       /  ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ...―/          _)  < シュッ!
        ノ:::へ_ __    /      \_____
        |/-=o=-     \/_
       /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
      |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)
      |::::人__人:::::○    ヽ/
      ヽ   __ \      /
       \  | .::::/.|       /
        \lヽ::::ノ丿      /
          しw/ノ___-イ
           ∪

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
アルメニアとアゼルバイジャン、戦争するってよ
1 名前:普通じゃない日本人

2020/09/28 (Mon) 20:36:41

トルコが後ろ盾を務めるイスラム教国アゼルバイジャン(トルコ系民族)が、
ロシアが後ろ盾を務めるキリスト教国アルメニア(トルコに大虐殺された民族)に戦争吹っ掛けるってよ
アルメニアがアゼルバイジャンから強奪したナゴルノカラバフ地域に火がついたそうだ。
今年の七月頃には「ダムにミサイルをぶち込んでやる」「原発にミサイルぶち込んでやる」と仲良く睦み合ったそうで。
https://www.bbc.com/japanese/54321011

2 名前:普通じゃない日本人

2020/09/30 (Wed) 03:57:28

うん、どうせ興味無いんだろうなとは思ってたよ、うん。

3 名前:フィニィ

2020/10/07 (Wed) 13:43:03

僕は興味ありますね
報道を見る限りだとアゼル優勢ながらアルメニアがかなり頑張って抵抗してる感じ
戦闘が山岳地帯に移りつつあるからこれからは泥沼化しそう

参考
2020/9/27に発生したアルメニア・アゼルバイジャン間の戦争についての現状況及び考察
https://kakuyomu.jp/works/1177354054922648854
Twitterでアルメニア情勢をレポートしてるユーザーさんとしては
mssn65@jpg2t785氏がなかなか詳しくてオススメ

4 名前:普通じゃない日本人

2020/10/07 (Wed) 22:53:42

>>3
おー、同志発見

5 名前:フィニィ

2020/10/10 (Sat) 19:39:18

早くも停戦か
世界大戦の引き金になるとか一部で騒がれてたけどまあロシアが裏で「ゴラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」ったのであろう
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201010/k10012657331000.html

6 名前:普通じゃない日本人

2020/10/10 (Sat) 21:53:20

>>5
ちゃんと首脳の頭に中身が入ってて安心したわ。
近頃は中身が空っぽの国が大活躍してくれてるもんだから心配で心配で……

7 名前:フィニィ

2020/10/15 (Thu) 13:18:05



https://kakuyomu.jp/works/1177354054922648854/episodes/1177354054934363351
~3:00 アルメニアのハッカー集団が、アゼルバイジャン軍の募金口座をハッキングし、Amazonで9050ドル相当の
コンドームと29000ドル相当の大人のおもちゃを注文し、その配送先をアゼルバイジャン政府庁舎と国防省に設定する。
この他、アゼルバイジャンの銀行は同集団からのサイバー攻撃により計10時間のシステムダウンを強いられている

8 名前:大百科初心者

2020/10/16 (Fri) 00:37:11

>>7
ゴムとおもちゃとな…

ホンマに配送されればいいのに。おもちゃは、いまや軍の必需品やないのん?性暴力撲滅のために。

9 名前:フィニィ

2020/10/22 (Thu) 22:14:29

もうこんなにアゼル側が領土制圧してたのか
鉄道の駅を回復したというところにちょっとエモさを感じる
https://twitter.com/karategin/status/1319185514524758016

>>8
軍人向けエロアニメとか需要があるかも(適当

10 名前:フィニィ

2020/11/08 (Sun) 22:27:43

アルメニアガチで負けそう。。

11 名前:フィニィ

2020/11/10 (Tue) 12:35:06

終戦。南部は取られたけど北部はなんとか残る感じか
ドローンの優秀さが教訓かね。しかしこれに刺激されてあちこちで民族運動が盛り上がりそうな予感。。
領土は取り戻せるという前例を作っちゃったからねえ
https://twitter.com/eoas_info/status/1325964735049707521

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
ネットで見つけたネトウヨの興味深い書き込みを貼って行く
1 名前:フィニィ

2020/10/17 (Sat) 20:35:51

たまにはネトウヨ関連の話題も。なるべく笑える系中心の予定ですw

2 名前:フィニィ

2020/10/17 (Sat) 20:37:07

【悲報】裁判所がTwitter社に開示命令 ネトウヨの黒瀬深さん、名誉毀損で開示へ

60 ::2020/09/28(月) 20:25:39.53 ID:naaSp6750.net
別に民事の裁判なんか怖くないだろ。
前にも似たスレに何回も書いたけどさ。

日雇い労働者の俺は、神奈川県の家賃1万5000円の3畳間に住む貧乏人だが、
今までに2ちゃ〇やバクサ〇、その他掲示板やブログで色々な書き込みしまくって、
発信者情報開示の照会書や、発信者情報開示請求訴訟を35回以上起こされているけど、こうして元気全開でネットしてるぞ。

裁判は全て負けてるが1円も払ってないぞ。
ほとんどが名誉毀損だが。
ネットに色々書きまくるからね俺は。

簡易裁判所や地裁から、何回も特別送達を受け取ってる。
放置しているんで、当然裁判には完敗してる。

でも、給料や財産の差し押さえまでしてくる原告なんて、ほとんどいないぞ。
まあ、銀行口座がバレても、今この瞬間、三井住友銀行に15700円しか貯金ないし、資産はボロボロのチャリンコと汗と脂で汚れた布団、
ラジオと歯ブラシ、中古で3000円で購入したパソコンしかないけどな。

「 金200万円と年5分の金員を支払え 」 みたいな判決も全部無視してるわw
原告は大損していると思うぞw

裁判で命じられた金を払わなくても、裁判所から督促なんて来ないし、罰則もないからな。
逮捕される訳じゃないし。

金と時間かけて裁判して、1円も俺から取れなくて悔しいのう悔しいのうwww 

って感じだw

直近の裁判だと、去年結審した裁判で、判決が 【被告(俺)は、原告に金員106万円を支払え】 だったけど、1円も払ってないわw
相手の弁護士から手紙が何回も来て、【月1万円の分割払いでもいいので、支払って下さい】 だとw
無視してるがw
電話は来ないよ、俺電話もってないからねw

仮に刑事で逮捕されようが痛くも痒くもないけどな。
こちとら暴行で前科3犯だし。
2回目までは罰金で済んだが、3回目は懲役いったぜw

3 名前:フィニィ

2020/10/17 (Sat) 20:47:30

よく考えたらネトウヨかどうかわからないのに書き込み晒しちゃったな。。。軽率なことしちゃったよ。。。。

4 名前:普通じゃない日本人

2020/10/17 (Sat) 23:49:47

>>3
ま、まあ、次のコピペで挽回すれば良いと思うよ

5 名前:フィニィ

2020/10/18 (Sun) 19:30:52

ありがとう。。。

37 : 安田一平 一人一殺[sage] 投稿日:2013/06/08(土) 14:34:24.01 ID:???
>>34
殺戮戦になったとき、例えばオスプレイから学校の屋上に物資が投下された。
中身は食料と銃器だった。これで個別に戦えと・・・・
自衛隊は大丈夫だろうか、でも僕らが戦わなければ生き残れない。

普段はデカイ顔しているDQNは震えている。ビッチ女子は殺し合いなんてやめてとか
ヒステリックに叫んでいる。教師は全員逃げ出した・・・。

だが、日常的に覚悟を持った在特会会員は冷静に装備を身に着けている。
その学校にも在特会会員は存在した。日本を守るために戦おうとする人間が。

ふと気づくと、慣れた手つきで銃をコッキングする女子、「知らなかった?私も在特会なの。」
いつもは目立たない女子、ちょっと大人し目のメガネの子・・・。

もし、そういうシチュエーションの時、扱いに困らないようにイメージするのも必要かと思います。

6 名前:フィニィ

2020/10/18 (Sun) 19:33:29

647 :名無しさん@十周年:2009/08/20(木) 13:40:44 ID:8y903/8l0
>>606
はっきり言う
他板へのコピペ爆撃は迷惑だから止めてくれ
ウヨサヨ関係ない迷惑だ
巻き添え規制を食らう人もたくさんいるし
興味のない政治コピペを見せられて不快に思う人がたくさんいる
それで味方が増えると思うの?

734 :N048041.ppp.dion.ne.jp:2009/08/20(木) 13:50:23 ID:lj9f7NKg0
>>647
おおむね同意。
だから板の流れをよく見て、スレに相応しい内容で
そこに居る人達に真実を知らせなければならない。
そして、世間の人皆が2ちゃんを見ているわけではないので
家庭や職場でのクチコミや、ビラのうっかり置き忘れなど
リアル生活での注意喚起も出来れば同時に行いたい。
というわけで、どこかに置き忘れ用のチラシのまとめサイトとか無いの?
近所のミンスポスター貼っている家に見せてあげたいの。
小さな町なので、頼まれ事断るのって結構大変で
情報にも疎い気の良い御老人の家とかにミンスの宣伝が
貼ってあるのが、気の毒でならない。

7 名前:普通じゃない日本人

2020/10/19 (Mon) 18:45:28

>>6
こういうのって大体どれくらい素で言ってんだろう……

8 名前:フィニィ

2020/10/29 (Thu) 21:19:44

2009年あたりだし割とガチだったんじゃないかと思う。。

926 名前:名無しさん@涙目です。(チベット自治区)[sage] 投稿日:2011/08/19(金) 21:45:50.68 ID:wEWkakA10 [1/3]
ブサヨ沸きすぎ・・・
夜になると急に増えるな


944 名前:名無しさん@涙目です。(兵庫県)[] 投稿日:2011/08/19(金) 21:46:45.80 ID:SEJ/RJaf0 [2/2]
>>926
俺も思ったわ
平日の昼間はそんなことないのに
平日の夜と休日は異常に擁護が沸くよな
明らかに工作員が混じってる


968 名前:名無しさん@涙目です。(catv?)[] 投稿日:2011/08/19(金) 21:48:12.85 ID:QEsicRrM0 [3/3]
>>944
それ働いてるんじゃないの?

9 名前:フィニィ

2020/10/29 (Thu) 21:20:17

329 :可愛い奥様:2009/06/25(木) 18:49:39 ID:flBxfT9w0
母子加算を復活 生活保護法改正案が委員会で可決

330 :可愛い奥様:2009/06/25(木) 18:52:54 ID:gsPnWeZl0
>>329
これは自民党GJだね。
うちの周りにも母子家庭いるけどさ、本当たいへんそうなんだよね。

332 :可愛い奥様:2009/06/25(木) 18:53:56 ID:gsPnWeZl0
>>329
あ、民主が決めたのかこれw
それじゃダメだ。
財源はどうするんだって話。
無限に金が湧いてくるわけじゃないんだからさw

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
忘れられてる感の強い合流****について語るスレ
1 名前:普通じゃない日本人

2020/09/02 (Wed) 03:20:49

ああ、こんな政党もそういえばあったね。。。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c70f668bd1ed7a616f58d85345ff31af3f7bcc95

2 名前:漆黒のナンチャラ

2020/09/02 (Wed) 22:35:47

日程重なってるってのは知らなんだ
後出しジャンケン的にわざとぶつけたなら安倍ちゃんもたいしたもんだ
ちゃんと党のこと考えてるんだな

それはさておき党名どうするんだ?
いい加減に民主の名前捨てたほうがいいぞ
「かの旧民主党の正統なる後継政党です!」だなんてアピールはマイナスにこそなれ絶対にプラスにはならんぞ

3 名前:普通じゃない日本人

2020/09/08 (Tue) 17:23:33

【立憲民主党議員、意気地なし多すぎ説】
【枝野に逆らう気概を持った立憲議員は居ないのか?】
【無所属議員、若者に大人しく道を譲るいい子ちゃん多すぎ。抵抗勢力の底力を少しは見せてみろや】
【悲報:結論:ただでさえ注目されてない****代表選、肝心の戦いの内容も大して面白くない】
>>2
いや、今更民主党の名前捨ててもどうしようもなくない?
民主党が民進党になったら何か変わったか?何か変わった記憶はないぞ。。。

4 名前:漆黒のナンチャラ

2020/09/13 (Sun) 22:58:03

>>3
そりゃ民主党から民進党への改名は党名を変えただけだから周りも民進=民主つまり「ミンス」という認識に変化はないでしょ。
その「ミンス」の看板が既に古臭くなってきてるから今さら新規顧客を見込めないんじゃない?
それならイシンだのレイワみたいに目新しあブランドイメージをアピールした方が新規顧客を見込めるんじゃない?

5 名前:普通じゃない日本人

2020/09/16 (Wed) 05:16:26


>>4
目新しいブランドイメージかー
よし、じゃあ「枝野太郎と選挙対策で合流した議員と仲間たち」にしよう!
実態にあってるぞ!(笑)

ってのは置いといて、立憲民主党の代案が「民主党」ってのには割と真面目に酷いと思う。
いや、別に民主党に拘っても本人の勝手だから別に良いけど、せめて「国民」の方に拘ってほしかった。
元居た政党への配慮かも知れんが、、国民民主党に居た事をなかった事にしたかったのかなと。
前からそういう「国民民主党」ブランドの軽視ってのを合流派はしてたもんだから……
ああいう姿勢は国民民主党に投票した支持者に失礼だと思う。

6 名前:普通じゃない日本人

2020/09/16 (Wed) 05:29:13

>>5
なんかおかしいと思ったら山本太郎と名前がごっちゃになってた。てへぺろ

7 名前:普通じゃない日本人

2020/09/16 (Wed) 05:34:21

正しいのは枝野幸男ね。

で、新立憲民主党の最大の弱点はポスト枝野が居ないし誰もなろうとしないし育てないとこ。
自民党に代わる新たな選択肢、って言ってるけど、
その選択肢とやらは「枝野と愉快な仲間達」であって「立憲民主党」ではない。
だからこそ今回の選挙では枝野太郎に対抗できる候補者が民民側以外から出てほしかったんだが、、、
自民党よろしく党内政治力学で決まりましたよね、っと。

8 名前:大百科初心者

2020/09/16 (Wed) 06:49:20

(普通じゃないさんに、こっそり耳打ち)
※7でも「枝野太郎」っていう名前が出てるぜよ。

わても「枝野太郎」って言っちゃいそうや…。

9 名前:普通じゃない日本人

2020/09/17 (Thu) 13:27:02

>>8
あっちゃー。

10 名前:フィニィ

2020/10/15 (Thu) 19:27:25

しかし国民民主と立憲の合流の方が社民とのそれよりはるかに容易く成立したというのは
面白い皮肉だなと
腐っても地方に基盤がある社民と地方はそんなでもない国民(これは立憲もそうだが)の性質の違いだろうか
玉木****みたいな勢力が社民内から出てくるシナリオは十分にありそうよね
一応新社会党という受け皿はあることだしw

11 名前:フィニィ

2020/10/22 (Thu) 20:36:20

な、なんてことだ予言通りになってしまった!
福島****(仮)はとりあえずれいわと連携するのかな?

社民、分裂へ 立憲合流で離党容認
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102201055&g=pol
社民党が、同党残留組と立憲民主党に合流する勢力に分裂する見通しとなった。22日の常任幹事会で、
立憲に合流するための離党を容認する議案を11月14日に東京都内で開く臨時党大会に諮ることを多数決で決めた。

12 名前:普通じゃない日本人

2020/10/23 (Fri) 01:29:30

地方政治を欠片も試みないれいわと首の皮が厚すぎる社民が連携って何それ面白、ゲフンゲフン、やっぱり面白そう。

13 名前:フィニィ

2020/10/26 (Mon) 21:11:28

安住さんやってしまいましたなあ
この発言のせいで立憲との合流に賛成だった層がかなり
反対に傾いたのでは

社民消えれば「わが党の時代」 立憲幹部軽口、福島氏は不快感
https://www.jiji.com/sp/article?k=2020102600988&g=pol

>>12
少数派同士案外ウマが合うのではないかと…
護憲とか反原発は社民に任せといて反緊縮・消費税廃止で
勝負だれいわ(爆

14 名前:フィニィ

2020/10/27 (Tue) 13:45:39

社民、解党合流断念を伝える 党内の反発で、立民幹事長に
https://this.kiji.is/693668391438845025

見事なまでのオウンゴールでもう顔中草だらけや

15 名前:普通じゃない日本人

2020/10/27 (Tue) 17:37:44

某金髪鶏「Mr.ASUMI.you are fired!」

てのは置いといて、仮に立憲が野党統一を果たしたとして、果たしてその政党に自民党以上の多様性があるのか否か・・・
フォロワーシップにご執心の様だけど、ポスト枝野を作る基盤(=政党内政党=派閥)も重要なんだが、、、

16 名前:普通じゃない日本人

2020/10/27 (Tue) 17:58:08

政党に消えて貰っちゃ困るんよ。
それじゃ新陳代謝にならん。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
    • タイトル:
    • 名前: E-mail(省略可):
    • 画像:
Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.